カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ロバート・クレイ&ケブ・モ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

モダン・ブルース

今年の夏、最後にもう一盛り上がりということで、

ジャズ・フェスティバルの開催などと昨日はミエを切ってますけど…

もちろん、本日もその路線でまいりますが、

登場するのは、ロバート・クレイケブ・モの共演ということに

させていただきます。それって、普通にブルースじゃん…

って、まあそうなんですけどね、最近はこういったルーツ・ミュージックと

呼ばれるものも、ジャズの範疇に組み入れられることも多いように思います。

ジャズのルーツでもあるので、ジャズってことでもいいかって

まあ、そういことなのでしょう。

そして、ロバート・クレイもケブ・モも1980年以降にデビューしていて、

新しめ、モダンなブルース・マン、ルーツ・ミュージックの正統な

継承者ということになると思います。

ロバート・クレイという人は、洋楽ファンであれば知ってる人も

多いと思われる、ブルース・マンとしては、異例の「Smoking Gun」

というヒット曲を持つ人です。80年代には、様々なところで騒がれて

いたのを思い出して、あー、懐かしいって感じですけど、

とにかく、チャキチャキで、キレキレの江戸っ子のような

ブルースを演奏していた様子が思い出されます。

ケブ・モは、最近の環境にやさしいロハスみたいな、そんな感じの

音楽として、人気があるように思うのですけど…私の印象として。

もちろん、正当派のブルースを演奏していることには、

間違いないのでしょうが、コテコテ、ドロドロのブルースというよりは、

ソフィースケイトされた、聴きやすいものになってます。

その辺は、ロバート・クレイにもいえることですけど、

ケブ・モの方がより、あっさり感、サラサラ感があるように思います。

都会的とさえ言えなくもないところがあって、変な表現ですが

現代にマッチしたブルースという感じもあり、ひょっとしたら、

この先大ブレークがあるかもしれないと、ひそかに思ってます(笑)

で、そんな二人が演奏するのは、そりゃもう、コテコテの

スライド・ギターでしられる、エルモア・ジェイムスの

「12 Year Old Boy」です。この二人ですからね、まあ、あっさりと

演奏しちゃってますけど。にしても、なかなか聴き応えのある

ボーカルとギターで、ついつい見入ってしまういい演奏だと思いました。

ということで、ロバート・クレイとケブ・モのコラボ、

「12 Year Old Boy」です。

(因みに、帽子を被っている方ががケブ・モです)



Robert Cray and Keb'Mo - 12 Year Old Boy




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。