カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ジェームス・イングラム 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

いや、もうビールでタップンだよ?

白人と黒人のボーカル・コラボ作品ということで繋いでいる

ブログ★ラヂオ、本日は、80年代にはこんなヒット曲もあったなぁ

ということで、ジェームス・イングラムマイケル・マクドナルド

デュエット、「ヤ・モ・ビー・ゼア」(邦題「歓喜の調べ」)

でいってみます。

ジェームス・イングラムはココでは最近登場してるのですけど、

そこでは、彼の育ての親であるクインシー・ジョーンズは凄いって

ことに終始してしまっている分けですが(コチラでも見て下さい)、

80年代には人気のあったメチャ歌の上手い、セクシー系実力派シンガー、

そして、マイケル・マクドナルドは、ドゥビー・ブラザーズでの活躍を始め

やはり、ココではすっかりお馴染み、ブルー・アイド・ソウルな歌い手

として、私的にはトップに位置づけたい人です。

そんなウマウマの二人のデュエット「ヤ・モ・ビー・ゼア」は、

1983年発表のジェームス・イングラムのアルバム

It's Your Night」に収録されてます。

「歓喜の調べ」が、とても「Yah Mo Be There」を言い表しているとは

思えなかったので、意味だけでも「調べ」てみました。

「Yah Mo B There」とは「God Will Be There」(神はそこにある?)

のことらしく、あまり意味を限定しせずに、リスナーの解釈に

まかせた表現ということのようです。

「Yah」は「Yahweh」のことで、神を意味します。

レゲーでいうところの「Jah(ジャー)」みたいな感じに

なるんじゃないでしょうか。

とにかく「Yah Mo B There Up And Over♪」のサビが耳につきます。

(詳しくはコチラ←クリックでどうぞ)

マイケル・マクドナルド(とRod Tempertonの共作)の作品を、

クインシー・ジョーンズがアレンジしたものということになりますが、

このビデオでは、何故かリー・リトナーがギターを弾いてます。

ってか、リトナーのコンサートにゲスト出演したということか?

ま、いいや・・・ってことで(笑)

80年代、懐かしのオシャレ・ブラコン・サウンド、

ジェームス・イングラム&マイケル・マクドナルドで、

「ヤ・モ・ビー・ゼア」です。



James Ingram & Michael McDonald - Yah Mo Be There

80年代は、MTVの時代ということでもり、PV(プロモーションビデオ)

もちゃんとあって、コチラ←クリックで見れます。

James Ingram - Stand (In the Light) - Yah Mo Be There




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

米ショウビズ界リアル大物(の秘蔵っ子)

今週の前半はゴールデン・ウィーク、ココ、ブログ★ラヂオでも、

時節に乗っかってお送りし、前回の「コドモアーズ」(・・・まだ引っ張って

ますけど・・・)で、一応フィナーレを迎えたということになってますが、

人間、そう簡単に気持を切り替えられるというものでもなく、

今週いっぱいくらいは、その余韻に浸っても良いのでは、ということで、

前回に引き続き本日も癒しの曲でいってみたいと思います。

ジェームス・イングラムの「ワン・ハンドレッド・ウェイズ」です。

まぁ、ジェームス・イングラムというよりはクインシー・ジョーンズ名義、

1981年発表のアルバム「The Dude愛のコリーダ)」に収録されていて、

クインシー作品の一つという方が正確なのかもしれません。



ただ、今では、ジェームス・イングラムの代表的持ち歌にして、

超名曲ということになろうかと思います。

ジェームス・イングラムとクインシー・ジョーンズは、切っても切れない

関係にあって、ジェームスは、プロデューサーとしても超大物である

クインシーの秘蔵っ子などとも言われてました。

クインシーのプロデュース作品として、あまりにも知られているところでは、

マイケル・ジャクソンの「スリラー」がある分けですが、私に言わせてもらえれば、

マイケルのあの80年代の大成功は、クインシーなくしては、なかった分けで、

私の中では、マイケルよりもクインシーの方が格上的存在になっています。

なので、マイケルの死後、彼ばかりを神格化したような取り上げられ方には、

どうにもいけ好かないところがあります・・・

そして、マイケルと昨日のライオネル・リッチーとで組んで作られたのが、

「ウイ・アー・ザ・ワールド」、あそこで指揮をしているのが、

クインシー・ジョーンズということになります。

とまぁ、クインシーの目立った活躍はそんなところになるかと思いますが、

実は、1950年代の昔から活躍している人で、米音楽界の重鎮、

黒幕といか、それは、それは、大層なお人ということになります。

まぁ、大物であるということと、音楽が良いか悪いかというのは、

当然のように全くの別物なんですけど、この曲を聴いて頂ければ、

やはり音楽も良いということになろうかと思います。ということで、

クインシー・ジョーンズ作品、ジェームス・イングラムのボーカルで

「ワン・ハンドレッド・ウェイズ」です。

(なんだか、クインシーは凄いって書いてたら長くなり過ぎてしまって、

この曲に関しての説明が書けなくなってしまいましたが、大丈夫、

コチラ←クリックでご覧ください。ロマンチックな歌詞の解説や、

作成秘話と合わせた感動的な事柄が書かれていて「必見」です)



James Ingram - One Hundred Ways

Quincy Jones - The Dude - One Hundred Ways (Find 100 Ways)


で、今回は動画じゃなかったし、週末ということもあり、ゆっくりご覧下さい

ということで、本日はもう一曲、同じくジェームス・イングラムのボーカル、

やはり同アルバム「The Dude」に収録されていて、こちらも名曲

「ジャスト・ワンス」です(この二曲が入っているだけでも、

このアルバムは名盤と分かりますが、さらには邦題にもなっている、

「愛のコリーダ」も収録されています)

もちろん指揮をしているのが、クインシー・ジョーンズです。



James Ingram - Just Once

Quincy Jones - The Dude - Just Once



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。