カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ロニー・ジョーダン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アシッド・ジャズの大人ギタリスト

今週は猛暑をクールに、さらにはダンサブルに、オシャレに

乗り切っていただこうということで、ジャズ・ファンクといった

ジャンルから何曲か選んでみようという試みですが、

本日は、昨日に引き続き、イギリスのアシッド・ジャズといった

ムーヴメントの中から出てきたギタリストで、ロニー・ジョーダン

いってみたいと思います。

ジャズギタリストのウェス・モンゴメリー、ジョージ・ベンソンと

いった流れを受け継ぐギタリストでありながら、ファンク、ヒップ・ホップと

いった小粋なノリでの演奏がオシャレな人です。

バックグラウンドは本格的なジャズなだけに、よく聴けば深みのある音楽

でもある分けですが、やはり、このジャンルは、なにしろ聴いてて気持ちがいい

というところに、第一義があるように思います。

もちろん、そこのところはハズすことなく、ダンサブルで、スムースな演奏を

映像を通しても楽しんでいただけることと思います。

曲は「カム・ウィズ・ミー」。

原曲はタニア・マリアによるもの。女性ピアニストにしてヴォーカリスト、

ラテン・ジャズのミュージシャン・・・ってことを今回調べていて初めて知ったのですが、

YouTubeで聴いてみると、この人の演奏も素晴らしかったです。

興味のある方は、コチラ←クリックで聴いてみて下さい。

どうやら、彼女の同名のアルバム「Come With Me」は名盤と称されている

もののようです。

でも、今回はロニー・ジョーダンのバージョンってことで、

こちらも、一部では傑作との呼び声も高い、1993年発表のアルバム

Quiet Revolution」から、「カム・ウィズ・ミー」です。



Ronny Jordan - Come With Me

Come




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。