カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「アール・クルー 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

海の日のスムースギターの調べ

毎週テーマを決めて音楽をお送りするというスタイルの

ココ、ブログ★ラヂオ、今週も始まり、また新たな気持ちで

といったところですが、今日は、祝日ってことで、いつもと

勝手が違う雰囲気での更新なんですけどね~、でも、まぁ、

今日は「海の日」、実にストレートに今週のテーマを決めて

しまっているのですが、何のヒネリもなく、

「海に因んだ曲」で、また一週間、音楽をチョイスして

いこうと思ってます。

本日は、アール・クルー(Earl Klugh)の

「ウインド・アンド・ザ・シー(Wind And The Sea)」を

ピックアップして参ります。

もちろん、タイトル通り、がっつりと夏の快適な海といった

様子を思い浮かべるには、もってこいな一曲です。

アール・クルーはアメリカ出身のギタリスト。主に、

ナイロン弦のガットギター(クラシックギター)を使用する

ギタリストなんですけどね、その爽やかな響き、口当たりの良い

まろやかで癒しの音色と、自己を主張し過ぎないスムースさで、

一時期(1970年代後半から80年代)は、ここ日本でも

結構人気のギタリストでした。

(詳しくはコチラのWikiをご覧ください)

この「ウインド・アンド・ザ・シー」は、1976年発表の

リーダー作としては、デビューとなるアルバム、

アール・クルーEarl Klugh)」に収録されています。

今回YouTubeから貼らせて頂いている映像はライヴ演奏

なんですけどね、アルバムに収録されているものとは、ちょっと

趣旨が違う形での曲の盛り上げ方が取られてますが、

デイヴ・グルーシンのプロデュースとアレンジ面でも

全面参加していると思われるアルバム収録の演奏は

コチラ←クリックで聴くことができます。なかなかに

デイヴ・グルーシンのアレンジが冴え渡っているといった印象で、

後半の盛り上がりは流石であり、さらには、海のイメージ映像も

ふんだんに織り込まれていて、コチラのYouTubeも乙です。

ただ、やはり、ライヴ演奏の臨場感の素晴らしさには、大いに

引き込まれてしまうという点で、今回貼らせてもらっている

ライヴ映像の方をメインに選ばせて頂きました。

ということで、アール・クルーのスムースで快適、

オシャレな海の一曲、お聴き下さい、

「ウインド・アンド・ザ・シー」です。



Earl Klugh - Wind And The Sea






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

BGMなんだけど名曲

梅雨のジメジメムシムシにクールでスムースなジャズを

ということで前回より始めてみましたが、本日は、アール・クルーで

「リヴィング・インサイド・ユア・ラヴ」です。

もう、夏が待ちきれないといった感じにもなるのかなぁ、

そして、今回ピック・アップのビデオでは、ジョージ・ベンソンとの

共演ということになってます。

元々アール・クルーはジョージ・ベンソンのバック・ミュージシャン

を努めていて、師弟関係ということにもなるのだと思います。

そして、独立後、ソロとして成功を収めてからも、仲良しさんということで、

ジョージ・ベンソンとのコラボ・アルバムも発表されてます。

残念ながらこの「リヴィング・インサイド・ユア・ラヴ」は、

そのコラボ・アルバムには収録されていないのですが、これがまた、

夏にはピッタリといった内容のアルバムで、本格的な夏になったら

また取り上げてみたいと思います。

ってことで、そんな予告も織り交ぜつつ、

今回の「リヴィング・インサイド・ユア・ラヴ」へと

話は移っていくわけですが、これは、もうテレビ、ラジオの「BGM」の

定番といった感じになってるんじゃないでしょうか。

天気予報だとか、道路交通情報のバックなんかで、毎日かからない日は

ないくらいといった印象で電波に乗りまくってるような気がします。

アール・クルーという人は、そんな耳に馴染みの良いリラックス、

そして、癒しって感じの曲をアコースティックギターを主体に独自の奏法で、

1976年のデビュー以来一貫して奏で続けている人で、フュージョンブームだった

一時期は非常に人気のあった人ですし、

今でも、ファンは相当数いるものと思われます。

もともと、アール・クルーの1976年発表のアルバム

Living Inside Your Love」に収録されたオリジナルでは、

女性ヴォーカルが乗る曲なのですが、ジョージ・ベンソンも自身のアルバムで

カバーしているということもあり、ここでは、得意の喉を唸らせ、

ギターもノリノリって感じになってます。

明らかに、ゲストとして招かれてるはずなのですが、

そこは、師弟関係ということなのだと思います、師である

ジョージ・ベンソンのステージと化してしまっているかのようです。

最初の方では、それでもその辺気にしてる様子なのですが、最後の方では、

完全に我が物顔になってるのが面白い・・・ってことで、

アール・クルーとのコラボ、「リヴィング・インサイド・ユア・ラヴ」です。



Earl Klugh & George Benson - Living Inside Your Love

女性ヴォーカルのアール・クルーのオリジナルは

コチラ←クリックでどうぞ。

Living




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。