カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「グラディス・ナイト 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

リズム・カントリー&ブルース

ということで、今週もまた始まりました。

先週は、ポールとスティーヴィーとかクラプトンとティナ・ターナーといった

白人と黒人のコラボみたいなので、つないできたブログ★ラヂオということに

なっている分けですが、他にもその手のものをいくつか、YouTubeで発見することが

できたので、今週も引き続きそんなノリでいってみたいと思ってます。

で、本日は、グラディス・ナイトヴィンス・ギルのデュエットで、

「エイント・ナッシング・ライク・ザ・リアル・シング」です。

オリジナルは、マーヴィン・ゲイとタミー・テレルの名唱で知られる曲です。

グラディス・ナイトは、ココでは以前にも「夜汽車よジョージアへ」で取り上げた

ソウル、R&B界のレジェンド的なシンガーということになり、

ヴィンス・ギルは、私はよく存じ上げないのですが、カントリー界では、

有名な歌手ということになるようです。

で、何故にある意味こんなヘンテコな取り合わせのデュエットが、

今回の登場となるのかと言えば、1994年に発売され、

著名プロデュサー、ドン・ウォズの仕掛けたコンピレーション・アルバムに

リズム・カントリー&ブルース」というのがあり、そこからの

一曲ということになります。

まぁ、最近聴き返してみて、やっぱいいわって思ったってことなんですけどね。

このアルバムは豪華R&Bシンガーと豪華カントリー・シンガーが、

一曲ずつ共演を果たすという趣向で作られたもので、カントリー陣については、

私の知識不足もあり、良くは知らない人達ばかりなのですが、

R&B側には、このグラディス・ナイトを始め、アル・グリーン、サム・ムーア、

BBキング、リトル・リチャード等といったココでもお馴染みの

レジェンドと呼びたいようなシンガー達が名を連ねます。

ビデオはこのアルバムを作成時のメイキング的なものということに

なるかと思います。YouTubeには、ほぼ全曲のメイキング映像が

あるのかも知れません。折りを見て紹介していければと思います。

とにかく、ビデオを見ていただければお分かりになると思いますが、

素晴らしい歌唱に、素晴らしい演奏ということになってます。

この曲は、アルバムの冒頭を飾る一曲目になりますが、全曲、最後まで

このテンションで貫かれたぶっ飛びのアルバムということになります。

ということで、グラディス・ナイト&ヴィンス・ギル、

演奏の素晴らしさも考慮すれば、オリジナルのマーヴィンとタミーをも

凌駕する勢いがあるんじゃないでしょうか、

「エイント・ナッシング・ライク・ザ・リアル・シング」です。



Gladys Knight & Vince Gill - Ain't Nothing Like The Real Theing




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

夢破れても新生活

明日には4月、新しい生活のスタートを切るシーズン、

そんな気分を盛り上げる曲を何曲かってことでやってますが、

まぁ、一般的には夢や希望に向かって旅立つようなイメージでしょうけど、

本日は、ちょいと視点を変えて、逆に、夢破れて故郷に帰るみたいなのも

ありでしょう、みたいな・・・それは、それは、奥ゆかしい感じで、

グラディス・ナイト&ザ・ピップスの「夜汽車よジョージアへ」で

いってみたいと思います。

LA(ロサンジェルス)でスターを夢見た男が、ジョージアへ帰るって内容です。

といっても、そんな悲壮感漂うってわけでもなく、それは、彼女と一緒に帰郷

するという設定になっていて、この歌はその彼女によって歌われているからで、

結局は、ジョージアで新しい生活を始めるという、希望さえも感じさせる

ことになってます。(訳詞はコチラ←クリックでどうぞ)

まぁ、ピンチをチャンスに変えるってんですか・・・人生、いつでもそう考えて

いたいもんです。

と、なにやら教訓めいた今回になってますが、グラディス・ナイトは、

1960年代から70年にかけて、数々のヒットを生み、パワフル、それでいて

いくぶんハスキーな歌声が心に響く、ソウル・レジェンドと呼んでもさしつかえ

のない大御所になろうかと思います。

ちなみに、愉快な仲間達といった様相のピップスは彼女の兄弟といとこです。

ということで、グラディス・ナイト&ザ・ピップス、1973年の

全米ナンバー1ヒットで、「夜汽車よジョージアへ」です。



Gladys Knight & The Pips - Midnight Train to Georgia






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。