カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「トム・ジョーンズ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

イギリスの熱い男シンガー

連休も終わり、天気は初夏の様相、暖かいのを通り越し、

暑ささへ感じる一日でしたが、いかがお過ごしでしょう。

また新しい週になってますけどね、毎週、テーマを設けて、

それに沿うイメージの音楽でお送りするというシステムの

ブログ★ラヂオ、さて、今週のテーマは?、ということに

なりますが、5月と言えば、5日の日の子供の日、またの名を

端午の節句などとも申しますが、男の子の節句、みたいな

ところに因んで、まぁ、すでに過ぎてしまってるんですけど、

遅ればせながらも、男のサウンド、題して「メンズ・サウンド」

といったところで、今週は、熱く、濃く、言うなれば

「暑苦しい」感じで行ってみたいと思います。

昨今、ちまたでは、どちらかと言うと薄口の癒しといった

サウンドの方が、ウケが良いように思うんですけど、

そんな流れにも逆行した、「やっぱ男はこれだぜ!」みたいな

ちょっと「めんどくさそう」といった感じを漂わせつつも、

「アクセス数大丈夫かよ?」といったところも心配しつつ

やってみたいと思います(笑)

で、本日は、イギリスを代表する国民的歌手、

1960年代より現在も活躍し続ける、文字通り、まさに、

熱く暑苦しい、トム・ジョーンズの登場です。

曲は、1969年のヒット、多分日本でもヒットしていて、

私は、数あるヒット曲の中でも、トム・ジョーンズと言えば、

何故かこの曲のイメージということになるんですけど、

「ラヴ・ミー・トゥナイト(Love Me Tonight)」で

行ってみます。

ラテン調の軽快で情熱的な一曲になります。

バックに女性ダンサーを従わせて歌う映像を貼らせて

いただきましたが、まさに、こんな感じが世界一似合う歌手

ということになるかと思います^^

昼も、特に夜も元気そうで盛んって感じがいんじゃないでしょうか。

セクシー・ダイナマイトみたいな、羨ましす・・・^^

ということで、そんな願望も込めつつ^^;、

トム・ジョーンズで、「ラヴ・ミー・トゥナイト」です。

(トム・ジョーンズについて詳しくはコチラ

そして、熱く語られているサイトは、コチラをご覧下さい)


tom jones - love me tonight

nick | Myspace Video


Tom Jones - Love Me Tonight

Love Me Tonight - It's Not Unusual




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

「外は寒いよ」っていう口説き

寒波、大雪が連日のようにニュースになる昨今、

ホント、寒い日が続きますが、今週のブログ★ラヂオは、

なんのヒネリもなく冬にまるわる音楽ということで、

やらせて頂きました。

冬の散歩、冬のスポーツと繋いできた分けですが、

本日は、やはり、暖かい家の中が一番でしょう、

ということで、「ベイビー・イッツ・コールド・アウトサイド」

を行ってみます。

これは、ジャズのスタンダードで、1949年の映画

「水着の女王(Neptune's Daughter)」で使われ、

その年のアカデミー賞最優秀主題歌賞を受賞している

曲です(コチラに詳しいです。ご覧いただければ、

きっとためになる知識を広められることと思います^^)

まぁ、スタンダードとは言っても、オシャレなコミックソング

という様相が濃いですけどね。

女性を家に招き入れたのは、良いけれども、もう時間だから

帰らないといけないと言い出しはじめてしまい、

それを男性が必死に食い止めようとする内容です。

まぁ、多くの人が経験するシチュエーションということに

なろうかと思います^^

様々な人達の男女デュエットで歌われている曲ですけど、

今回は、イギリスのベテラン大御所で、国民的歌手の

トム・ジョーンズとロック・バンド、「カタトニア」の

元リードシンガー、ケリス・マシューズで歌われている

バージョンを選んでみました。

意外な組み合わせなんですけどね、実は、まさしく、

そんな奇抜性で売ろうとしたトム・ジョーンズのアルバムと

言っていんじゃないでしょうか、デュエット作品ばかりが

収録された、1999年発表の「リロード」に収録されています。

若手、中堅、ベテランと様々な人達とのデュエットが

なされている分けですが、まぁ、それだけ、この人が

多方面からリスペクトされているということにもなると

思います。イギリスをはじめヨーロッパではよく売れた

アルバムで、「セックスボム(Sexbomb)」なる、今や

トム・ジョーンズの代表曲の一つとなる大ヒット曲も

ここから生まれています。

私が思うに、ロッド・スチュアートが有名曲を歌った

カバー集なんかが結構売れたりしますが、そういった

ベテランシンガーがスタンダードを歌って復活する現象の

契機になったアルバムのようにも思います。

今回貼らせて頂いた映像は、こりゃ、地中の閻魔大王って

感じになるんでしょうか、トム・ジョーンズが扮してますけど、

そこに、捕らえられたケリス・マシューズが家に帰りたい

という設定なんでしょう。そして、マグマの燃えさかる地中の方が

暖かいよと引き留めようとするトムということになります。

で、ケリス・マシューズも実は・・・という原曲から、さらに

一捻りあるオチになってますけど、まぁ、ふざけた感じの

ミュージカル仕立てのPVになってます^^

楽しんで頂ければ幸いです(笑)

コチラに、原詞と訳詞がありますが、一読してから

ご覧いただけると、さらに楽しめることと思います)

ということで、トム・ジョーンズ&ケリス・マシューズで、

「ベイビー・イッツ・コールド・アウトサイド」です。



Tom Jones & Cerys Matthews - Baby Its Cold Outside

Baby It's Cold Outside - Greatest Hits Rediscovered (UK Version)




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。