カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「オーティス・レディング 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

浮遊する悲しさ、秋の長閑

明日からは3連休という人も多いと思われ、

穏やかで気持ちの良い秋の陽気に誘われ、実りの秋を

実感しに田舎に出かけてみては、または、出かける

とまではいかなくても、そんな雰囲気を醸し出してみよう

といったところで、今週は、田舎風長閑なサウンドといった

音楽をピックアップしてお送りしてきました。

つっても、台風が接近中らしく、この連休、天気の方は

怪しいみたいですね~・・・

って感じではあるんですけど、本日も田舎風長閑サウンド、

行ってみたいと思います。オーティス・レディング

(Otis Redding)の登場で、「ファ・ファ・ファ

(Fa-Fa-Fa-Fa-Fa (Sad Song))」のピックアップです。

リズム&ブルース(現在一般に使われるR&Bと区別する

ため、この言い方をしてます)のシンガーにあっては、

ソウル、ロックを問わず、その影響を受けてない人は

いないと言っていいくらい、一つの決定的な形を作り

上げた、偉大なアメリカのソウル・シンガー、

オーティス・レディングになりますけどね(詳しくは

コチラWikiを)、1967年、飛行機事故により26年の短い

生涯を閉じることとなってしまってますが、その前年、

オーティスの単独名義の作品としては実質最後となった

1966年発表の5枚目のアルバム「ソウル辞典

The Otis Redding Dictionary Of Soul : Complete & Unbelievable)」

に収録されているのがこの「ファ・ファ・ファ」です。

(アルバムについて詳しくはコチラのWikiを)

歌の内容は、原詞がコチラに掲載されてますが、

「私は悲しい歌を歌い続ける。そして、

心を震わせるメッセージを伝えたいのさ」って感じですかね。

で、まぁ、以下は私なりにこの曲について思うところ

なんですけど、ここで言う「ファ」とは、音階で言うところの

「ファ」なんじゃないかって気がするんですけど、

「ファ」の音、すなわち、4度の音ということになりますが、

その音には、宙に浮いてるような、何やら怪しい浮遊感みたい

なのを私は感じます。なので、この感じからこの歌を解釈すると、

どっちつかずの浮遊している状態は、何物にもとらわれない

自由で心地の良いものだけれども、でもそれは、決して長く

続くことはない状態であり、儚さも同時に感じるもので、

そこに、悲しみを覚えるっていう歌のように思うんですよね。

これは、超有名曲「ドッグ・オブ・ザ・ベイ」(過去にコチラ

でピックアップ)にも通じるオーティスの持つ一つの代表的

テーマなんじゃないかって気もします。(お~、発見だ、笑)

ということで、良い連休をお過ごし下さい、

オーティス・レディングで、「ファ・ファ・ファ」です。



Otis Redding - Fa-Fa-Fa-Fa-Fa (Sad Song)






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

大トリ・レディング♪

とうとう一年納めの日、ブログ★ラヂオの更新も

今年最後、今年一年お付き合いくださりありがとうございました。

なんとか更新し続けることが出来たのも

コメントを残してもらった方々、訪問してくださった方々の

お陰と心より感謝しています。

今年一年の思い出と言えば、夏が暑かったり、そして、

夏が暑かったり・・・、とまぁ、そんな感じですが、

さらなる温暖化が予想される来年も、ココ、ブログ★ラヂオは、

更新を続けていくのだろうなぁ、と思っています^^

取りあえず新年は、ほんのちょいとばかり休んでみようかな

とも思ってますが(多分、通常更新している日の一日くらい)、

また始めた折りにはよろしくお願いしますm(_ _)m

ということで、今年ラストの登場は、

オーティス・レディング、曲は、

「トライ・ア・リトル・テンダネス」です。

昨日、神がどうのこうのという記事を書いてますけど、

飛行機事故で亡くなれてしまったため、その活動期間は短かったものの、

ソウルに留まらず、ロック、ポピュラーシーンのあらゆる

ヴォーカリストに影響を与え、あっという間にこの世を去り、

まさに、神となった人なんだと思います。

それでは、改めまして、今年一年ありがとうございました♪

オーティス・レディング、1966年に発表された、

「トライ・ア・リトル・テンダネス」です。

来年も良いお年を!、ガッタ、ガッタ!



