カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ELO 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

よみがえる「痛い思い出」 ♪

秋のポップ・ロック・フェスタと題して、

秋らしい哀愁と透明感を漂わせたサウンドを

何曲かチョイスということで、今週は綴らせて頂く

ということでやってますが、本日は、

エレクトリック・ライト・オーケストラ(以下ELO)、

曲は「テレフォン・ライン」でいってみたいと思います。

メールも携帯もない、「電話」が恋愛においても重たい位置を

占めてた頃の歌ですね。1976年のヒット曲です。

まあ、この曲を知っている世代であれば、間違いなく

「電話」ってやつに胸の締め付けられるような思い出の

一つや二つは持ってるはずです。

もちろん、私も例外ではないですが、

ただ、この曲の歌詞を見ると、

誰もでない電話に、闇の中で沈んでいるフラれ男が

ベルを永遠に鳴らし続けていたいっていう歌で、

ちょっとストーカー入ってるかな?

もっとも、この頃はストーカーなんて言葉もありませんでしたが…

(訳詞はコチラ←クリックでどうぞ)

ELO…「ロックとクラシックの融合」をコンセプトに、

ギターとボーカル、ソングライティングを手がけるジェフ・リンが

中心となるイギリスのバンドです。

チェロやバイオリンを担当するメンバーがいるユニークな

バンド編成が売りなのと、やはり、「世界最高のメロディメイカー」

とまで称されるジェフ・リンの作曲能力の高さが目を引くバンドです。

ジェフ・リンはコアなビートルズ・ファンとしても有名で、

ELOは、ビートルズよりもビートルズらしい、などと

わけの分からないことを言われています。

ということで、ELOで「テレフォン・ライン」です。



ELO - Telephone Line




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。