カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「リオン・ウェア 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

かなりヤバイって感じィ~ ♪

ジャズ・ファンクといったノリで、この「うだってしまう暑さ」を

クールに、そして爽やかに乗り切っていただこうという企てで、

音楽をピック・アップしているブログ★ラヂオ、本日は、

リオン・ウェアの「イフ・アイ・エヴァー・ルーズ・ディス・ヘヴン」です。

リオン・ウェアは、一般には、ソウル、R&Bといったジャンルに属する人で、

ジャズ・ファンクといった括りで取り上げるのは少々無理のある

アーティストではあるのですが、この「イフ・アイ~」は、

初演が、クインシー・ジョーンズの1974年発表のアルバム

ボディ・ヒート」に収められていることもあり、ジャズ・ファンクな曲として

ピックアップしても許されるのかなと・・・で、このクインシーのアルバム

にこの曲の作者として提供したのが、リオン・ウァアで、

ここでは、本人とアル・ジャロウ、そして、ミニー・リパートン

という豪華メンバーの共演で歌われています。

コチラ←クリックで聴いてみるのも良いでしょう)

そして、名曲ということもあり、ミニー・リパートンは、自己の持ち歌にも

していたようですし(コチラ←クリック)、私の好きなところでは、

アヴェレージ・ホワイト・バンド(コチラ)や、ワーク・シャイのカバーだったり

するんですけど、他にも様々なアーティストによって取り上げられていてます。

また、リオン・ウェアはマーヴィン・ゲイの「アイ・ウォント・ユー」の

作者として有名だし、マイケル・ジャクソンの

「アイ・ウォナ・ビー・ホエア・ユー・アー」とか、ソング・ライターとして、

はたまた、プロデューサーとして、そして、もちろん歌手として、

といった具合にマルチな才能を有している人です。

作風は、アンニュイさを漂わせ、洗練されたアーバンな大人の世界

とでも言いましょうか、「メロウ大王」(爆)なんて呼ばれてます。

ビデオは、女性シンガーがカーリーン・アンダーソンという

イギリスのアシッド・ジャズ界の人、そして、ラップをしているのが、

マイケル・フランティという人になります。

とにかく、若者達が言うところの、「かなりヤバイ感じ」に

「やられてしまう」映像のように私は思いました。

ということで、リオン・ウェア、

「イフ・アイ・エヴァー・ルーズ・ディス・ヘヴン」です。



Leon Ware - If I Ever Lose This Heaven

Body




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。