カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ジョー・ジャクソン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

雑誌も音楽もオシャレなJJ

電飾で彩られた街に合いそうな音楽、

題して、イルミネーション・サウンドということで、

やらせて頂いた今週のブログ★ラヂオ、

来週はいよいよクリスマス・ウィークとなる分けですが、

本日は、ジョー・ジャクソンの登場、曲は、

日本盤のタイトルが、「ホワット・ユー・ウォント」

原題が「You Can't Get What You Want

(Till You Know What You Want)」ということで、

一応今年のイルミネーション・サウンドは、

締めという事にさせていただきたいと思います。

ジョー・ジャクソンという人は、元々パンクというか、

ニュー・ウェイヴといった1970年代後半のイギリス

におけるムーヴメントの中から出てきた人で、

その頃の作品にも素晴らしいものがあり、追々紹介

していけたらと思いますが、1982年に、渡米後

ニューヨークに移住して制作されたアルバム

ナイト・アンド・デイ」で、見事に都会的な音へと

転身を遂げ、成功もおさめてます。

(そこに収められた「夜の街へ(Steppin' Out)」も、

イルミネーション・サウンドとしては傑作と思われ、

それは、昨年アップしてます。コチラでどうぞ)

まぁ、「転身を遂げ」なんて書いてますが、この人は

元々クラシックの高等教育を受けている人で、

バリバリのロックをやってた時代から、どんな音楽でも

できてしまう素養はあったということになります。

で、本日の「ホワット・ユー・ウォント」なんですけど、

これは、1984年発表の「ボディ・アンド・ソウル」に

収録されていて、今回取り上げさせて頂いたライヴ映像でも

お分かりになると思いますが、ホーンの演奏の感じが

ホーンとにきらびやかで、素晴らしく、

まさにイルミネーション・サウンド、

オシャレな大都会、ニューヨークの夜の街、

という感じがする分けでございます。

バンドを構成する他のメンバーも、とっても上手だと思います。

そして、ジャズの影響も多分に感じられるアルバム

「ボディ・アンド・ソウル」、ジャケットが



こんな感じになりますが、こりゃ、ジャズ、

サックス・プレイヤーの巨人、ソニー・ロリンズの

丸パクリということになってます。

因みにストーンズの曲に「You Can't Always Get What You Want

(無情の世界)」っていうのがありますが、

それとは全く関係がないみたいです、といった情報も混じえつつ、

それでは、ジョー・ジャクソンで、

「ホワット・ユー・ウォント」です。



Joe Jackson - You Can't Get What You Want
(Till You Know What You Want)

You Can't Get What You Want (Till You Know What You Want) - Body and Soul




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ニューヨークのむき卵

今週は年末、クリスマスを控え街を飾る電飾の風景に

似合うようなサウンドということで、音楽を選ばせて

もらってますが、となれば、もちろん「夜の街」ということに

なる分けで、じゃあ「飲屋街」ってこと・・・みたいなのも

嫌いじゃないですけど、ここはやっぱクリスマス、そして、

ココは洋楽専門サイトということで、飲屋街的演歌じゃマズいでしょ

ということもあり、いきなり、ニューヨークの夜の街みたいな

ところへ飛んでしまうのですが、本日は、ジョー・ジャクソン

「夜の街へ(ステッピン・アウト)」でいってみたいと思います。

アルバム「ナイト・アンド・デイ」に収められた1982年のヒットです。

たしか、A面とB面でニューヨークの昼と夜を表現した

アルバムと記憶してるんですけど、なんせカセットに録音

して聴いてたもので・・・今では良いアルバムだったなあとしか印象に

ないのですが、もちろんこの「夜の街へ」はしっかりと憶えてました。

なんだか、ツルっとしたむき卵、というかタコっぽいジョー・ジャクソンですけどね、

ロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・ミュージックって大学で、

しっかりと音楽を学んだ、ロック・ミュージシャンというよりは、

格調の高い人のようです。この曲のヒットの後は、ジャズ、クラシックを始め、

オーケストラと共演してみたり、ありとあらゆるジャンルの音楽に手を染め

学究的に音楽を追究している人みたいです。

まあ、そんなアカデミックな臭いのする音楽には引き気味になる私ですが、

ちょい、おしゃれでクールな感じのするこの曲は良いと思います。

夜の街へというか、夜の中へ出かけようという内容のようですが、

(訳詞はコチラ←クリックでどうぞ)

PVの感じでは、日常を離れた一時の幻想を楽しんでみては、

といったところのようで、そんな感じもイルミネーションの

光景には、宜しかろうということで、ジョー・ジャクソン、

「夜の街へ」です。



Joe Jackson - Steppin' Out

Joe Jackson - Night and Day - Steppin' Out




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。