カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「サム&デイヴ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

伊藤銀次さんも絶賛、秀逸のギタープレイ

さて、昨日よりサザンソウル、メンフィス辺りのソウルミュージックを

そう呼ぶみたいですが、その中から何曲かということでやってますけど、

それにしても、今日は暑かったですね。夏本番も間近といった感じです。

暑い日に食べるカレーは美味しい、暑い日に聴くサザンソウルもこれもまた

良し…その後のクール・ダウンも期待しつつ、

熱く濃いめのやつを聴いて頂こうかと思いますが、

本日はサム&デイヴで「ソウル・マン」です。

高音部担当のサム・ムーアと低音部のデヴィッド・プラターからなる

多数のアーティストからリスペクトを受ける男性デュオの

文句なく楽しい曲です。

ブルース・ブラザーズでも有名ですね。

コチラで、これも楽しくなるビデオが観れます)

コチラ←クリックであの伊藤銀次さんも申している通り、

私もかねてよりこの曲のイントロは凄い、ポップス史上最高のイントロの一つ

と思っていまたが、今回この記事を書くにあたり、この伊藤銀次さんの

記事を発見して確信に至ったところです。

ちなみに、伊藤銀次とは山下達郎とその昔シュガー・ベイブという

バンドをやっていて、そこで演奏されている、

あの名曲「ダウン・タウン」の作者です。

(スミマセン、伊東銀次さんの記事はリンク切れになってます。

2012/6/24追記)

と、そんな小ネタも挟みつつ、やはりこの実に印象的なイントロを

演奏しているのは昨日も申した通りブッカー・T&The MG'sということになり、

この素晴らしいギターを弾いているのはスティーヴ・クロッパー

ということになります。

でも…残念なのは本日アップのビデオではその重要なイントロ部が

カットされています。(なんてことだ!)

ただ、他の部分のパフォーマンスが、

これが一番いいように思えたので選んでみたのですけどね。

なので、イントロだけでも良いので、見終わった後にでもコチラで確認して

いただければ宜しいかと思います。

それでは、サム&デイヴで「ソウル・マン」です。



映像は削除されてしまいましたので、↓ を。

こちらは、イントロから聴けます(完全ではないですが^^)。



Sam & Dave - Soul Man

iTunes ダウンロード icon




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。