カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ボーイズ II メン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

卒業~昨日に別れを告げるアカペラ

「暑さ寒さも彼岸まで」などと申しますが、お彼岸が過ぎて

逆に寒くなってしまった今日の天気でしたけどね、でも、今年も

春がやって来たことは、先週辺りからすでに確信済みですし、

ひょっとして、これでまた暖かくなったら桜の花も一気に満開と

なる雰囲気もあります。

そんなところで、迎えた今週、また新たなテーマで、音楽をチョイス

していくブログ★ラヂオってことになりますが、今はやはり「卒業」

のシーズン、今週は、「卒業」をテーマに曲を選んでお送りして

いこうと思ってます。

本日選んだのは、ボーイズII(トゥ)メン(Boyz II Men)の

「グッバ イ・トゥ・イエスタデイ

(It's So Hard To Say Goodbye To Yesterday)」です。

1991年発表の記念すべきデビューアルバム

クーリーハイハーモニーCooleyhighharmony)」からの

ヒットで、全米シングルチャート2位を記録しています。

デビューからしてすでに大人気のコーラスグループであった

分けですが、以降も順調に成長を続け、数々のナンバーワンソングを

有する90年代に一時代を築き上げたビッグなグループです。

(詳しくはコチラの公式サイト、もしくはコチラのWikiを)

ココでは、過去にコチラで、やはり卒業をテーマにした時、

ボーイズIIメンの大ヒット「End Of The Road」をピックアップして

ますが、「道の終着」っていうタイトルと曲調が卒業っぽいって

ことで選んでると思うんですけど、内容的には、恋人との関係が

行き詰まり、終着に達してしまったと歌われていて、卒業とはあまり

関係ない感じのもの、記事もコジツケっぽくなってますけどね^^;、

今回の「グッバ イ・トゥ・イエスタデイ」は、原詞及び訳詞

(さらにはこの曲について詳しく)がコチラのサイト様で掲載されて

ますが、英タイトル通り「昨日までの日々に別れを告げるのが辛い」

っていう歌で、今回は、まさに「卒業」に相応しい一曲です。

収録アルバム「クーリーハイハーモニー」の元になってると思われる

日本未公開映画「Cooley High」の挿入歌で、オリジナルは、

ザ・スピナーズのリード・シンガー、G.C.キャメロンによるもので

コチラ)そのカバーになります。

ということで、全編アカペラで歌われ、人気実力共に兼ね備えた

コーラスグループとしての真価が発揮されているナンバー、

お聴き下さい、ボーイズIIメンで、

「グッバ イ・トゥ・イエスタデイ」です。



Boyz II Men - It's So Hard To Say Goodbye To Yesterday






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

より感動的に送る卒業

時節の卒業をテーマにお送りしてきた今週のブログ★ラヂオ、

今週もめでたくウィーク・エンドを向かえることに

なってる分けですが、本日は、そんなところも考慮に入れつつ

ですね、ボーイズII(トゥ)メン(Boyz II Men)の

「エンド・オブ・ザ・ロード(End Of The Road)」で

卒業曲集の最後を飾ってみたい思います。

「道の終着(行き止まり)まできてしまった」っていう

歌なんですけど、これからどうするってことでもありますが、

内容的には、恋人との仲はすでに行き詰まってしまっているんだ

けれども、去らないでおくれと懇願するというものになります。

コチラのサイト様で訳詞を掲載されてます)

卒業というと、私なんかでもそうなんですけど、これから

開けるであろう新しい世界に目がいきがちで、

ウキウキとしたのものがあったりもするんですけど、

でも、反面、去っていくという悲しみもどこかにはある

もので、さらには、去らないでくれ的な人がいたら、

それはより感動的なものにもなるってことで、

この曲を選んでみたということになります。

まぁ、ここまで懇願されてしまうと、逆に鬱陶しい

ということにもなりますが(笑)

