カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「セロニアス・モンク 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

熱帯夜に沈む孤高の不協和音

さて、今週は猛暑に効く(聴く)ジャズということで、

始めてみましたが、本日は、セロニアス・モンク

「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」でいってみます。

いわゆる、スタンダード・ナンバーとして知られる一曲で、

数々の名演が残されている分けですが、その作者が、

セロニアス・モンク、そして、今回は、自身による演奏の

映像があったのでアップさせて頂くことにします。

なんていうか、一見、たしして上手くないピアニストに

見えてしまうんですけどね・・・たどたどしい指使いだったり、

隣りのキーを一緒に叩いてしまい、明らかな不協和音が頻繁に

聞こえてきたりと・・・でも、そこで、シラケてしまうのではなく、

独特の間やタメ、リズム感と相まって、逆に緊張感を生み、

引き寄せられて聴き入ってしまうという不思議な魅力が、

この人の大きな特徴になってます。

なので、あの不協和音は意図的にやっているという説もあります。

また、この曲の他にも多数の名曲を残し、演奏していることから、

ジャズ界の偉人、ジャズ・ジャイアントとしても讃えられています。

この孤高にして、崇高なアーティスティックな感じと、

闇夜の中へ溶け込んで行ってしまうようなメロディーが、

熱帯夜であることを忘れさせる効果をもたらしてくれることと

思うところです。

この人の有名な逸話として残されているのが、マイルス・デイヴィスとの

「喧嘩セッション」。モンクとのセッションで、この調子はずれの音が

どうにも気に入らず、そして、頑固にも自分のスタイルを変えようとしない

のに腹を立てたマイルスが、自分のソロの時は、ピアノを弾かせないという

禁止令を出すほどの事態になってしまったとか。

実際は、お互い合意の上での音楽的な判断だったようですけどね。

もちろん、マイルスはモンクの才能は認めていて、ジャズ、屈指の名演

として知られる「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」の演奏も

残してます。(こちらの演奏も最後の方にアップしておきます、そして、

セロニアス・モンクについて詳しくは、コチラをどうぞ)

ということで、セロニアス・モンク、1957年発表の

Thelonious Himself」に収録されています、

「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」です。



Thelonious Monk - Round About Midnight


名演中の名演、マイルスの「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」です。

まさしく深夜の闇の中へと沈んでいってしまう感じィ~♪



Miles Davis - Round About Midnight




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。