カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「サンタナ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サンタナ復活の大ヒット、ちょい桑田っぽい?

さて、今週は、ラテン・テイストのポップスといった感じで、

夏を演出してみようということでしたが、本日は、

大御所サンタナの登場で、とりあえず、今週のところは、締めといった

感じにしたいと思います。

前回のマット・ビアンコは、人の名前だと思いきやグループ名でしたが、

このサンタナも、実はグループ名で、ギタリスト、カルロス・サンタナが

率いるバンドの名前がサンタナという、ややこしいことになってます。

・・・ってサンタナが登場する度に同じようなこと書いてますけどね、

テストに出そうな重点項目ということで、口をすっぱくして言ってる

分けですが、もちろん、サンタナは、1960年代の後半から活躍を続ける、

ロックの殿堂入りも果たしたビッグネーム、ロック史上においても、

ラテン・サウンドを大胆に取り入れ数々の傑作アルバムを発表し、

多くのアーティストに影響を与え、多大な功績を残したバンドになります。

でも、まぁ、長いことこの世界にいると、当然のようにスランプの

時期というのもある分けで、このサンタナも1980年代くらいからは

そんな状況に陥っていくのですが、そのスランプから不死鳥のごとく

脱した1999年の大ヒット曲、「スムース(Smooth)」が

本日のチョイスです。

今週のテーマ、ラテン・テイストのポップスと言うには、

本格的なラテンの感じだったり(エロかったり官能的)、

ロックっぽかったりで、いままでの爽やかテイストとは異なりますが、

でも、まぁ、アメリカでは、12週連続で1位にも輝いてるなんてこともあり

ますし、やはり、ポップスの名曲ということにもなるんじゃないかと思います。

アルバムで言うと、「スーパーナチュラル」に収録されている分けですが、

このアルバムの特徴として、エリック・クラプトン、デイヴ・マシューズ、

ローリン・ヒル・・・etc.といった多彩なゲストと共演した曲がライン・アップ

されているんですけど、以降この傾向は、サンタナの作品作りにおいては、

現在まで続く感じになってます。「スーパーナチュラル」、私も持って

ますけどね、凄く良く出来ていて、聴き応えのある傑作だと思います。

で、この「スムース」は、アメリカのシンガーソングライターで、

マッチボックス・トゥエンティというバンドにも所属する、

ロブ・トーマスとの共演になり、ロブ・トーマスによる書き下ろしで、

ヴォーカルをとってます。まぁ、この曲のヒットで、この人は一躍有名に

なったってことにもなります。

歌の内容は、「君は、スムースだ、素晴らしい!」ってことなんですけど、

何がスムースかというと、立ち振る舞い、所作、諸々、エロ事って

感じになるのかな(笑)

ということで、聴いてるとなんだかヴォーカルが桑田佳祐に

思えてきたりもする、サンタナfeat.ロブ・トーマスで、

「スムース」です。

(サンタナについて詳しくは、コチラ、そしてコチラが面白かったです、

興味のある方はどうぞ。歌詞・和訳はコチラで掲載されてます。)



Santana - Smooth (feat. Rob Thomas)

Smooth - Ultimate Santana




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

YAMAHA-SG2000・仏陀モデル

さて、ここ数日間の内にめっきりと冷え込んできた分けですが、

冬の訪れも間近というところで、いよいよ枯葉舞う

哀愁漂う季節、そんな感じを表現するのにピッタリの

楽器がギターということで、今週は

「哀愁のギターサウンド」というお題で、一週間

やらせていただきました。

いつものように週末、土曜日の特集最終日、

まあ、見え見えの本日はという感じになってしまっているようですが、

ご登場願うのは、「哀愁」、「ギター」とくれば、

おそらくは、洋楽ファンであれば、誰しもが頭に浮かび、

また、そうでなければ、洋楽ファンとは呼べないといっても

過言ではないこの人のこの曲ということになりましょう、

サンタナで「哀愁のヨーロッパ」です。

ま、今週は失敗、ってか、そりゃバレバレにもなるってもんですが、

やはり最後にもってこざるおえないのもこの曲ってことです…

もし、若い人で、この曲を知らないって人でも、

聴いておいて決して損はないと思われます。

なんつったって、ある年齢以上の層は皆知ってる分けですから。

話のネタとして、ストックしておいても充分価値あるものとなるでしょう。

「ホテル・カリフォルニア」と双璧ということになると思います。

で、アップの映像では、カルロス・サンタナのやたら音を引っ張る

演奏が印象的と思いますが、このギター、実は日本製、

YAMAHAのSG2000です。

自慢じゃないですが、(自慢なんですけど)私は、所有してます。

ひょんなことから、知人から安く譲り受けたんですけどね^^

もちろんカルロス・サンタナのものはいろいろ改造がほどこされてたり、

仏陀の絵が描いてあったりして、全く同じという分けではありませんが…

とにかく、大きな音が出る、すなわちパワーがあって、なによりも重たい

ってのが特徴です。

今では、こんなに重たいギター流行らないだろうし、

サンタナも違うギターに持ち替えてるしで、全く弾いてる人を

見かけることもないのですが、一時は、カシオペアだったり、

高中正義が使ってて隆盛を極めたって話を

しておきたかったまでのことです(笑)

ということで、サンタナ、1976年、おそらくは日本で異常に

ウケたと思われるヒットで「哀愁のヨーロッパ」です。では、では



Santana - Europa

↓ライブ・バージョンです。
Santana - Sacred Fire - Europa (Earth's Cry Heaven's Smile)




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

魔性の音楽、って感じですかね

今週はラテン音楽的な要素の濃いポップスやロックのヒット曲

ということで、曲を上げ連ねているブログ★ラヂオ、

となれば、誰もが予想するところ、ファンも沢山おられると思います、

本日はいよいよサンタナの登場ということになります。

ややこしい、バンド名シリーズその2とでも言いましょうか、

今特集初日のシャーデーがバンド名であったのに引き続き、

ギタリスト、カルロス・サンタナの率いるバンドが

サンタナということになります。

デビューは1969年で、今でも新譜を発表すれば、爆発的に売れてしまう、

スーパー・ビッグ・ネーム、カリスマ・バンドです。

デビュー以来40年近くになるこのバンドが

何故これほどまでに人気があるのか、ちょっと理解し難いのですが、

ラテン音楽というジャンルには、他のジャンルにはない

時代にかかわらず人を引きつけてしまう魔力のようなものが

あるように感じてしまいます。で、その人の心を捉えてやまない

普遍的で魔力的なものを完全に自分のものにしてしまったのが、

このカルロス・サンタナということになるのではないでしょうか。

で、本日アップのビデオは、9分近いちょっと長めの映像なのですが、

最初の部分を見ただけで、ラテン・ムード歌謡の曲と判断してはいけません。

3分30秒を過ぎた辺りからとんでもないことになっていく曲です。

怒濤のリズム隊に、サンタナの弾く魂のそして、わけの分からない

奔放なフレーズが絡んでいく様に、思わず引き込まれ、

我を忘れてしまう演奏です。

そして、最大の見せ場は、カルロス・サンタナではないのです…これが、

ラスト1分、ティンパレス奏者が全てを持っていってしまう

映像でもあります。思わずあまりの驚愕のプレイに笑ってしまうかも。

完全に何かが下りてきて、取り憑かれてしまっているようにしか見えません。

ということで、サンタナ、1970年発表の傑作として名高いセカンドアルバム

天の守護神」に収録された、「ブラック・マジック・ウーマン」です。



Carlos Santana - Black Magic Woman

↓ライブバージョンです、宜しければ、
iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。