1991年発表の彼等のデビュー作になる

クーリーハイハーモニーCooleyhighharmony)」に

収録された一曲で、L.A.リード&ベイビーフェイス

プロデュース、シングルとしては全米13週連続1位という

輝かしい記録を打ち立てたR&Bの名曲になります。

ということで、言わず知れた、90年代にはかなりの人気

振りを誇った、コーラス・グループ(詳しくはコチラを)、

ボーイズIIメンで、「エンド・オブ・ザ・ロード」です。



Boyz II Men - End Of The Road





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ピアノとコーラスのクリスマス

今週は、クリスマス・ソング特集、

Presented by ブログ★ラヂオということで、

やらせてもらってます。

本日の登場は、ボーイズIIメン、言わずと知れた90年代に大活躍し、

R&Bの一時代を築いたアメリカのコーラス・グループ、

曲は「レット・イト・スノウ」で行ってみます。

ブライアン・マクナイトの全面協力を得て、

1993年に発表されたクリスマス・アルバム

Christmas Collection: 20th Century Masters

(邦題は「レット・イット・スノウ」)に収録された

一曲です。恋人達のクリスマスにはピタッとハマる

アルバムになろうかと思われます。

この「レット・イット・スノウ」は、美しいメロディの

秀逸な一曲であることは、もちろんなんですけど、

今回選ばせてもらった、一番の理由は、

YouTube映像の演奏が素晴らしかったから、

ということに尽きます。

シンプルなピアノをバックにした演奏なんですけど、

ピアノを弾いてるのが綾戸智恵です(笑)

今や、テレビで見かけると大阪のおばちゃんといった

印象しかしない人なんですけどね^^

でも、ここでの演奏は、何なんだ、この人は一体、という感じが

してしまいます。日本で、こういうピアノを弾かせたら

ひょっとして一番上手いんじゃないかってくらいの勢いです^^

こういうノリを出せる日本人ピアニストって少ないんじゃないでしょうか。

そりゃ、ボーイズIIメンものっけから首を振ってしまう

というもんでしょう(笑)

ということで、ボーイズIIメン with 綾戸智恵、どうやらこれは、

NHKで放送されたもののようなんですけどね・・・

よって、残念ながらいずれ削除されしまう可能性が大きい

「レット・イット・スノウ」です。

(アルバムに収録されているバージョンは、

コチラ ← クリックでどうぞ)



Boyz II Men - Let It Snow

Let It Snow - Ultimate Christmas Collection




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ひざまずいてのお願い…痛っ!

今週は秋のメロウ・グルーブということで、何曲か

チョイスってことなんですけど、なんだか台風がやって来てる

ようですね…しかも大型のやつが…こんな悠長なことやってる場合かよ、

という懸念もよぎるところではありますが、まあ、一般的には、

室内にこもってやりすごすのがその対処法ということで、

しっくりとしたソウル・ミュージックで気持を落ち着かせるのも

ありでしょう、みたいな…ということで、本日は、ボーイズ・トゥー・メン

「ベンデッド・ニー」でまいりましょう。

昨日の1960年代、スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズからいきなり

30年もすっ飛んだ、1994年の作品となりますが、こうやって並べてみても

それほど違和感を感じないところが(すくなくとも私にはそう思えます)

ソウル・ミュージックと呼ばれる音楽の良いところだと思います。

にしても、ボーイズ・トゥー・メン、今まさに人気ですね…って思ったら、

それは、バック・ストリート・ボーイズでしょ…ということで単に

ボーイズつながりで混同してしまうような知識しか持ち合わせて

おらず、申し訳ないといったところですが、良い曲は分かります!

…みたいな(笑)

フィラデルフィア出身の4人組コーラスグループで、90年代には

ヒットを連発し一時代を築き、その後、数々のフォロワーを生んだ

カリスマ・コーラスグループといったところですか。

現在は一名が健康上の理由で脱退し、トリオとして活動してます。

PVは、なんだかS子とM男といった様相で、痛いッ!…

て感じになってますが…なかなか厳しい恋愛のようです。

なんでこんなことになってるのか、訳詞はコチラ←クリックで見れます。

ということで、ボーイズ・トゥー・メン、珠玉のバラード(なんか古ッっぽい表現…)

で、「ベンデッド・ニー」です。



Boyz II Men - On Bended Knee

iTunes ダウンロード icon



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。