カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「プレイヤー 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

夏の終わり、切ない一発屋の普遍性

TOO HOT!

もう、口にだすのも嫌になり、ココでは、文字にするのも

嫌になった「〇い!」って言葉を英語にして、始めてみただけなんですけど、

そんなTOO HOTな夏もおそらくは、今週中には、

峠を越え、秋を感じるような頃合いへと変わっていくものと思われます。

ってか、そうあって欲しいという願いを込めて、

今週は、夏の終わりを感じるような音楽ってことで、

また、一週間繋いでいこうと考えているところです。

夏の終わりの切ない感じ・・・例年ならば、そんな思いで胸が「キュン」

ってしてしまいそうなところ、今年の場合「ヤッター!」って

感じにしかならないような気もしますが・・・(笑)

ってことで、本日は、プレイヤー

「ベイビー・カム・バック」を行ってみます。

1978年の全米No.1ヒット、そして、ほぼこの曲のみのヒットで

散っていった、いわゆる一発屋ということになります。

まぁ、一発で消えていったというのも、切ない感じをより助長していたり

する分けですが^^、典型的な70年代後半、都会の黄昏的AOR

綺麗で甘いメロディー、ハイトーンのヴォーカル、

洗練されたアレンジ等といった点で、出色の出来、

おそらくは、今もなお非常に人気の高い一曲です。

日本のJ-POPと呼ばれるものも含め、このパターンのヒット曲は、

相当数にのぼるものと思われます。

歌詞も、「ベイビー、戻ってきてくれよ、オレが悪かった」的なもので、

こちらも、相当数ってことになりましょう^^(訳詞はコチラ

まぁ、そんなところで、普遍的なヒット曲、その代表みたいな

ことになるのかもしれません。

映像も最後一瞬のギタリストの「どや!」っていうカメラ目線が、

ドキッといか、「痛いっ!」って感じで、

さらに切ない気持にさせてくれることでしょう(笑)

ってことで、プレイヤー、「ベイビー・カム・バック」です。



Player - Baby Come Back

Baby




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。