カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ステップス・アヘッド 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

涼秋感漂うヴァイブの調べ

秋のジャズということで、綴らせていただく今週、

本日は、ステップス・アヘッドの登場、

曲は、「アイランズ」でいってみます。

ヴァイブ(ヴィブラフォン)奏者のマイク・マイニエリ

サックスのマイケル・ブレッカーが中心になり結成された

グループで、今回取り上げさせて頂く映像のメンバーは、

他に、ドラムがピーター・アースキン、ベースがエディ・ゴメス

といった、ジャズ若しくは、フュージョン・シーンを代表する

腕利きメンバーで構成されたスーパー・バンドということになります。

紅一点のピアノは、このグループで、鳴り物入りのデビュー果たした

ブラジル人、イリアーヌ・イリアスです。

元々は、六本木ピットインで録られたライヴ盤、

Smokin in Pit」で、特に日本で人気を博していて、

その頃は、ステップスと名乗っていたのですが、その時のメンバーには、

スティーヴ・ガッド(ds)、ドン・グロルニック(p)が加わって

いました。その後、アメリカに帰り、メンバーチェンジを行い、

同名のグループが存在するということで、ステップス・アヘッドと

改名し、再スタート、メジャー進出第一弾として、1983年に発表された

グループ名を冠したアルバム「Steps Ahead」に

収められた一曲ということになります。

コペンハーゲンの美術館で行われたライヴのDVDの冒頭シーン

ということのようなんですけどね、何やら観光旅行風なところから、

スタートしてますけど、その後、演奏シーンもちゃんと映ってます。

ドラムのピーター・アースキンのスティックさばきが見事に見えたり、

やはり、この人は、スティーヴ・ガッドの双璧だと思うし、

「いるのか、いらないのか」よく分からない感じの名前の

イリアーヌ・イリアスの美貌ぶりもうかがえる分けですが、

因みにこの人は、マイケル・ブレッカーのお兄さんでトランペッターの

ランディ・ブレッカーと結婚し、離婚したという人で、

最近には来日もしたようでもあり、近況は、コチラ←クリックで見て下さい

って感じなんですけど・・・まぁ、とにかく、この季節の空気感に、

透明感漂うマイク・マイニエリのヴァイブのサウンドは、

とても心地良くマッチするのではないでしょうか。

ってことで、ここのところ、ブルージーな曲が続いてたということもありますが、

今回は、涼秋といった、清涼感溢れる軽快な一曲という感じで

いってみたいと思います、ステップス・アヘッドで、「アイランズ」です。



Steps Ahead - Islands

Islands




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。