カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「バックマン・ターナー・オーヴァードライヴ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

カナディアン・バンド

前回に引き続き今回も、このところ各メディアを

賑わしているバンクーバー・オリンピックにちなんで

ということで、カナダのバンドで一つ懐かしいのが

思い浮かんだのでいってみたいと思います。

その名は、バックマン・ターナー・オヴァー・ドライヴ(B.T.O.)、

「カナダの木こり軍団」なんていう触れ込みで売られてました(爆)

本当にもと「木こり」だったのかさだかではありませんが、

これもカナダのバンド、「アメリカン・ウォーマン」のヒットを持つ

元ゲス・フー出身の、ランディ・バックマン(G.Vo)を中心に、

もう一人のギターとドラムスがバックマン兄弟で、ベースの

C.F.ターナーからなるバンドです。

本来は「木こり」らしい、男っぽい骨太なハードロックを得意とする

バンドということになりますが、本日アップの、邦題が

「恋のめまい」のようなポップ路線のロックで幾多のヒットを残しています。

まぁ、この辺で本格派のハードロックバンドとは言い難い

中途半端なイメージを持たれてしまうバンドということにもなります。

特に、この「恋のめまい」は、1974年、全米No.1ヒットになってます。

ギターのシャカシャカカッティング、キャッチーで楽しいウキウキなメロディー、

そして、なんといっても画期的な「どもりヴォーカル」が印象的、

山下清も真っ青、ってことで、

バックマン・ターナー・オヴァードライヴで、「恋のめまい」です。



映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

Bachman Turner Overdrive - You Ain't Seen Nothin' Yet

Bachman-Turner Overdrive - Not Fragile - You Ain't Seen Nothing Yet




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。