カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「エルヴィス・プレスリー 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

休日の癒しハワイアンな端午の節句の男イメージ

GWも真っ只中と言いますか、残すところあと1日となってますが、

一応今日は、週が明けての月曜、また今週も始まった分けですけど、

5月5日子供の日、端午の節句の更新となり、今週は、そんな

ところを受け、男のサウンド特集、題して「メンズ・サウンド」と

称し一週間お送りしていこうと思ってます。

まぁ、毎年この時期には、やってる企画でもある分けですが、3月には

女性アーティストで、ひな祭りを開催してますし、元々、男の子の

成長を祝う5月の節句には、この「メンズ・サウンド特集」でお送りする

感じでやってます。

本日は、エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)の登場で、

まさに、休日のくつろぎといった一曲「ブルー・ハワイ

(Blue Hawaii)」をピックアップします。

もうこのモミアゲと、ハデハデの白のジャンプスーツが似合うのは、

スター錦野と共に、男以外の何者でもないってことになります^^

おそらく、ジョン・レノンに一番多大な影響を与えたのは、

このエルヴィスであろうってくらいのもので、エルヴィスがいな

かったら、ビートルズは無かっただろうし、音楽シーン全体も

今とは違う形になってた分けで、音楽史の中においても

最重要人物の一人になります。

でも、まぁ、この「ブルー・ハワイ」は、デビュー当時、シーンに

衝撃を与えたロックンローラー・エルヴィスって分けじゃなく、

後年のポップスター・エルヴィスのヒットになりますけどね。

(デビュー時の映像はコチラの過去記事を、エルヴィスについて

詳しくは、コチラWikiを)

自身が主演した数々の映画作品も残されてますが、1961年制作の

同名映画「ブルー・ハワイ」の主題歌になります。

ということで、男イメージでお送りする今週のトップバッター、

エルヴィス・プレスリー、休日の癒しナンバーで、

「ブルー・ハワイ」です。



Elvis Presley - Blue Hawaii






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

完全無欠のロックンロール・ウィーク

毎週なにがしかのお題を設けて、特集形式で

音楽を選ばせていただくというシステムの

ココ、ブログ★ラヂオ、先週はソウル界のレジェンドと

呼ぶに相応しいアーティスト達にご登願うという特集でありましたが、

今週も引き続きのレジェンド・ノリで、ロックンロール界の

大物達を挙げ連ね一週間、お送りしてみようかなどと考えています。

当然のように、ポピュラー音楽、ロックを語る上では

かかせないところだと思います。

ロッケンロー、シェケナベイベー・・・訳分かりませんが、

そんな感じで気合いを入れて、まいりたいと思います(笑)

ということで、本日、初日を飾っていただく登場となるのは、

いきなりのエルヴィス・プレスリーです。

ポピュラー音楽史上、最も偉大な革命を起こした人、

と言っても問題ないでしょう。白人として黒人音楽を

まんま黒人音楽として歌い、パフォーマンスして、

世に知らしめた人です。もちろん、エルヴィス以前にも白人が黒人の

間で演奏される音楽を演奏することはあったわけですが、それは、

あくまでも一般に受け入れられやすいようにソフィースケイトされた

ものとしてです。エルヴィスは、まんま黒人音楽のコピーとして、

腰を振りの激しく歌った分けです。そんな姿を当時普及し始めた

テレビが映し出したもんだから、PTAの人達には、相当お下劣に

映ったのでしょう、よい子のみんなに悪影響を与えると抗議の声が殺到し

社会現象にまで・・・って感じですが、若者達はエルヴィスに食いつき、

ビートルズが生まれ現在に至るということになってます。

とまあ、かなりの簡略さ加減で音楽史を語ってしまいましたが、

おおよそのイメージはそんな感じで良いと思います。

本日アップのビデオも当時のそんなお下劣なエルヴィスの姿を映し

出したもので(今となっては「何が?」って感じですけどね^^)、

1956年のヒット、「ハウンド・ドック」です。

ただ、このテレビの事件をきっかけにメジャーになってしまった

エルヴィスのその後の活動というのは、どこまでもエンターテイメント指向、

社会に影響を及ぼすというよりも、社会に順応していく活動に終始します。

つまりは、真に画期的だったのは、テレビ出演を果たすまでということです。

ただ、それだけだったにしても、その功績はとてつもなく大きかった

ということになります。

Wikipediaに書かれてた、エルヴィスの死に寄せたカーター元アメリカ大統領の

言葉が彼のことをよく言い表してるなあと思ったので、そのまま引用させて

もらうと、「エルヴィス・プレスリーの死は、我が国から大事な一部分を

奪いとったようなものだ。彼の音楽とその個性は白人の国家と、黒人特有の

リズム、ブルースのスタイルを融合させ、永久にアメリカの大衆文化の様相を

変えてしまった。彼は、祖国アメリカの活力、自由、気質を

世界の人々に植え付けるシンボルだった。」ということになります。

まあ、革新的な部分もあり、後年は権力と結びついたりもしたって

感じですかね。

ということで、小泉さんも大好きなエルヴィス・プレスリーで、

「ハウンド・ドッグ」です。


映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

Elvis Presley -Hound Dog




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。