カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ウィルソン・ピケット 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

デリカシー、あった方がいいかな

今週は、サザン・ソウルということで、そこにカテゴライズ

されるミュージシャン、音楽をピック・アップしてますが、

代表格のこの人に登場願わないわけにはいかないということで、

ウィルソン・ピケットが本日の登場となります。

野性的なんて言葉で表現されることが多いのですが、

ハスキーで野太い、もの凄い声の持ち主ですね。

アップのビデオもそんな声でシャウトしまくりです。

パワフルに押しまくってます。が、私思うのですけど、

ちょっとデリカシーに欠けるんじゃないかなあ、と。

ウィルソン・ピケットは、もちろん偉大な歌手とされてますが、

例えば、ジェームス・ブラウンにしても、多分この特集で登場

することになる、オーティス・レディング、昨日のサム・ムーア

といった偉大なシンガー達には皆どこかデリケート、

繊細なものを感じる部分があるのですよね。

それが、この人には、全くないと言っていいくらいです。

そこが、逆に他の人にはない図太さ、

天から授かった身体的な優位性を存分に発揮する、

というウィルソン・ピケットの特徴になってると言えば

なってるような気はします。

ただ、それだけだと退屈になってしまうというか…

なんてことを今回この人をピック・アップするにあたり、

いろいろなビデオを見て回った感想なんですけど、

この「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」にしても、

サービス精神満点でシャウトしまくりで熱さは伝わってくるにしても、

初めて聴く人には、実際どんな曲だか

分かってもらえないのでは、という懸念もあります。

スタジオ録音のものは、聴かせどころのある勢いだけじゃない

メリハリもあって良い曲なんですけどね。

コチラ←クリックで聴くことができます)

ま、このビデオ選んでおいてそんなこと言うのもどうかと思いますが、

ウィルソン・ピケットらしい豪快さは充分楽しんで頂けるのでは

と思います。これもサザン・ソウルを代表する一曲ですね、

「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」です。



Wilson Pickett - In the Midnight Hour

iTunes ダウンロード icon




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。