FC2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「トロッグス 」カテゴリ記事一覧


まさにメジャーな一曲

ちょっとアートを感じるサイケな時代のポップ・ロックな曲を

何曲かって感じで始めた今週、本日は、トロッグス

「恋はワイルド・シング」(原題はWild Thing)で行ってみます。

1960年代半ばから1976年にかけて、活躍したバンドで、

正確には、サイケデリックというよりも、イギリスのガレージバンド

またはモッズといった佇まいで、第1次ブリティッシュ・インヴェイジョン

時代のバンドです。

この「恋はワイルド・シング」のオリジナルは、アメリカの

ワイルド・ワンズ(日本の加瀬邦彦のバンド、「想い出の渚」

とは無関係です)で、実は、こちらの方が、よっぽどサイケな

演奏なんですけど、(聴いてみたい方はコチラでどうぞ)

一番のヒットになったのが、トロッグスによるカバーで、

1966年に発表されたものということになります。

作者は、アメリカのシンガー・ソングライターの

チップ・テイラーという人で、この人は、アンジェリーナ・ジョリーの

父親で俳優のジョン・ヴォイトの実弟ということのようです。

・・・とまぁ、因みにって感じの、そんなうんちくを混じえつつ進めて

いく分けですが・・・この曲自体は、ホントに有名で、やはり、

映画「メジャーリーグ」で多くの人に知られるようになったんだと思います。

確か、チャーリー・シーンがリリーフ・ピッチャーとして

登場するシーンで効果的に使われてていたように思いますが。

その後、実際のメジャーリーグや、その他スポーツで、

大いに流れる曲ということになってます。

映画で使われているのは、X(エックス)というバンドの演奏です。

どうやら日本のバンド、Xはこのバンドのせいで、

X-Japanと改名したようです。

(この映画のサントラはコチラでどうぞ)

と、まぁ、ワイルド・ワンズやら、Xやらで、日米のバンドが

入り乱れることになってしまった今回ですが、主役はトロッグス、

取り上げさせてもらった映像は、何やら駅のホームで演奏している

という、なかなか奇抜で面白いものなんですけど、

ヴォーカルの首の振り方が特徴的なのと、ちょっと下品な感じが

切なくもあり、印象的ということになりますかね^^

そして、間奏で聴ける、聴き馴染みのない音は、オカリナを

吹いてるそうです。これを契機に世界中でオカリナの売れ行きが

倍増したなんて話もあるようです。

ということで、トロッグス、「恋はワイルド・シング」です。

(この曲やトロッグスについて、さらにお知りになりたい方は、

今回大いに参考にさせてもらったコチラでどうぞ)



The Troggs - Wild Thing

このPVは一番カッコイイ前奏の部分が切れちゃってるんですけど、

ちゃんとしたスタジオ録音のものは、コチラ←クリックで聴けます。

Wild Thing - The Hit Single Anthology




スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv