カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ボブ・ディラン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

秋風に舞う答え

さて、今週は秋の日に相応しい、爽やか、清々しいといった

アコースティック・サウンドということで、やらせて頂きました。

本日は、ボブ・ディラン(Bob Dylan)の「風に吹かれて

(Blowin' in the Wind)」をピックアップして行ってみます。

まぁ、あまりにも有名な一曲ですけどね、ココにアップして

おきたいと思うYouTube映像を見つけたので、貼らせて頂き

アコースティックな超名曲、じっくりおお聴き願えればと

思います。

「風に吹かれて」は1963年の作品、ボブ・ディランの2ndアルバム、

フリーホイーリン・ボブ・ディラン

Freewheelin Bob Dylan)」に収録されたものが、

初演となりますが、ピーター・ポール&マリーがカバーしたことで、

世界的なヒットとなり、ボブ・ディランの名も一躍有名にした

一曲です。(「風に吹かれて」については、コチラWikiが詳しいです。

ピーター・ポール&マリーのバージョンはコチラで聴けます。

これも素晴らしいので是非)

「答えは、風に吹かれ、風の中を舞っている」という内容の歌、

プロテスト・ソングってことになりますが、抽象的でもあり、

いろいろな解釈ができる歌でもあるんですけど、私なりの

解釈をさせてもらうならば、例えば、答えを出すには、

かなり難しく微妙な問題というのが世の中にはある分けですけど、

性急に答えを出し、結果、取り返しのつかないことになってしまう

というよりは、「答えは風の中」とはぐらかせておいて、

先送りでも棚上げにでもしておくのが最善の場合も

あるんじゃないかと。

いつか答えは舞い降りてくるぐらいの太っ腹な腹づもりでいる

方が、人の世にとっては良いこともあるように思います。

(訳詞、原詩はコチラのサイト様で掲載されてます)

ボブ・ディランについては、私がとやかく言うのは、

おこがましい、大御所、伝説、神様みたいなことになりますが、

まぁ、詳しくは、コチラWikiをご覧頂ければと思います。

にしても、この映像のディランは若い。この「風に吹かれて」を

発表した当時の映像になりますけどね。ビートルズも

ストーンズも、この人から影響を受けてる分けですし、

その後の破格の存在感ってのがあるからかもしれないですが、

ギター一本で歌ってる姿でも、やっぱカッコいい、

カリスマオーラを放っているように思えます。

ということで、ボブ・ディランで、「風に吹かれて」です。



Bob Dylan - Blowing In The Wind

← ボブ・ディラン

← ピーター・ポール&マリー



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ころがる石のような2週間でした

あの大天災(天罰ではない)から2週間が過ぎたことになります。

多くの悲しみ、不安、恐怖、驚き、そして、慈しみや称賛といった

いろいろな感情がない混ぜになった日々があっという間に過ぎ去った

という感じでしょうか。

まるで、石がゴロゴロと坂道を転げ落ちるかのような時間を、

日本中で送っている、そんな感覚になりますけど、

どうか平穏な場所にたどり着き、平時の時の流れを

取り戻して欲しい、今はそう願うばかりです。

ということで、本日の一曲はボブ・ディランで、

「ライク・ア・ローリング・ストーン」です。

今回ココに貼らせて頂く映像は、以前からネット上にあることは

知っていて、この熱のこもった熱い演奏は一体なんなんだと

思ってた分けですけど、でも、そんなにボブ・ディランを突っ込んで

聴いてきた分けでもない私が、ココで取り上げるのは、気が引けたり、

おこがましい感じがしてしまい、控えていたのですけど、

今回ばかりは、この熱い演奏から、この事態を生き抜いていける力を

授けてもらえるように感じ、アップしてみることにしてみました。

とにかく、もの凄いエネルギーを発しているのが伝わってきます。

で、前述のようにボブ・ディランについて大して詳しくもない私、

ということで、この映像の出所を探ってみた分けですが、これは、

2005年公開のディランのドキュメンタリー映画、

ノー・ディレクション・ホーム」からのもので、

1966年、イギリスのニュー・キャッスル・シティ・ホールでの

模様ということのようです。

その頃というのは、アコースティックなフォーク・シンガーであった

ディランが、エレクトリック楽器も取り入れロックに歩み寄りを

みせていた時代ということで、それまでのファンからは「裏切り者」

呼ばわり、激しいブーイングを浴びせられていた時でもあります。

この映像でも最後の方で、そのブーイングを聞くことができるし、

熱くなったファンから逃げるように車に乗り込む姿とか、

とにかく生々しいし、闘ってたんだなぁという様子がうかがい知れます。

まぁ、過去には、アコースティック・ギターをエレキに持ち替えた

だけで、大騒ぎしてしまう、そんな時代もあったということです。

で、まぁ、この「ライク・ア・ローリング・ストーン」の詳しい謂われや

ボブ・ディランという偉大なシンガーについて、書き出すと

とんでもなく長い記事になってしまいそう・・・^^;、ということで、

例によって、ディランについて詳しくはコチラを、そして、

この曲については、コチラを、さらには、訳詞はコチラにあります

・・・ってことで^^、それでは、1965年発表の「追憶のハイウェイ61」に収録され、

ボブ・ディラン、最大のヒット・シングルにして代表曲、

「ライク・ア・ローリング・ストーン」です。


Videos tu.tv

Bob Dylan - Like a Rolling Stone




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

メリー・クリスマス!ボブ!

ブログ★ラヂオのクリスマス・ソング特集ということで、

今週はお送りしてますが、本日はクリスマス・イヴ、いよいよ佳境と

いうことになります。

登場するのは、ボブ・ディランです。

「えっ、クリスマスにボブ・ディラン!?」って感じの人と、

「まあ、それもあるよね」って思う人に分かれると思いますが、

ディランの今年発売された最新盤は、クリスマス・アルバムです。

クリスマス・イン・ザ・ハート」と言いますが、そこから、

「マスト・ビー・サンタ」が本日の一曲です。

ココで、新譜を取り上げるなんてことは、めったにないことですが、

夜な夜な様々なブログをおじゃまさせてもらってはいるものの、

どこも取り上げている様子はないので、じゃあ、ってことで、

今回のご紹介とさせていただきます。

イヴにディラン、なんてブログ★ラヂオらしいんだ、

と悦に入っちゃいますけどね^^

ボブ・ディランに関しては紹介は無用でしょう、ってか長い長い

活動歴、何をどうやって紹介したらいいのか分からないってのが

本当のところですか(笑)、フォーク、ロック、ポピュラー音楽、

全てにおいて、計り知れない影響を与えた、アメリカ、

シンガー・ソングライターの偉人とでも言っておきましょう。

彼の残した曲はジャンルを問わず、多くの人にカバーされ歌い継がれています。

そして、何よりも驚くべきは、ここへきて、近年出すアルバムは皆

チャートで1位になってしまうという、今が旬、何度目かの黄金期を迎えている

現役バリバリの68才といことになります。

そんなディランの最新アルバムからということですが、

このアルバムは、ディラン初のクリスマス・アルバム、慈善団体の

チャリティー用に作られたものです。

アップのPVは10年振りに撮ったということになるようで、

(おそらくは「シングズ・ハヴ・チェンジド」以来

http://www.youtube.com/watch?v=TgDeEKDHrEw

ウィッグとのことのようですが、ワンレンの相変わらず元気そうな

オジサンがディランということになります。

ということで、メリー・クリスマス!、ボブ・ディランで、

「マスト・ビー・サンタ」です。

Bob Dylan - Must Be Santa




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。