カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「高中正義 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

J・サマー・オーシャン・イメージ

今週初めの月曜は「海の日」だったということで、

単純に海にちなんだ音楽を何曲かという企画の今週ではありましたが、

まぁ、いろいろアリの、たった2曲で終了かよ、ってことにも

なるんですけどね^^、本日登場、高中正義の、1982年に発表された

ライヴ・アルバム「オーシャン・ブリーズ」に収録されている

「メドレー」で、一応今回のこの企画は締めにさせて頂こう

といった感じです^^

アルバム・タイトルが「オーシャン・ブリーズ」で、海にちなんでいる

ってことになる分けですが、日本の夏&海と言えば、やはり高中なんていう

イメージも私達世代には結構強かったりするものです。

このアルバム「オーシャン・ブリーズ」は1980年代初頭、高中正義が

ノリに乗っている頃に敢行された「Power Play」と銘打った

ライヴ・ツアーの模様が収録されたもので、その1曲目に収められている

「メドレー」は、ギタリスト高中正義がソロとして活躍するようになった

初期の代表曲が、メドレー形式で演奏されているものです。

それはそれは、キッチリとしたアレンジで、メロディアスで

分かりやすい明快なフレーズが次から次へと演奏されていきます。

いかにも高中らしいって言うんですか、通常のギタリストであれば、

アドリブ・ソロの一つも混じえて盛り上げたりもするんでしょうけど、

この人の場合、ひたすら計算された美味しいフレーズだけを積み上げて

曲を構成していくことになります。

まぁ、曲のテーマ部分をつなげたメドレー形式だから

そういうことにもなるんでしょうけど、これぞまさに、

高中正義の真骨頂といったところです。

別に、アドリブ・ソロが弾けないからとか、そういうことではなく、

高中正義がストイックに心地良さを追求し創り上げた独自のスタイル

ってことになるんだと思うし、これは、これで、素晴らしい

のではないでしょうかね。とにかく、夏のお楽しみといった演奏です^^

元BOOWYの布袋寅泰というギタリストがいますが、やはりこのタイプ

なんじゃないかなぁと、テレビでたまに見かけると思ったりします。

ちなみに、「メドレー」の演目は、BELEZA PULA~トーキョーレギー~

I REMEMBER YOU~RADIO RIO~TAJ MAHAL~SUMMER BREEZE~

伊豆甘夏納豆売り~SEXY DANCE~憧れのセーシェル諸島~

スイート・アグネス~EXPLOSION~OH! TENGO SUERTE~

MAMBO NO.5~M5~AQUARELA DO BRAZIL(BRAZIL)です。

YouTubeより貼らせていただいた映像は、まぁ、この映像を発見したから

今回のアップということにもなるんですけどね、そこでの説明文を

見ると、2003年に80年代当時のものを再現した演奏ということになります。

前半、ギターのピッチ、ちょっと甘目かなぁという気もするんですけど・・・

まぁ、気のせいでしょう(後半は直ってるし^^)、ってことで、

高中正義、アルバム「オーシャン・ブリーズ」から、「メドレー」です。



高中正義 - Medley

メドレー - Ocean Breeze ← アルバムのみの収録になります。




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメツキバッタ

いつもは、ポップな感じのところを取り上げることの多い

ブログ★ラヂオではありますが、今週は目先を変えて、

フュージョン、の中でもギター的なサウンドを中心に

何曲か選ばせて頂いてるわけですが、今日はさらに目先をかえて、

日本発というころでいってみたいと思います。

フュージョンといえば、やはり日本で人気の高かった音楽なのだと

思います。かつて、80年代ですか、ブームであった

その当時の人気は、この種の音楽にしては異常なものがありました。

知的、大人、玄人、職人っぽいのがカッコ良く見えたのかなあ、

どちらかと言えば真面目な人達の喰いつきが良かったように思います。

真面目な人達にも夢を与えた音楽、今にして思えばそんな気がします。

ロックやダンス・ミュージックのような肉体派、肉食系でなくても

技巧的なところでも充分に人を酔わせることができる、

それも知的にセンス良く(?)といった感じを抱かせたのかもしれません。

で、そんなブームを日本に起こした火付け役の一人と言っていいでしょう、

高中正義なんですけどね。

うへ~、懐かしい、しかも恥ずかしぃ~、そんな感じの映像です。

決して悪い意味ではなく、これだけメジャーでポップだったということで、

日本の歌謡曲感覚で観て頂くのが宜しいかと思います。

以前、友人がコメツキバッタのようだ、と言ったのをこの人を見るたびに

思いだし、訳もなく笑ってしまうのですが、長年疑問だった

コメツキバッタの正体をようやく今回判明させることができました。

コチラ←クリックで見れますが、まあ似てなくもないかといった感じですけどね。

とにかく、コメツキバッタという響きが、いまだに何かツボです。

それでは、高中正義で「ブルー・ラグーン」です。



高中正義 - BLUE LAGOON

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。