Otis Redding - Try A Little Tenderness

Try a Little Tenderness - Atlantic Gold - 100 Soul Classics



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

穏やかに向き合う孤独

さて、今日は土曜日、ブログ★ラヂオの特集も毎回土曜日に

最終回を迎えるという寸法にここのところずっとなっているわけで

今回の「海」特集も、今日で最終ということになります、やはり。

で、パターンとして、大御所をもってくることが多いのですが、

これもまた、やはり、ということでオーティス・レディング

曲は、もう言うのも嫌になるくらい、いわずと知れた名曲、

オーティスで海と言えば、「ドック・オブ・ザ・ベイ」

ってことになります。

でも、何故にこの曲が、これほどまでに皆に受け入れられたのか、

なんてことを今回考えてみました。

私が、この曲を聴いて真っ先に思うのは「孤独」です。

仕事もなく、何もすることもなく、一人港にたたずむ男の歌です。

(訳詞はコチラ←クリックでどうぞ)

渋い…いや、ホームレスか…

とにかく、孤独といった感じがひしひしと伝わってくるのですが、

これが、不思議と悲惨、悲痛というところにはつながっていかないのです。

穏やかな孤独とでも申しましょうか、

誰しもが、心の中に持つ感覚、でも、直視はするのはまっぴら御免

といった孤独と穏やかに向き合ってる感じがするのです。

人として生きている以上、それは仕方のないことなのだよ、

と優しく諭してる感じ、といったらいいのでしょうか、

ソウルフルに、ディープに、そして、

オーティスならではの温かみのある歌声、

そういった感じに、皆癒されるって事なのではないでしょうか。

それでは、オーティス・レディング…実はこの曲の収録完成

3日後に御歳26歳、航空事故でお亡くなりになってます、

当然発売は没後いうことになってますが、

1968年、ビルボードでも1位を獲得してます…

「ドック・オブ・ザ・ベイ」です。



Otis Redding - Sitting On The Dock Of the bay






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サザン・ソウルと言えば、的大御所

昨日はマイケル・ジャクソンの悲しみと驚きのニュースに

急遽、予定変更ということになりましたが、

今週続けてきたサザン・ソウルは続行中ということで、

まいりたいと思います。

そして、今日で取りあえずは締めということにもなりますが、

やはり、この人にはどうしても登場して頂かなくてはならない

ということで、オーティス・レディングです。

今特集、その存在を至るところでちらつかせていた

ブルース・ブラザーズのテーマでもある、

「アイ・キャント・ターン・ユー・ルーズ」を

本日の一曲といたします。

昨日書いたんですけど、どちらかというと閉じられた世界観

一人で完結してしまっているマイケルとは違い、

あらゆる、アーティスト、ヴォーカリストに影響を

少なからず与えていて、時を超え、空間を超え

どこまでも、拡がっていってる感じですね。

一昔前であれば、一聴してモロにその影響下にあるのだろうなと思える

ヴォーカリストはゴロゴロと居りました。

それは、それは、偉大な人、

ビートルズやスティーヴィー・ワンダーやジミヘンに匹敵する、

いや彼等でさえその影響下にあるように思える、もの凄い人ですね。

残念ながら飛行機事故で若くしてお亡くなりになってます。

独特のリズムセンスでバンドの生み出すビートをさらに強調し

攻撃的にたたみ込んでくるような熱い唱方は圧巻ですが、

ふくよかで、奥深い歌声で優しさのようなものもたたえていて、

スムーズに聴けてしまうという感じが特徴となりますか。

それでは、オーティス・レディングで

「アイ・キャント・ターン・ユー・ルーズ」です、ガッタ、ガッタ!

…って言ってないなあ、このビデオ?



Otis Redding - I Can't Turn You Loose

iTunes ダウンロード icon



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。