カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「BBキング&エリック・クラプトン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ブラッキー with ルシール

大型の連休も終わり、またレギュラーな日々に戻った

という週の幕開けになりますが、昨日は竜巻の襲来を

受けた地方があったりとか、今回の連休は全般的に天候の方は

あまりパっとしなかったと思っていたら、今日はいきなりの超快晴、

気持ちの良い爽やかな陽気って感じの皮肉な月曜になってます。

そんな連休明けの本日もブログ★ラヂオ、更新をつづけていこうと

思うんですけど、今週は、もう過ぎてしまいましたが、先日の

端午の節句といったところ、3月の桃の節句が女子の節句というのに対し、

この端午の節句は、男の節句ってことにもなる分けで、その辺に

因んで、男のサウンド、題して「メンズ・サウンド」と称し、

また今年も、そう、ここ何年か毎年やってる恒例モノなんですけど、

音楽をチョイスみたいなことで行ってみたいと思ってます。

で、本日のメンズ・サウンドは、エリック・クラプトン

(Eric Clapton)とB.B.キング(B.B.King)のコラボ作

「ライディング・ウィズ・ザ・キング(Riding with the King)」

です。

2000年発表の同名のアルバムに収録されたタイトル曲、

オリジナルは、ジョン・ハイアット(John Hiatt)で、その

カバーになります。

クラプトンというと、メンズ・サウンドということで言えば、

繊細な面もあったり、女性的な部分も持ち合わせているようで

あまりそぐわないってことでもあるんですけど、

さすがにB.B.キングとのコラボとなると、貼らせて頂いた

PVでも見受けられる通りのドヤ顔炸裂、男らしく誇らしげに

なってしまうということで選んでみました。

キャデラックのオープンカーの後部座席にキングを乗せて

運転してますけどね、そりゃご満悦ってところだと思います。

B.B.キングは、もちろん、1950年代から活躍を続けるブルース界の

大御所、まさにキングの中のキングです。

(詳しくは、コチラWikiを。因みにクラプトンについて詳しくは

コチラをどうぞ)

ただ、この曲が収録されている「Riding with the King」という

アルバム、単にスター同士が顔を合わせただけが売りといった

ジャムセッション風の作品かというと、そうではなく、

リラックスした雰囲気ながらもお互いの力を十分に出し合って

作られた聴き応えのある作品ってことにもなってます。

(以前ココではこのアルバムから「Come Rain or Come Shine」を

ピックアップしてます。これも良い演奏なので、コチラで聴いて

もらえると嬉しいです)

ということで、最後、ブラッキーとルシール(お互いの

ギターの愛称)が立て掛けられたラストシーンが私的には印象に

残ってしまったPV、エリック・クラプトン&B.B.キングで、

「ライディング・ウィズ・ザ・キング」です。

PS.この記事でアクセス6万件突破となれば、実に相応しい

選曲だと思いますがどうなりますやら・・・(笑)



B.B. King & Eric Clapton - Riding With The King






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ビッグなコラボ

雨のシーズンということで、今週は一週間、雨にちなんだレイン・ソング特集

ということでやってまいりました。

なかなか、ビッグネームのオンパレードということになり、

振り返ってみると豪華な顔ぶれになってますね。

で、本日も負けず劣らず、ある意味超ビッグな人達で、

締めくくりさせて頂きたいと思います。

B.B.キングエリック・クラプトンとのコラボですね。

「カム・レイン・オア・カム・シャイン」です。

邦題は「降っても晴れても」で、ジャズのスタンダードナンバーです。

(詳しくはコチラ、覗いてみると宜しいかと思います、訳詞もあります)

クラプトンも最近は自身のオリジナルアルバムに精を出すというよりも、

何か一区切りがついたかのようで、こういった企画モノ、例えば、J.J.ケイル

だとか、クリームの再結成だとか、スティーヴ・ウィンウッドとの共演だとか、

そんな感じで音楽を楽しむというところにシフトしているような気がします。

にしてもです、このブルース界の顔、ドン的存在のB.B.キングとの

コラボ、「ライディン・ウィズ・ザ・キング」

というアルバムなんですけど、良いですね。



ドンというかキングを前にクラプトンもリラックスというよりは

結構気合いの入った演奏をしています。

B.B.キングもそれに刺激受けたのか、ハツラツとしている感じを受けます。

ここ数年来のお気に入りです。発表は2000年ということになりますか。

それでは、その中から、ま、こちらはリラックスしたフレンドリーな演奏

になってます、「カム・レイン・オア・カム・シャイン」です。



B.B King / Eric Clapton - Come Rain or Come Shine

iTunes ダウンロード icon


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。