カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ジェファーソン・エアプレイン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイケデリックの老舗バンド

月も変わり、週も変わり、11月1日、1並びの月曜、

(と思ってた昨日は勘違い(笑)、11月2日でした、スミマセン

…11月3日、訂正)

こちらでは午後からどんだ「ストーミー・マンデイ」に

なってますが、皆様はいかがお過ごしでしょう。

今この記事を書いてる時点は、夕方なんですけど急に冷え込んできました。

くれぐれも、体調など崩すことのないよう、注意の怠りなく

努めていただければ幸いかと思います。

で、毎週なにがしかのテーマを設け、それに則した音楽をということで

選ばせていただいているブログ★ラヂオ、

今週は、サイケデリック・サウンドでいってみたいと思います。

芸術の秋ということで、サイケデリックっていうイメージは、

現代アートにはかかせない一つの要素であろうってことです。

サイケデリック・サウンドとは薬物(LSD)の幻覚体験を元に

そのイメージを反映させた音楽ということになりましょう。

ちょっとイケナイ感じもありますが、レコーディング技術等、

後のポップ・ロックシーンにもたらした影響も多大なものがあります。

1960年代後半から、70年代初頭にかけてのカウンター・カルチャー、ヒッピー文化

とともに、盛んに制作され、盛り上がりをみせました。

ただ、やはりこの時代、薬物依存が原因と思われるミュージシャンの死

というのも相次いでいます。実験的という意味も多分にあったのでしょう、

なんでもありのこの時代だからこそ出来たことのように思います。

今の時代、この人達から学ぶことはあるにせよ、真似する必要はないですね。

まあ、音楽聴いてる分には合法ってことで。

ということで、初日でもある本日は、サイケデリックといえば

ハズすことのできないジェファーソン・エアプレインの登場です。

当時のカウンター・カルチャーの先頭を走っていたバンドということになります。

マーティ・バリン、ポール・カントナーが中心となり、

本日アップのビデオでボーカルをとっている、グレイス・スリックが、

バンドを象徴する存在ということになります。異様な存在感に満ちた

カリスマ的ボーカルとでも申しましょうか、女性ロックスターの草分け的な人です。

バンドは、グレイス・スリックが引退してしまっているとはいえ、

今も存続するようですが、その歴史は、例えば名前を変えて、

ジェファーソン・スターシップであったり、単にスターシップであったりとか

メンバーが離合集散を繰り返す複雑怪奇なものになってます。

80年代はご存知の方も多いと思いますが、スターシップとして、

「Sara」や「Nothing's Gonna Stop Us Now」という大ヒットもあります。

ただ、今回のサイケデリック・サウンドとは全く違うものになってますが…

その辺の複雑な歴史はコチラ←クリックで詳しいので興味のある方は

ご覧下さい。

ということで、ジェファーソン・エアプレイン、1967年のヒット曲、

今日は2曲続けてのビデオということになってますが、

不思議な雰囲気の、「ホワイト・ラビット」と、そして、有名な曲だと思われる、

「あなただけを」です。



Jefferson Airplane - White Rabbit ~ Somebody To Love

iTunes ダウンロード icon



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。