カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ブレンダ・ラッセル 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

5月の快適街闊歩

・・・って梅雨入り!?

今週のブログ★ラヂオは、快適5月に聴くソウル・R&Bという

ことでお送りしてますけどね~、まだしばらくは続くと思っていた

爽快な天気も今日は一転、雨が降ってます。こちらでも梅雨入りした

みたいですけど・・・早過ぎじゃね、って感じではありますが、

まぁ、今週のテーマは変えずに、続けさせて頂くことに

したいと思います。気温そのものの方は、暑くもなく寒くもなく、

快適な5月ではありますし(・・・苦しい言い訳、っていうか

少し蒸してます)

といったところで、本日の一曲は、ブレンダ・ラッセル

(Brenda Russell)の「ウォーキン・イン・ニューヨーク

(Walkin' in New York)」をピックアップ。

ラテンテイストのアレンジが楽しい、ニュー・ヨークの街を

快適に闊歩してる様子のすこぶる気持ちの良い一曲です。

貼らせて頂いたPVも、まさにそんな様子が映し出されて

いる分けですが、背景で歩いている人達が、不自然な印象だったり、

または、緊張気味だったり、ところどころの演出が、わざとらしい

感じがするのも、ご愛敬ということで観て頂ければと思います(笑)

2000年発表のアルバム「パリ・レイン(Paris Rain)」収録の

一曲です。(このアルバムについて詳しくは、コチラWikiを)

ブレンダ・ラッセルは、ここのところ、たまたま続いている

制作者サイドの、楽曲提供者としても知られる側面もあって、

共作したり楽曲の提供を受けているアーティストは、

スティーヴィー・ワンダー、アレサ・フランクリン、

アース・ウィンド・アンド・ファイアー、ドナ・サマー、

スティング、チャカ・カーン等々といった大御所の一流どころが

名を連ねる分けですが、そのソングライティング能力は、

高い評価を受け、厚い信頼が寄せられる人でもあります。

ただ、コレといったヒット曲が生まれてるということでも

ないのですけどね、どちらかというと、玄人ウケし、

キラリとしたセンスの光る曲を書く人なんだと思います。

非常に豊な才能の持ち主であることは、間違いないです。

そんな中でも、彼女自身の歌による「Piano in the Dark」は、

ヒットしてますが、ココでは、以前コチラで取り上げてますけど、

これはもう名曲ということでですね、是非、合わせて聴いて

頂ければと思います。

こういったソングライターにありがちな、歌の方はいま一つ、

作者自身が歌うことによって醸し出す味で勝負なんてこともなく、

シンガーとしても超一流です。

(ブレンダ・ラッセルについて詳しくは、コチラWikiをどうぞ)

ということで、ブレンダ・ラッセルの梅雨入りしたのに、

快適5月の一曲、お聴きください^^

「ウォーキン・イン・ニューヨーク」です。



Brenda Russell - Walking In New York





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

メランコリックなナイス・メロディー

シックな秋の装い、おしゃれサウンド特集ということで、

今週は音楽を選ばせていただこうということでやってます。

本日登場となりますのは、昨日のスパンダー・バレエ同様

80年代に活躍し、なんとなく記憶に引っかかってる人で、

ブレンダ・ラッセルです。

シンガー・ソングライターとして活躍したした人で、

アップの曲は、1988年に発表された彼女のヒットアルバム

ゲット・ヒア」に収録され、シングルとしてもヒットした

「ピアノ・イン・ザ・ダーク」です。

もちろん、良い曲だったなあ、ということで記憶に残ってる分けですが、

彼女独特のメランコリックなメロディー・ラインみたいなのがあって、

その辺が面白いと思って聴いてたように思います。

職業的なソング・ライターとして、スティーヴィー・ワンダーや

アレサ・フランクリン、アース・ウィンド・アンド・ファイアー、

ドナ・サマー、スティング、チャカ・カーン&ルーファス等、数々の

アーティストに楽曲を提供していて、アーティスト達からは、

厚い信頼を得ていたようです。

有名なところでは、ルーサー・ヴァンドロスがカバーしてヒットした

「If Only For One Night」(こりゃいい曲だ…!)のオリジナルは

彼女ということになります。

それでは、ブレンダ・ラッセルで「ピアノ・イン・ザ・ダーク」です。



Brenda Russell - Piano In the Dark




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。