カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「アメリカ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アメリカの「アメリカ」

今週はアメリカ、ウェスト・コースト・サウンドでリラックス、

夏に疲れた体に一服の涼を、ということで

何曲か選んでまいってるわけですが、

本日は、アメリカ、「金色の髪の少女」ってことでいってみましょう。

基本的なことですが、大事なことなのでことわっておきますが、

「アメリカ」とは、大胆なようですが、グループ名です。

日本でいうところのX-JAPANということになるのですかね。

あ、そういえば、昔、ただの「ジャパン」ってバンドもイギリスにあったな~、

デヴィッド・シルヴィアンとか、どうでもいいですけど。

ま、そんなとこでつなぎつつですね、実は、正直なところ、そんなに

このアメリカを聴き込んでるって分けでもないですが、

「金色の髪の少女」は日本でもヒットしていたのはよく憶えてます。

っていうか、このメロディー、懐かしいです。

こんなメロディーって私のツボなのかな~って思ったりもしますが、

もちろん、本国でもヒットしていて1位になってます。

爽やかにして、軽快なアレンジとコーラス、

ん~、アメリカ、ウェスト・コースト・サウンド…なんですけど、

このバンド、実は、3人とも父親がロンドンに駐留するアメリカの軍人、

アメリカン・スクールで知り合った仲間ということで、ロンドンで結成、

イギリスでデビューしています。そして、最初にブレイクした国が、

「A Horse With No Name (名前のない馬)」という曲で、「オランダ」だったり、

この「金色の髪の少女」の収録されたアルバム「ハート(Hearts)」は

ビートルズで有名なジョージ・マーティンのプロデュースだったりと

どうも、アメリカ、ウェスト・コーストとあまり縁のないようなところで、

最初のうちは活動していたようです。ロサンゼルスに活動の拠点を移したのは、

成功をおさめてから、ということらしいです。

それでも、「ジャパン」はイギリスのバンドでしたが、

「アメリカ」はウェスト・コーストを代表する、正真正銘アメリカの

バンドということになりましょう。それにしても大胆な…、まいっか…

アメリカ、1975年のヒットで「金色の髪の少女」です。



America - Sister Golden Hair

iTunes ダウンロード icon




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。