カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ユーリズミックス 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

春のユーロ・エレクトロニック

春の訪れを祝う女性ヴォーカルということで、

カーデガンズ(スウェーデン)、ネーナ(ドイツ)と

なんだかヨーロピアンなところを連ねていますが、

ならばということで、本日は、この人達のサウンドこそ、まさに

ユーロ・エレクトロニック・ポップということで、

ユーリズミックスの登場です。

ヴォーカルのアニー・レノックスとデイヴ・スチュワートの

イギリスのユニットです。

取り上げる一曲は、「ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル」。

ってことで、この曲に関してはさほどユーロ・エレクトロニックなサウンド

という訳でもなく、ゴスペルチックなアレンジが聴きどころに

なると思います。

アニー・レノックスの歌も黒人風のコブシ回しが

大分意識されたものになってます。

ただ、PVはいかにも中世、キリスト教というヨーロッパな雰囲気で、

私は、こういうのはちょっと恐かったりします(笑)

まぁ、聴けば分かる、誰しもが一度は耳にしたことがある

超有名曲ということになりましょう。

それにしても、一聴してそれと分かるスティーヴィー・ワンダーのハーモニカは、

やっぱグレイト。

ということで、ユーリズミックス、1985年のヒットで、

「ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル」です。



映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

Eurythmics - There Must Be An Angel(Playing With My Heart)






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。