カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ミーシャ・パリス 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

イルミネーション・サウンド2014

12月も半ばを向かえ、いよいよ年の瀬ムードも盛り上がって

くる頃合いになってますけどね~、大晦日となる前のこの時期、

年末の一大イベント、クリスマスってのがある分けでして、

これからしばらくの間ココ、ブログ★ラヂオは、クリスマスに

乗っかって、音楽を選んでお送りしていこうと思ってまして、

今週は、クリスマスと言えば、街にまたたくイルミネーション、

そんなイルミネーションの光景に合うキラキラなサウンドの

ピックアップで行ってみたいと思ってます。まぁ、毎年この時期

やってるんですけどね、題して「イルミネーション・サウンド2014」

って感じです。

本日、最初に登場するのは、ミーシャ・パリス(Mica Paris)。

4年前のこの時期「イルミネーション・サウンド2010」という

同様の企画で、コチラの記事に「My One Temptation」で登場

していて、何ていうか、このブログの進歩のなさを痛感します(笑)

が、前回も今回も良い曲ですのでね、お聴き願いたいと思います。

今回ピックアップするのは、「I Never Felt Like This Before

(アイ・ネヴァー・フェルト・ライク・ディス・ビフォー)」、

1993年、ミーシャ・パリス3作目となるアルバム

Whisper a Prayerウィスパー・ア・プレイヤー)」に収録

され、シングルカットされた一曲です。

ミーシャ・パリスは、イギリス出身のソウル・シンガー、

俗にUKソウルなどと言いますが、デビューは、1988年、

UKソウルの立役者といった存在です。

歌の上手さには定評のある人ですし、UKソウルのクールな

佇まいが、冬の凛とした夜の空気に映えるイルミネーションには

よくマッチしてると思います。でもって、バックのサウンドは

キラキラで、申し分のないイルミネーション・サウンドです。

(詳しくは、コチラのサイト様をご覧頂ければと思います)

現在も現役として活躍を続けているようで、2010年に撮影された

ものになりますが、この曲を歌っているライヴの映像もありました

ので、「続きを読む」以降に貼らせて頂いてます。ライヴ会場こそ

小規模(特設会場?)なんですが、登場の仕方から何から、

UKソウルのベテランとしての貫禄みたいなのもあり、

カッコ良くて、ちょっと感動的です。

ということで、こちらはCD収録のバージョンになりますが、

お聴き下さい、ミーシャ・パリスで、

「I Never Felt Like This Before」です。



Mica Paris - I Never Felt Like This Before






続きを読む
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

イルミネーション・サウンド2010

来週には、クリスマスってことで、街も電飾で彩られ、

ロマンチックな雰囲気、さらには、ここが勝負とばかりの

年末商戦ということになるのかと思われますが、

まぁ、去年も同じようなこと書いてますが、不景気ということで、

盛り上がりには、イマイチ欠けるってことなんでしょうけど、

いい加減不景気にも馴れてきて、これが普通とでもいいましょうか、

逆に落ち着いていて、いい感じに思える今日この頃と

いう気もします(笑)

と、まぁ、そんな感じで、今週のブログ★ラヂオは、これも、

去年も同じテーマでやってるんですけど、

イルミネーション・サウンドと題して、まったくの私の主観では

ありますが、電飾の街に合いそうな音楽をチョイスさせて

いただこうと思ってます。

きらびやかでありながら、ロマンチック、ムーディーな夜の街って

感じでしょうか、そんなこと言うと、「ロス・インディオス」の

ような、ムード歌謡かい?、という感じもしますが、

そうではなく、いつもどうり、洋楽からのチョイスとさせて

いただきたいと思います。

と、どうでもいいことは、さておいて、本日は、

ミーシャ・パリスの「マイ・ワン・テンプテーション」で

行ってみたいと思います。

UKソウルを代表するシンガーってことになります。

イギリス物らしいオシャレでクールな演奏、プラス、彼女の滑らか

でありの肉感的な歌声が良くマッチしていて、なかなか良い曲だと

思います。「テンプテーション」とは、誘惑とか衝動っていう

意味になりますが、誘惑されたしまった女心ってんですかね、

そんな感じで、大人の雰囲気漂うほろ苦さとでも言いましょうか、

ちょっと寂しい感じもする曲であり、今回チョイスさせてもらった

PVという事になっていて、彼女の1989年発表のデビュー・アルバム

ソー・グッド」に収録されている一曲って分けで、

まだ駆け出しの新人、PVには、お金かけてないな(笑)・・・

というか、歌で勝負っていうことの表れなんだろうと思います^^

ということで、ミーシャ・パリス、

「マイ・ワン・テンプテーション」です。



Mica Paris - My One Temptation




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。