カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ビリー・プレストン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

愛されるって大事なこと

ポップスシーンに偉大な足跡を残したソウル界のアーティスト達

ということで、「ソウル・レジェンド」と題して、今週は

音楽をピックアップしています。

振り返れば、ボビー・ウーマック、アル・グリーンの

「テイク・ミー・トゥ・ザ・リヴァー」、アイク&ティナ・ターナーの

「プラウド・メアリー」とロックのファンにも馴染みがあるような

選曲になってますが、本日もその流れに乗っかってってみたいと思います、

ビリー・プレストンで「神の掟」です。

1969年発表の作品で同名アルバム

神の掟 That's the Way God Planned It」に収録されています。

ビリー・プレストンといえば、ビートルズやローリング・ストーンズの

キーボード、セッションプレイヤーとしてファンにはお馴染みということに

なると思いますが、特にビートルズにおいては、5人目のビートルズと

呼ばれるくらいで、晩年のぎくしゃくしたムードの中、演奏だけではなく、

この人の良好な性格も手伝って、精神的な面でもバンドを大いに助けた

ということのようです。

16歳の頃には、既にプロとしてのキャリアをスタートさせていて

リトル・リチャードやレイ・チャールズ、サム・クック、

キング・カーティスといった大物達のバックバンドのメンバーとして

活躍しています。といったように、実力もさることながら、

大物達に愛される性格が、なによりもこの人の武器なのかも

しれません。

本日アップのビデオはジョージ・ハリスン主催、

マディソン・スクエア・ガーデンで1971年に開かれたバングラデシュ救済

チャリティー・コンサート、これまたエリック・クラプトン、

レオン・ラッセル、リンゴ・スター等々大物達が一同に会した

模様なのですが、ここでのパフォーマンスは、多分、このコンサートで

ベストなんじゃないかなあ、と思えるくらいで、ジョージ・ハリスンでさえ

食ってしまっているように思います。

ということで、テンションが思わず上がってしまう熱い演奏と

なることでしょう、ビリー・プレストンで「神の掟」です。



Billy Preston - That's The Way God Planned It




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。