カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ベイ・シティー・ローラーズ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

時代を席巻「タータン・ハリケーン」

今週は、何組かのアイドルを取り上げて

時代の流れの中で彼等が担った文化史といったものを

鋭く深く追求してまいりました…(笑)

いかがだったでしょう。

大トリをむかえた本日はいよいよベイ・シティー・ローラーズ(BCR)

の登場ということで、締めて頂くことにいたしましょう。

1974年から78年頃の間、トップアイドルとしてポップス界

を席巻していました。トレードマークだったタータンチェックの

衣装から、そのブームのことを「タータン・ハリケーン」

なんていうようです。アイドルブームの発信元でもあり、

いわずと知れた、イギリスのカリスマ・アイドル・グループです。

といっても、まあ、このバンドが何故にこれほどまでに人気があったのか、

実際のところは、私には謎なんですけどね…

でも、私も解散後とはいえ、ビートルズを初めて聴いた時には

ものすごくテンション上がったし、そんな経験と照らし合わせて、

このBCRも少年少女達にそんな役割を果たしたのだと考えれば、

まあ分からなくもないところです。

最近は、この人達のように沢山の人達の人気を集め、誰もが知っていて

数年の間はトップの座に居座り続け、社会現象的なブームまで

引き起こしてしまう人、というのは現れていないです。

基本アイドルというのは短命に終わるものですが、

現れたとしても、そのブームは瞬く間に去ってしまうというか。

時間のサイクルが短くなってるんだなあと感じるし、

または、おそらくは生まれた時からなんでもあって、

早い段階で趣味趣向が個人的なものへと細分化され、

皆で同じ方向にむかって、ワーッと盛り上がるなんてことは

ない時代のような気もします。

もちろん、それが良いことなのか悪いことなのかは

全然別にしてですけど。でも、過去にそんな時代であった

経験なんてない分けですし、ん~この先どうなっていくのでしょう?

でも…ま、いっか(笑)ということとで、ベイ・シティー・ローラーズ、

1974年のヒット、本当は「サタデー・ナイト」といきたかったのですが、

あまり良い状態のビデオがなく…でも、これも良い曲だと思います、

「バイ・バイ・ベイビー」です。



Bay City Rollers - Bye Bye Baby

iTunes ダウンロード icon




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。