カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「チャック・ベリー 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ロックを生んだギター・リフ

さて、週末の土曜日を迎え、いつものように、

ブログ★ラヂオの特集も最終日ということになりますが、

今週はロックンロールな一週間ということでやらせていただきました。

最終日、締めの登場となるのは、ミエミエの展開、期待に違わない

これぞ王道って感じで、チャック・ベリーです^^

ロックのバンドには、ほとんどの場合ギタリストの存在というのが

あると思いますが、まずこのチャック・ベリーがやり始めた

フレーズを弾かない人はいないはずです。

その特徴的なギター・リフはまさにロックの原点とも呼べるべきもので、

このギター・リフに印税の権利があるのだとしたら、巨万の富を

手にしていただろうというのは、よく言われるところです。

ビジュアル的にも、聴衆を楽しませるためのアクションに事欠く

ことがなく、足腰のバネを存分に使った「ダックウォーク」は有名です。

この辺の動き回るエネルギッシュなステージングというのも

多くのロックミュージシャンの参考になっていることでしょう。

そして、皆に通じる口語的な語り口の歌といい多くの若者に

この人の真似をしてみたいと思わせたところに成功の要因が

あったように思います。とにかく、カッコイイってことです。

カッコイイからには、不良っぽいところもあったりして、

警察のご厄介にも何度か合われているようですが、そんな破天荒な人生、

ロックンロールの代名詞的な存在、チャック・ベーリー、

ということで、1958年のヒット、代表曲にして永遠の名曲、

ジョニー・B.グッド」です。

因みにこの人、80歳を超えた現在も現役でステージ活動を続けています^^



Johnny B. Goode - Chuck Berry

Chuck Berry - Chuck Berry: The Anthology - Johnny B. Goode




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。