カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ジョニ・ミッチェル 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

新緑のフォーク

金環日食

金環日食キターーー(・∀・)

日食用メガネがなかったので青のクリアファイルを四つに折って

厚くして観察してやりました。おかげで、あやうく目をやられそうに

なりましたが・・・。その超簡易フィルター越しに撮った写真です。

なかなかの金環なのではないでしょうか^^

まぁ、早起きして撮った写真なので、アップせずにはいられなかった

ってことでもあるのですが(笑)

と、今日一日世間を騒がせた話題に乗っかってみたところで、

今週もまたブログ★ラヂオ、始めてみたいと思います。

で、早速ですが、今週のテーマはと申しますと、今はまさに

金環の候、いや、金ではなく緑、ゴールドではなくグリーン、

新緑の候ということで、木々や草花の緑から思い浮かべる、

フレッシュで清々しいといったサウンド、まぁ、独断なのかも

しれないですけど、私的にイメージする、アコースティックな

フォーク・ソングといったサウンドの音楽で、また、一週間

お送りしていこうと思ってます。

本日は、ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)、1971年発表の

傑作と評され名高いアルバム「ブルーBlue)」から、

「リトル・グリーン(Little Green)」という曲をピックアップして

参ります。

ジョニ・ミッチェルは、ここで聴ける、フォークといった指向の音楽

のみならず、ジャズやロックへのアプローチ(ココでは以前

「コヨーテ」という曲をコチラで取り上げてます)、独特なセンスと

リズム感で弾かれるギターも素晴らしいですし、自ら描いた絵を

アルバムジャケットにしたりと、実に多彩で才気溢れる人といった

感じです。カナダの出身、基本的にはフォーク・シンガーとして

カテゴライズされる人になりますが(詳しくはコチラwikiを)、

この「リトル・グリーン」も単純にフォークとは言いきれない、

一筋縄ではいかないもの、彼女独自のセンスの光る、そして、

今週のテーマ通りの新緑の清々しさというのもたたえた、

実に美しい良い曲なのではと思います。

ということで、ジョニ・ミッチェル、「リトル・グリーン」です。



Joni Mitchell- Little Green






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

才女と天才ベーシスト

突出した個性とアーティスティック性の濃いミュージシャンを連ねて、

「芸術の秋」を演出してみようという企画でお送りしている

今週のブログ★ラヂオ、本日は、まさにアーティストと呼ぶに相応しい、

ミュージシャンとしてのみならず、絵画や写真にもその才覚ぶりを

発揮し自作のアルバムジャケットのデザインもほとんど自らが

手がけたりと、多くの人がその才能の豊かさに賛辞を惜しまない

女性シンガー・ソングライター、ジョニ・ミッチェルの登場で

まいりましょう。

出身はカナダで、アメリカに渡りソングライターとして活動をはじめ

注目を集めるようになります。フォーク系のシンガー・ソングライターと

して自らのアルバムも何枚か発表した後に、転機を向かえ、

ジャズの影響を受けた音楽を発表するようになっていきます。

私が好きなのもこのジャズ寄りのやつってことなのですが、

今日の一曲は、アルバム「逃避行」に収録された「コヨーテ」という曲で

さらにこれは、ライブアルバムの「シャドウズ・アンド・ライト」にも

収められていて、アップのビデオは、まんま、

そのバージョンということになります。

とにかく、このライブ、メンツが凄いということで、

ギターがパット・メセニー、キーボードがメセニーの相棒で

パット・メセニー・バンドのライル・メイズ、ドラムス、

パーカッションがドン・アライアス、サックスがマイケル・ブレッカー、

そして、ベース、ここが本日のポイントになるのですが、

当時彼女と付き合っていたジャコ・パストリアスという

スーパー・バンドです。(ビデオの演奏に関しては、ライル・メイズと

ブレッカーは抜けた形になってます)

まあ、恋多き女としても有名、職場恋愛ってんですか、

他には、デヴィッド・クロスビー、ニール・ヤング等々といった

歴々と浮き名をはせてます。

そして、ここでは、恋愛関係にあったからか、どうなのか分かりませんが、

ジャコ・パストリアスの演奏は、そりゃ素晴らしいです。

ま、どこで演奏しようとこの人の場合は素晴らしいのですけど…

たしかに、彼女の作った曲とこの人のベースはよくマッチします。

ハーモニクスを織り交ぜ、モワモワ、モコモコといった感じで、

バンドの演奏をグイグイと引っ張っていくのはこの人ならではです。

いいですね~この感じ…そりゃパット・メセニーもノリノリになるでしょう!

…ってか今日はジョニ・ミッチェルでしたね、

もちろん彼女の歌声も素晴らしいし、バッキング・ギターの腕もたしかです。

ということで、ジョニ・ミッチェル、1979年9月にカリフォルニアの

サンタバーバラで行なったコンサートの模様から、「コヨーテ」です。



削除されてしまいました。コチラ←クリックでどうぞ。

Joni Mitchell - Coyote

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。