カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「デヴィッド・ボウイ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

変貌するキャラ設定

さて、「芸術の秋」にちなんで、アーティスティックでありつつ、

個性的なミュージシャンを上げ連ねてきた今週、振り返れば、見事に

個性的な面々のラインナップとなっておりますが、その分音楽的には、

節操のない感じになってます(笑)まあ、これだけクセのある歴々だと

そこは、しかたないといったところですが、最終日になる本日も

クセのある大物ミュージシャンとして、その道の大家ということになりましょう、

デヴィッド・ボウイの登場で締めてみたいと思います。

曲は1972年発表のコンセプトアルバム「ジギー・スターダスト」から

「スターマン」でまいりましょう。

異星からやってきた「ジギー」がロックスターとして成功し没落していく物語

という設定で作られたアルバムで、このジギーを演じるのがボウイ

ということになります。(アルバムについて詳しくはコチラ←クリックでどうぞ)

そう、この人はミュージシャンというよりも演じる人、役者というか、

その両方なのでしょう。常に何かを演じつつ、音楽活動をしているように

思います。そして、実際、俳優としても出演映画は多数にのぼります。

まあ、日本で言えばデーモン小暮、コリン星からやって来たユウコリン

といったところでしょうか。

なので、生身のボウイってどんな人かって、全然想像すらできないし、

個性的といっても完全に意図的に作られたキャラで、

まあ、個性的なのが当たり前といったところです。

ただ、一つのキャラが成功したからといって、そこにしがみつくような

ことはせず、次から次へと変貌を遂げていきます。

商業的には、一度皆に認知されたキャラで、ある程度は引っ張っていった方が

安全なのでしょうが、あえてリスクの伴うキャラ変更を行うことによって

アーティスト性を保っていくというのがこの人のやり方です。

そんなクールな姿が、若い人も含めた多くの人達に

リスペクトされるところなのでしょう。

常にアーティスティックであり、個性的キャラであり続けるデヴィッド・ボウイ、

今週のテーマにはぴったんこカンカンということで、締めて頂きましょう、

「スター・マン」です。



David Bowie - Starman

iTunes ダウンロード icon




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。