カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「リー・リトナー 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

もうすぐ連休ってことで、ドライヴィング・フュージョン

さて、光陰矢のごとし、4月も最終週、週末には、

ゴールデン・ウィークを迎えるという、とんでもない

スピードで、時が過ぎ去っていく感慨を持たざるを得ない私、

ではありますが、いかがお過ごしでしょう。

ということで、ゴールデン・ウィーク、車でお出かけなんて方も

多いかと思います。まぁ、渋滞は必至でしょうが・・・

そんな、ドライヴのお供、快適なドライブ空間を演出みたいな感じで、

BGMに良し、さらには、ちゃんと耳を傾けた鑑賞にも堪えうる、

ジャズ、フュージョンといったところで、しばらくは、音楽を

連ねてまいりたいと思います。

本日は、リー・リトナーで、「シュガーローフ・エクスプレス」です。

こりゃ懐かしい、っていうか、フュージョンという言葉が

世の中で使われ出した時には、すでにあった曲のように思います。

ソロアルバムとして出した1978年発表のリトナーの代表作、

キャプテンズ・ジャーニー」に収録されていますし、

その前、ジェントルソウツ(・・・懐かし)というグループでやってたときの

同名の「Sugar Loaf Express」というアルバムにも収められていました。

映像では、冒頭で、この曲を世に出した時、オレは12歳で、ドラムの

ハーヴィー・メイソンは13歳、パーカッションのアレックス・アクーニャ

は14歳などとぶっこいてますが、Wikipedia調べでは、リトナーは

その時25歳ということです。キーボードのデイヴ・グルーシンは、

フォーティ・ファイヴって言ってるのかな?

(まぁ、笑うところです・・・超ウケて欲しいなぁ・・・、笑ってね^^)

その他のメンバーは、太っちょのベースが、アンソニー・ジャクソン、

そして、もう一人のキーボードが実にタイムリー、先週ココで登場

したパトリース・ラッシェン、その時は、シンガーとしてでしたが、

今回はキーボード奏者と、才覚者っぷりを見せつけてくれてます。

いずれもロサンゼルスのスタジオ系ミュージシャンとしての

一流どころということになると思います。

ということで、リー・リトナー、ウキウキな連休のドライブには

もってこい、隠れた名曲ってことで、

「シュガーローフ・エクスプレス」です。



Lee Ritenour - Sugarloaf Express

Lee Ritenour - The Captain's Journey - Sugarloaf Express




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

杏里が嫁じゃなかったんだ?

今日は七夕、なんとなくロマンチックな日、

短冊に願い事を書いたり、織り姫と彦星が年に一度出会う日。

そして、当ブログ★ラヂオといたしましても、

今週は、フュージョン・ギター・サウンドということで、

達人達の奏でるギターの音色に、夢を乗せてまいろうかと、

意味解りませんが、思っています。

で、昨日はラリー・カールトン、フュージョン・ギタリストの第一人者

ではありますが、となれば、もう一方の雄を上げないわけにはいかない

ということで、今日は、リー・リトナーです。

ギター上手いです。ラリー・カールトンのように、ギターに

感情をひたすら移入していこうというタイプではなく、

綺麗に正確に弾くことを優先させるタイプです。

教科書通りのお手本、マシンのようとでも申しましょうか、

決して羽目を外すこともなく、安定していて、正確無比です。

といって、テクニックをひけらかすわけでもなく、

どちらかといえば、クールで淡々とした語り口です。

それじゃ詰まらない、という批判、間違ってはいないと思いますが、

でも、よく聴けば、しっかりと感情が込められているのも解るし、

よく聴かなくても、クールで淡々とした感じが、

むしろ心地の良い極上のBGMとなりうるのが最大の特徴

と言えるのではないでしょうか。大人な感じです。

アップのビデオもリー・リトナー、バッチリとカッコイイ演奏を

決めてますが、でも、ガンガンと前に出るというわけでもなく、

ヘタをすれば、ベースのソロに、エイブラハム・ラボリエルだと思いますが、

美味しいところを持ってかれてしまっているようにも見えてしまいます。

そんな、まあ職人気質とでもいいましょうか、リー・リトナーも

「キャッツ・アイ」や「オリビアを聴きながら」の杏里と一時は結婚と

いうことで日本の芸能的なところでも話題になりました。

でも、婚約だけで結婚してなかったんですね、

そして、去年には関係も解消してたんですね、知らなかったです。

この記事を書くために、ちょっと調べるまでは。

そんなこ悲しい話題もこのロマンチックな七夕の日に交えつつ、

アルバム「イン・リオ」に収録さてます、

リー・リトナーで「リオ・ファンク」です。



Lee Ritenour - Rio Funk

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。