カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「スージー・クアトロ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サディスティック?な元祖女性ロッケンローラー

今週は往年のアイドル達を上げ連ね、

懐かしのヒット曲で和んで頂きましょう、

ということでやってますが、昨日はランナウェイズ、

「チェリー・ボンブ」、そりゃもう和んで頂けたことと思います(笑)

元祖ガールズバンドということだったんですけどね、

本日はさらに遡って、元祖女ロッカー、スージー・クアトロ

いってみたいと思います。

下半身にベースをあてがい、しゃがれた声でワイルドに歌いシャウトする

そんなイメージで、「サディスティックの女王」だとか、

「股間にひびくベース」といったコピーで妖しげな演出を施し

洋楽シーンを騒がせていました。

1973年から78年頃にかけてが絶頂期ということになります。

元々はアメリカ人ですが、ブレークしたのは単身渡英後のイギリスです。

手引きしていたのは、名プロデューサー、ミッキー・モスト

いうことらしいです。ベースを弾くようになったのも、

レザースーツに身を包んだのも、グラムロックな感じの悪なイメージも

演奏する楽曲も、バックのバンドも、彼女の意志を全面に反映させて

というよりは、ミッキー・モストによって、という感じなのでしょう。

基本的には、やはりアイドルというこになると思います。

今回、多分、私的には初めてなんですけど、ビデオを冷静に

じっくりと観たのですが、顔は美人っていうか可愛いですよね。

なんかアネゴ肌のロッカーというのとは違う感じもなきにしもあらず。

アメリカンで陽性なタイプの人のように思われます。

当時、日本でもかなり売れてましたが、写真以外、

ヴィジュアル的にはあまり露出はされてなかったように思うのは、

その辺でイメージが合わなくなり、壊れてしまうからと

考えたくもなるところです。

ビデオの最初の方で、メンバー紹介をやってて、

「ギター、レン・タッキー」なんて言ってますが、

この人と結婚してます。彼女は日本びいきの人でもあって、

日本で着物を着て神前結婚しているなんて情報も今回仕入ました(笑)

まあ、離婚してるんですけどね…

ということで、スージー・クアトロ、1974年のヒットで、

「ワイルド・ワン」です。

(例によってコチラ←クリックで彼女に関しては凄く詳しいです)



Suzi Quatro - The Wild One

iTunes ダウンロード icon




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。