カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「リトル・フィート 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

大寒なのでコールド×3

「フッフッフ、越後屋、そちも悪よのう( ̄ー+ ̄)」

・・・ってそれは「代官」、というか、季節は「大寒」、

コチラWikiを見てみると、1月20日~1月3日くらいまでが、

その時期となるようで、1年で最も寒いと言われる頃合いとなって

いて、まぁ、寒いギャグで始めたのもそんな意味が込められてる

分けですが(笑)、今週のブログ★ラヂオは、そんな「代官」

いや、「大寒」に因んで、冬真っ盛りといった音楽を選んで

お送りしていこうと思ってます。

本日ピックアップの一曲は、リトル・フィート(Little Feat)の

「コールド・コールド・コールド(Cold, Cold, Cold)」です。

まんま、「寒い、寒い、寒い」って曲になりますけどね、彼女に

取り残されてしまったホテルに一人でいる状況を、彼女の冷たさも

兼ねて「寒い、寒い、寒い」と歌っています。(コチラのサイト様に

訳詞が掲載されてます。原詞はコチラ

そんな歌の内容にピッタリなブルース・フィーリング溢れる曲に

なりますが、いや、カッコいい、さすがリトル・フィートといった

演奏で、このバンドが残した作品の中では、ヘヴィーな部類の曲に

なりますけど、このバンドならではのグルーヴに下支えされていて、

ドラムの音なんかもメチャカッコいい分けなんですけど、

オルタナティヴ、グランジ以降の現代のロックと言っても、まったく

遜色ない演奏だと思います。

1972年発表の名盤「セイリン・シューズSailin Shoes)」収録の

一曲です。

リトル・フィートは、アメリカのバンド。ブルース、カントリー、

ジャズなど、アメリカのルーツ・ミュージックをベースにしたロックを

演奏するバンドで、商業的にも成功してますし、ミュージシャンの間で

支持の高い、「ミュージシャンズミュージシャン」といった色合いも

あるバンドになります。(詳しくはコチラWikiを)

中心メンバーは、やはり、スライドギターとヴォーカルの

ローウェル・ジョージってことになりますけど、1979年に亡くなられた

後、一度バンドは解散してますが、その後残されたメンバーで再結成し

現在も存在する息の長いバンドとなってます。

ということで、大寒に聴くナンバー、リトル・フィートで、

「コールド・コールド・コールド」です。

(「続きを読む」以降には、この曲を演奏するライヴ映像を貼らせて

頂いてます)



Little Feat - Cold, Cold, Cold






続きを読む
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

白いオーバーオールはバーボンの香り

今年のセ・リーグの優勝は中日でしたか。

おめでとうございます。

・・・ってか、残念なんですけどね。今年こそ我がヤクルト・スワローズの

優勝と半ば決めつけておりましたが・・・

何で、あの直接対決、4連敗するかなぁ~、ん~、恐るべしは、

落合博満監督ってことになるんでしょうけど。

次、巨人の監督になっても(何だかそんなような気がするってことですが)

頑張ってください^^

ま、CS、そして日本シリーズはヤクルトの制覇で、めでたし

めでたしの結末が予想されるのでね、いいですけど(笑)

ってことで、本題、今週は「のどかな秋」「実りの秋」って感じの、

田舎風ソングを選んでみようということでやってます。

本日は、リトル・フィート(Little Feat)の「ディキシー・チキン

(Dixie Chicken)」をピックアップして参りましょう。

1973年発表の彼等の代表作、同名のアルバム「Dixie Chicken」に

収録された表題曲になります。

このリトル・フィートの魅力を私的に語るとすれば、バンドの生み出すリズムの

独特なノリ、粘りがありつつも跳ねるようなノリが、他で聴くことのできない

大きな特徴になってると思うんですよね。

結構ハマるって感じになってしまうたぐいのものです。

もちろん、今回貼らせてもらった映像でヴォーカルを取っている、

白オーバーオールがトレードマークのローウェル・ジョージのキャラと歌と

スライド・ギターってのも、大きな魅力であることも間違いないですけどね。

そして、ウネウネとした曲調も独特なもので面白いです。

残念ながらローウェル・ジョージは、1979年に早逝されてます。

あと、このバンドは、ミュージシャンに好まれるってことでも知られていて

「ミュージシャンズミュージシャン」なんて呼ばれることもある分けですが、

有名なところでは、サザンの桑田佳祐とか、強く影響を受けている

感じになります。(リトル・フィートについてさらに詳しくは

コチラをご覧下さい)

ってことで、リトル・フィートの田舎風ソング、ニューオーリンズな

様相ですけどね、バーボン飲みたいみたいな^^、そんな一曲で

「ディキシー・チキン」です。



Little Feat - Dixie Chicken

Dixie Chicken - The Best of Little Feat (Remastered)



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

「ファット・マン・イン・ザ・バスタブ」メタボ注意

さて、年末年始ということで、

やはり注意すべきは食べ過ぎです。

私は基本この時期食っちゃ寝なので、

当然のようにメタボに拍車がかかるわけです。

で、この曲「ファット・マン・イン・ザ・バスタブ」、演奏はリトル・フィート。

なんつったって「風呂の中のデブ」ですからね。

詞の内容はホントのところよく解らないのですが、

この曲名だけで笑えるし、想像するだけでヤバイと思います。

私はこの曲を聴くと、というか聴いた時だけメタボに気をつけようと思います。

実際リトル・フィートを率いるロウエル・ジョージ、

今日アップした映像でヴォーカルを務めスライド・ギターを弾いている人は、

ここではさほどでもないですが、

晩年はかなりのメタボ体型で、やはり早世されています。

年末年始、メタボ注意です。



Little Feat - Fat Man In The Bathtub

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。