カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「アズテック・カメラ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ギターポップな冬、渋谷系

冬っぽい音楽、冬にかこつけた音楽を何曲か、

ということで、お送りしていくブログ★ラヂオ、

本日はアズテック・カメラで、「ウォーク・アウト・トゥ・ウィンター」です。

アズテック・カメラは、ココでは、めでたく2回目の登場ということになります。

前回の記事を見てみると・・・これがどうやら夏真っ盛りの時期に

取り上げてます・・・ん~、すっかり忘れてましたが、今じゃ冬真っ盛り、

時の経つ早さを改めて実感です。

前回の記事は「思い出のサニー・ビート」(こちらも名曲、前回の記事ですが

リンクが張られているので、クリックでどうぞ)、ネオアコ(ネオ・アコースティック)

とか、ギターポップといったジャンルの草分け的なバンドで、日本でも、

渋谷系、フリッパーズ・ギターなどに、多大な影響を与えた、なんてことが、

書かれてます。もちろん、このバンドについては、その辺はハズせないところでしょう。

今回の「ウォーク・アウト・トゥ・ウィンター」の方が、よりフリッパーズ・ギター

を想起させるかもしれません。

そういえば、余談になりますが、小沢健二の叔父さんで、世界的な指揮者の

小澤征爾さんが、癌治療に専念するため一時活動を停止されるというのを

ニュースでみました。

幸い早期発見ということらしく、完治され、また復帰されることを願いたいと思います。

で、この曲「ウォーク・アウト・トゥ・ウィンター」は、

「思い出のサニー・ビート」同様、1983年発表のこれはもう名盤といって良いでしょう

ハイ・ランド、ハード・レイン」に収められています。

いかにも彼等らしいポップで、爽やかなナンバーということになります。

この曲のどの辺が、冬なのか、と言われるとちょっと苦しいですが、

要は、題名にウィンターが入ってるからそれでいいじゃんって片づけて

しまいたいところですが、調べてみると、ちゃんと訳詞がみつかりました。

どうやら、厳しい冬に向かって歩いていこう、道は険しくともチャンスは

きっと雪の中に埋まっているという、現状打破、厳しさに立ち向かっていこうという

決意表明のような内容です。その辺を思い詰めるでもなく、このような

ポップな曲でサラっとやってしまうところが、このバンドのオシャレな

感覚ってところなのではないでしょうか。

(その辺はコチラ←クリックで訳詞とともに素晴らしい内容と文章で

書かれてます。ブログって凄いって思ったし、世の中にはしっかりとした

素晴らしいブロガーさんがいるもんですね・・・もちろんココを訪れてくださる

皆さんも素晴らしい方ばかりですが)

私、結構散歩が好きだったりするんですが、冬の散歩の歌だとばかり思ってました(笑)

まあ、冬の散歩もそれなりに決意が必要だったりするのですけどね。

寒さに耐えた散歩の後というのは、ちょっとした達成感があったりするものです^^

ということで、アズテック・カメラで、「ウォーク・アウト・トゥ・ウィンター」です。



↓こちらはライブ映像



Aztec Camera - Walk out to Winter

Aztec Camera - High Land, Hard Rain - Walk Out to Winter




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ネオアコ、そして、シブヤ系

いや~、もう夏ですね。サマーですね。

一気に梅雨が明けてしまい、すっかり夏らしい陽気になってるんですけど、

こちらは。日差しは焼け付くようだし、35℃は普通に超えてるでしょう、

メチャメチャ熱いです。ということで、まだ今週くらいは、

蒸し蒸しした気候が続くかなと思い、一陣の風、

爽やかなブリティッシュ・ポップ・オシャレ・サウンドといった特集で、

ムシムシ、ジメジメからの一時の解放をと目論んでみたのですが、

すっかり当てのはずれた感じになってますね。

これだけ熱いと爽やかって感じのサウンドでは、何か弱く思えてしまいます。

もっと夏っぽいところをいってみたいのですが、やはり、それは来週以降

ということにいたしましょう。

せっかくはじめた事でもあり、今週のコンセプト、貫かせて頂きたいと思います。

ということで、本日はアズテック・カメラというところで。

ネオアコ(ネオ・アコースティック)とか、ギターポップっていうんですか、

その代表的なバンドです。実質的にはロディ・フレイムのソロ・ユニットと

いうことになりますか。1980年に結成され95年には解散ということになってます。

日本だと、渋谷系、フリッパーズ・ギターなどに多大な影響を与えてるようです。

私もこのバンド初めて聴いた時、あれ、アズテック・カメラ?って思いました。

(「カメラ! カメラ! カメラ!」←懐かしいと思った人は、クリックでどうぞ)

アップの曲は1983年発表のアルバム「ハイ・ランド、ハード・レイン」に

収録されている、「思い出のサニー・ビート」です。

ん~、こりゃまた爽やかですね。そして、天候は夏真っ盛り、

やっぱ何か違うような…(笑)



Aztec Camera - Oblivious

やっぱスタジオ版の方が気持いいかな…↓でどうぞ。



iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。