カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ゲイリー・ムーア 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

のけぞる哀愁ギター・サウンド

週が明けて、11月も第3週、今年も押し迫ってきた感が、

じわじわと込み上げてくる今日この頃というこで、

皆様においても「早いなー」という言葉を連発されてることと思います。

で、週明け毎週月曜は、ここブログ★ラヂオは新たな特集のスタートと

相なります分けですが、ここのところずっと取り組んでいる「秋」に

かこつけた特集ということで、今週もやらせていただきたいと思います。

題して、「哀愁のギターサウンド」…って「また、哀愁かよ」みたいな…

まあ、秋だからこそ、うら寂しくも、もの悲しい雰囲気ってのが、

しっくりくる分けで、これが完全に冬になってしまうと重い感じに

なってしまうと思われます。今の内に哀愁シリーズを続けてまいろう

という魂胆です。ま、冬になったら逆にハデにいってみようかなどとも

目論んでる分けですが…

ということで、初日一発目、もうこのお題であれば取りあえずはこの人のこの曲、

ゲイリー・ムーア、「パリの散歩道」でいってみたいと思います。

彼お得意の「泣き」のギター・サウンドをきっちりとご堪能して

いただけることと思います。

1978年発表の曲で、彼の長いキャリアの中でも代表曲ということになり、

シングルとしてヒットもしてます。

プロとしてのデビューは、スキッド・ロウというバンドで、

そこで、一緒にプレイしてた、後のシン・リジィの中心メンバー、

フィル・ライノットとの共作ということになります。

アップのビデオではボーカルをとり、ベースを弾いてる人です。

ゲイリー・ムーアは、とりわけ日本で人気の高いギタリストと思われ、

なんだか、根性とか気合い、そして、「泣き」という日本人の心情に

どっぷりと訴えかけてくるような比喩がしっくり当てはまる感じがし、

そして、なんといっても「巧い」っていうところが、

その理由になると思われます。

ま、あっさり目なところを取り上げることの多い、当ブログではありますが、

たまには、こんなコテコテの曲で体をのけぞらせてみるのも

良いのではないでしょうか…

ということで、ゲイリー・ムーアで「パリの散歩道」です。



Gary Moore - Parisienne Walkways

Gary Moore - Ballads & Blues 1982 - 1994 - Parisienne Walkways




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。