カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「アニマルズ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

フィール・ザ・昭和フレーバー

1960年代、第一次ブリティッシュ・インヴェイションの波に

乗っかって出てきたバンドの「良さげな曲」ということでやってますが、

この時代、日本でいうと昭和30~40年代ということで、

まさに昭和真っ盛り、「ALWAYS 三丁目の夕日」といったところ

なんですけど、本日は昭和の香り満載のアニマルズ

いってみたいと思います。

こりゃ、ブリティッシュ・インヴェイションというよりも、

グループ・サウンズか(?)、という感じもしないでもないですが、

まぁ、世界的に人気を博したバンドです・・・本日お送りすることになる

「朝日のあたる家」、1964年の大ヒットで。

(曲の概要はコチラ、訳詞はコチラ←クリックでチェックできます)

ヴォーカルのエリック・バードンの野性味溢れる歌いっぷりから、

アニマルズというのかどうかわかりませんが、この人のR&Bを

基調とした歌唱が好きだという人は多かったんじゃないでしょうか。

で、今回もそのPVをアップするわけですが、どうもこれは

「やらされてる」感が全編に漂ってるような気がします。

ギターとベースを引き連れ、エリック・バードンが徘徊する様子には、

いろいろと込み上げてくるもの(主に笑い)があるかもしれません。

最後の方でギターがニタついてるのが、私には、なんとも皮肉な笑みに

見えました。そして、深々としたお辞儀で、礼儀正しいフィナーレを

迎えるという事になってます。

まぁ、こんなPVも功を奏してということか、世界的ヒットに

つながったのやもしれません。

そして、アニマルズと言えば、サンタ・エスメラルダや

尾藤イサオのカバーで知られる「悲しき願い」の出自としても知られて

いるということで、そのバージョンをどうしても聴いてみたいという衝動に

皆様も駆られる(?)ことと思うので下URLにリンクしておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=mfwN0X8YnWo

ということで、アニマルズ、「朝日のあたる家」です。



The Animals - House of the Rising Sun

↓「朝日のあたる家」
The Animals - Most of the Animals - The House of the Rising Sun

↓「悲しき願い」
The Animals - Most of the Animals - Don't Let Me Be Misunderstood

↓「悲しき願い」by Santa Esmeralda
Santa Esmeralda - FM '70-'80 - Don't Let Me Be Misunderstood




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。