カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ジョン・リー・フッカー 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

追悼 デニス・ホッパー

なんだか、去年もこの時期、思い出深い有名人の訃報が

相次いだように思うのですが、今年もいろいろなところで、

そのような知らせを目にします。

で、去る5月29日、米俳優デニス・ホッパーさんが前立腺がんの合併症により

お亡くなりになりました。享年74歳。

独特な演技、ちょっと普通ではない異常者的な役所が多かったように

思います。

代表作に、「イージー・ライダー」「地獄の黙示録」「スピード」等が

あります。私としては、その異様な感じからでしょう、結構記憶に残る

役者さんでした。

で、ブログ★ラヂオとしての本日の一曲ということになりますが、

デニス・ホッパーの監督作品に「ホット・スポット」という映画があります。

そこで音楽を担当しているのが、ブルース・マンとして高名な

ジョン・リー・フッカーと、言わずと知れたジャズ界の巨人

マイルス・デイヴィスという異色のコラボで、当時もの凄く興味を引かれ、

サントラ盤CDも購入したのですが、これが実にクール、

まさにカッコいいの一言につきるもので、今たまに聴き返してみても

まったく飽きることはありません。

そこから「Coming to Town」が本日の一曲です。

映画も実は観てますが、内容の方はすっかり忘れてしまいました^^

ただ、この音楽同様の淡々としたクールな肌触りで、全編を等して

不気味な緊張感、そして、エロスの漂うデニス・ホッパーならではの

サスペンス映画だったように思います。

「氷の微笑」からポップな部分を差し引いて、さらに芸術性を

高めたって感じでしょうか。(この映画に関しての解説、

称賛の言葉は、コチラ←クリックでいろいろ掲載されてます)

ということで、ジョン・リー・フッカーとマイルス・デイヴィスの

コラボ、1990年の作品、サントラ盤「The Hot Spot」から、

「Coming to Town」です。

デニス・ホッパー氏のご冥福を心よりお祈りいたします。



John Lee Hooker & Miles Davis - Coming to Town

John Lee Hooker - Hot Spot (Original Motion Picture Soundtrack) - Coming to Town


そして、デニス・ホッパーと言えば、やはり「イージー・ライダー」。

テーマ曲、ステッペン・ウルフ、「ワイルドで行こう」は、

以前ココでも取り上げてます。コチラ←クリックで。

もちろん、濃いサングラスに口ひげのライダーが、デニス・ホッパーです。



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。