カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ジャッキー・ウィルソン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

2012、高く高くという抱負

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

・・・と、かなりスロー・スタートな新年一発目の

ブログ★ラヂオの更新となる分けですが、皆様においては、

すでに正月気分も抜けてしまっているものと思うんですけどね、

でも、まぁ、仕事も学業もこの連休を最後に、いよいよ

明日からが本格稼働といった感じになるんじゃないでしょうか。

また今年も張り切って行きましょう!

と、今日成人の日を迎えた(大ウソ)私は誓ってみる分けですが、

今年もいつもと代わり映えのしない正月を過ごしてしまい、

ここで報告するようなこともこれといってないし、

このブログの方もこれまで同様にやってくつもり

ってことで、さっさと音楽の方へとシフトってことになりますが^^

今年最初の登場となるのは、ジャッキー・ウィルソン

(Jackie Wilson)で、曲は、「ハイヤー・アンド・ハイヤー

((Your Love Keeps Lifting Me)Higher And Higher)」です。

「凧、凧上がれ、天まで上がれ♪」ってくらいなもんで、

「高く高く」って感じが、まさしく新年ということになるかと

思います。

ジャッキー・ウィルソンは、どうなんでしょう、日本では、

過小評価気味ってことになるんでしょうか、それ程知られている

とも思えないんですけどね、本国アメリカでは、1950年代の末から

活躍した、ソウル、R&Bの世界では伝説的なシンガーの一人

になります。エルヴィス・プレスリーが強く影響を受けているって

ことで、「黒いエルヴィス」なんて評されることもあったようです。

そして、歌って踊るスタイルは、マイケル・ジャクソンの

憧れでもあったということになります。

(詳しくはコチラWikiで、さらに詳しくは、コチラのサイト様で

紹介されてます)

とにかく、この軽やかな歌いっぷりと鮮やかなダンスパフォーマンス

(ちょっと坂上二郎も入ってるかな?、笑)は、相当な

才能の持ち主でもあったと思われます。

(ジャッキー・ウィルソン、最大のヒット曲、

「ロンリー・ティアドロップス」は、ココでは、過去に

コチラで取り上げてます)

ということで、ジャッキー・ウィルソン、1967年のヒットにして、

リタ・クーリッジのカバー(コチラで聴けます)で知られるように

その後数多くのカバーバージョンも生み出した名曲、

「ハイヤー・アンド・ハイヤー」です。



Jackie Wilson - (Your Love Keeps Lifting Me)Higher And Higher






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

エンターテイメント・ソウルな歌自慢達

澄んだ秋空の如く抜けのいい軽快なポップスということで、

今週は始めてみました。

本日はジャッキー・ウィルソンで、

「ロンリー・ティアドロップス」です。

1958年のヒットとなりますからこりゃまた古い、

私もまだ産まれてはいないのですが、なぜこんな古いヒット曲を

知っているのか、というのは後ほどご説明することにして、

まずは、ジャッキー・ウィルソンということになりますが、

サム・クック、ジェームス・ブラウンと並び称されるソウルの

パイオニア的存在です。まだ、人種差別が色濃く残る時代に

活躍した、サム・クックやJBに比べれば、アーティスト

というよりも、エンターティナーと呼ぶのが相応しい歌い手です。

その辺、アップのビデオを観て頂ければ分かる通りで、

歌がメチャ上手くて、オバーアクション気味のダンスということで、

聴衆を楽しませることに徹してます。マイケル・ジャクソンも

参考にしているってことのようです。

で、昨日は、モータウンを代表するフォー・トップスでしたが、

この、「ロンリー・ティアドロップス」も、モータウン設立以前の曲

ということにはなりますが、モータウンの設立者ベリー・ゴーディJr.が

制作に関わっていて、このヒットを期に自信を持った

ベリー・ゴーディJr.がモータウン設立へと突き進んでいく、ということで

やはりモータウン絡みの一曲ということになりましょう。

(ジャッキー・ウィルソンやこの曲については、

コチラ←クリックで詳しいので、さらに詳しくしりたい方はどうぞ)

ということで、取りあえずは、ジャッキー・ウィルソンの楽しい歌と

ダンス、楽しんでいただけることと思います、

「ロンリー・ティアドロップス」です。



Jackie Wilson - Lonely Teardrops

Jackie Wilson - We Loved You Madly, Chapter 84 (Love Is Strange) - Lonely Teardrops




で、この曲は、「ニューヨーク・ロック・アンド・ソウル・レヴュー

という、まあ、そんな感じの小粋なミュージシャン達が集った、

ライブの模様を収めたアルバムがあるのですが、そこで、

マイケル・マクドナルドがカバーしていたのが、妙に印象的で

記憶に残っているという分けです。やっぱ、ブルー・アイド・ソウル

シンガーとして激上手いとしか言いようがないのですが、

その模様もYouTubeで発見できたので、下、URLにリンクしてあります。

ピアノがスティーリー・ダン、ドナルド・フェイゲンだったりと、

ザ・ミュージシャンズといった雰囲気漂う名演なんじゃないですかね^^

http://www.youtube.com/watch?v=ekjvf07R3bs

マイケル・マクドナルド - The New York Rock and Soul Revue: Live at the Beacon - Lonely Teardrops




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。