カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「クラフトワーク 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

「懐かし新しい」感じが芸術チック

2カ月ごとになっているカレンダーをめくると

残り一枚となってしまっている事態に愕然として

おりますが、いかがお過ごしでせう。

今日はおそらく台風が運んできた南風の影響なのでしょう、

もわっとした暖かい一日でしたけどね、短い周期で訪れる

気温変動に、体調管理の難しさを感じ、着る物にも頭を

悩ませていることと思われます、くれぐれも、

健康には、お気を付け下さい。

って感じの今日この頃、また、今週もブログ★ラヂオは、

小粋な音楽(?)とともにお送りさせて頂くわけですが、

今週は、個性的なバンドの音楽ということで、チョイスして

いってみたいと思います。

ジャンルはロックから選ばさせて頂く分けですが、

とにかく、人とカブることが、あまり好ましいことではない

ロックというか、取りあえず、人とカブらずに、今までにない音楽

を演奏すれば、ロックと呼ばれる、みたいなところがあるのですが、

さらに、それが、多くの人に認知される個性として成立することに

より、芸術性を帯びてくる、要するに、人とカブってない個性的な

作品が、多くの人に認められるっていうのは、芸術と呼ばれるための

一つの定義として成立するのではないか、と思っていて、

何が言いたいかと言えば、「芸術の秋」に相応しい作品を、

今週は何曲か選ばせて頂きお送りしようと思っている、ということです。

で、本日は、クラフトワークの「ロボット(The Robots)」を行ってみます。

1970年の初頭から活躍していたドイツのバンドなんですけどね、

後の80年代テクノ・ブームには大きな影響を与えてます。

この「ロボット」は、1978年発表の「人間解体(The Man Machine )」

に収録されていて、もうこの頃は、テクノというジャンルも確立しつつ

ある感じになるんでしょうか、選ばせて頂いた映像に出演している

ロボットも、見事なテクノ・カットですしね(笑)、

演奏も今聴くとポップでこなれてる感じがします。

それでも、当時ラジオか何かでこの曲を聴いたときは、

かなりヘンテコリンな曲だと思ったし、だいたい、クラフトワークって、

奇異で、異端の個性的なバンドっていう印象を強く持ってました。

今こうして、何となく記憶には残ってるものの、

そのミュージック・ビデオをじっくり観れるというのも何だか

変な感じだし、でも、この「懐かし新しい」みたいな感じは、

結構芸術チックなような気がするんですけどね^^

ということで、おそらく「ウィ・アー・ザ・ロボット、テンテケテン♪」

のフレーズが耳について離れなくなることでしょう(笑)、

クラフトワークで「ロボット」です。


www.Tu.tv

KraftWerk - The Robots

The Robots - The Man Machine (Remastered)




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。