カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ヤング・ラスカルズ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

リゾート的ユル・サウンド

今週は、最近でも耳にする過去の懐かし曲、

みたいなのをテーマに選ばせてもらってますが、

昨日はラヴィン・スプーンフル、なんだかお金のない

学生が、ユルく音楽を奏でてるといった様相でしたが、

今日もユル系には違いないのですが、リゾート的な、

大人になり、それなりに余裕もできて、くつろいでる、

そんな感じの癒しとでもいいましょうか、

ヤング・ラスカルズで、「グルーヴィン」です。

フェリックス・キャバリエを中心に、その黒っぽいヴォーカルと

演奏で、日本でも山下達郎はじめ幾多のミュージシャンから敬愛を受ける

ブルー・アイド・ソウルなバンドです。

1967年発表の「グルーヴィン」は同名のアルバムに収録されていて、

彼等の作品の中では、一番有名な曲と言って良いのではないでしょうか。

多くのアーティストにもカバーされてます(コチラに詳しいです)

ヤング・ラスカルズ、オリジナルの演奏も素晴らしいですが、

この曲、さらにお洒落なアレンジを加えてもいくらでも応えてくれそう

という感じがします。

私が好きなのは↓のアルバムでの演奏です。



ボズ・スキャッグス、マイケル・マクドナルド、ドナルド・フェイゲン、

フィービー・スノーといった人達が一堂に会したライブ・アルバムです。

全編に渡ってお洒落な演奏が繰り広げられていますが、

それでいて楽しい感じも漂います。

「グルーヴィン」はさらに、現代的な高級リゾート風になってますね。

ヴォーカルはヤング・ラスカルズの

エディ・ブリガティとデヴィッド兄弟がとってます。

ということで、今年の夏期休養は余裕のある人は実際のリゾート地で、

そうでない人もそれなりにお家で、

この曲でおくつろぎになってはいかがでしょう、

ヤング・ラスカルズで「グルーヴィン」です。


映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

The Young Rascals - Groovin

iTunes ダウンロード icon




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。