カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ブライアン・マックナイト 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

押し迫ってきたこの時期に聴く一曲

12月も第二週に突入、そろそろ、年末進行って感じで、

今年中にやっておくべきことを逆算し、計画を立て、

終わらせるようにしていかないと、マズイ時期、

おそらくは、毎年の経験から、あれよあれよという間に、

大晦日を迎えてしまうということになるんですけどね^^

ということで、今週のブログ★ラヂオは、ここは、ひとまず、

心を落ち着かせ、慎重に頭を働かせてみるっていうんですかね、

そして、先週の「鍋」がどうのこうのという、分けの分からない

事も受けて、鍋食った後の食後という感じも含めつつ、

「まったりとしたソウルミュージック」で、心の平静を保ち、

年末に向けてのアクションを起こす前の準備をしつつも

テンションを高めていく、そんな感じの音楽を選んでみよう

と思ってます。

で、今回の一曲ということになりますが、

ブライアン・マックナイトの「バック・アット・ワン」。

これはもう、ソウル、R&Bの名曲ということになると思います。

1999年に発表された同名の大ヒットアルバム「バック・アット・ワン

に収められ、シングルとしては全米でNo.2のヒットになってます。

ブライアン・マックナイトという人は、1969年の生まれ、

兄のクロード・マックナイトが、テイク6のメンバーだったりする

音楽一家で育ち、作曲、編曲、ピアノを始め、数々の楽器演奏をこなし、

プロデューサー業も行ってしまうというマルチな才能を有した人で、

この「バック・アット・ワン」も彼の手によって書かれています。

歌いっぷりは、ひたすら余裕の気品漂うアダルティな

シルキーヴォイスってことで、やはり、スロー・バラードを

得意とするハートウォーミングなジェントルマンの佇まい

ということになると思います・・・って、適当にカタカナを並べて

みましたが、まぁ、そんな感じです(笑)

チョイスさせてもらった映像は、振りが、何だか、

桃太郎侍みたなんですけどね(爆)

・・・まぁ、いいでしょう、ブライアン・マックナイトで、

「バック・アット・ワン」です。

(歌詞は、訳詞はコチラ←クリックでどうぞ)



Brian McKnight - Back At One

Back at One - Back at One (Bonus Track Version)




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。