カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ドアーズ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

不幸のカリスマ

今週は、「芸術の秋」、アートな味わいも合わせ持つ

サイケデリック・サウンドということで、音楽をチョイスして

まいりました。深まりゆく秋をアートフルに彩ったことと思います。

で、いつものように週の終わりには特集の最終日を迎えるブログ★ラヂオ、

トリを飾ってもらうのは、ドアーズです。

まあ、暗いですね。ボーカルはジム・モリソンということになりますが、

見事なまでの不幸の体現者、不幸のカリスマと呼びたいと思います。

(ここでいう不幸とは貧乏とかそういうことではなく、

生きること自体、精神的に苦しい、辛いといった意味ですが)

もちろん、ある程度は、意識的に不幸で救われない人を演じてる部分も

あるとは思います。でも、ロック・スターとなってからも、おごり高ぶることなく、

不幸であり続けるというのも見事なものだと思います。

多分この人にとっては不幸でいることの方が安心できる、恐怖心を払拭し

落ち着いた気分でいられるってことなのかもしれません。

なので、不幸であればあるほど、人気の出る倒錯したロックの世界

というのは、格好の居場所だったのではないでしょうか。

でも、まあ、最後には、落ちるところまで落ちてしまうというか、

薬物の過剰摂取と思われる死にみまわれてしまう

ということになってしまいますが…

いわゆる、ロック界ではジンクスになっている27歳、ブライアン・ジョーンズ、

ジャニス・ジョプリン、ジミ・ヘンドリックスと同様の年齢で、

若くして去ってしまいました。

アップのビデオは10分近い長尺の演奏となりますが、

ロック・スターとして振る舞いつつも、不幸のオーラを発するカリスマに

引き込まれていってしまうことと思います。

演じて装っているというのも分かりますが、でも、それ以上に切実な

ものが伝わってくるからだと思われます。

それから、このバンドは、ジム・モリソンの他に、レイ・マンザレクの

オルガン・サウンドがバンドの印象を特徴づける重要なパートを担っています。

曲は、「ハートに火をつけて」、1967年のヒットとなりますが、

何故か今週は、ビーチ・ボーイズの「グッド・ヴァイブレーション」を除いて、

全て、1967年に発表の曲ということになってます。(「グッド・バイブレーション」

も前年の1966年発表で似たようなものですが)1967年という年は、

ロックというか、サイケデリック・サウンド満開の当たり年であったと

言えるのではないでしょうか。

ということで、ドアーズで「ハートに火をつけて」です。…では、では



The Doors - Light My Fire

The Doors - The Very Best of (Bonus Track Version) [With Bonus Video] - Light My Fire




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。