カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「レッド・ツェッペリン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

梅雨時に飛来する飛行船

今日は、まさにこの時期らしい雨の降る一日、うっとうしい

ジメジメ感にまとわりつかれながらのブログの更新になりますが、

今週は、一年の半分が終わるということもあり、ハード/メタルな

サウンドで、華々しい花火を打ち上げ、今年後半に雪崩れ込もうと

いう算段と、このジメジメな感じを吹き飛ばす音楽でお送りしている

ブログ★ラヂオになります。

本日は、レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin、以下ツェッペリン)

の登場で、曲は、「アキレス最後の戦い(Achilles Last Stand)」

をピックアップして参ります。

本人気付いていませんでしたが、過去の記事を見たら(コチラ下方)

ほとんど、この梅雨の時期にツェッペリンは登場してくることが

多いようで、恒例みたいなことにもなってますが、こんな凄いバンド、

もっと取り上げればいいと思うんですけどね~、流れ上

なかなかそういうことにはならないみたいです^^

1976年発表のアルバム「プレゼンスPresence)」の冒頭に収録

された一曲で、もうコレ聴いただけでお腹一杯になるような、

10分を越す長い演奏を全速力で疾走し続けるけるといった曲で、

聴き終えると疲弊感すら漂いますが、このアルバムは、さらに、

このままのテンションのいずれ劣らぬ曲が最後まで並ぶという、

ツェッペリン後期の一つの到達点、傑作アルバムになります。

(その辺の傑作ぶりは、過去にコチラの記事でもちょこっと触れて

ます。「プレゼンス」につては詳しくはコチラのWikiを、

レッド・ツェッペリンについて詳しくはコチラをどうぞ)

「アキレス最後の戦い」、何か大仰なタイトルなんですけどね、

曲調はまさにそんなイメージですが、コチラWikiを参照

すると、ヴォーカルのロバート・プラントが、「プレゼンス」

制作前に交通事故に遭い重症を負っていて、そこから復帰しての

レコーディングになるのですけど、レコーディング中、

曲の出来の良さに興奮したプラントが、スタジオをみだりに

動き回り転倒してしまい、事故で負っていたかかとの傷が開いて

しまったことに由来するとのこと、すなわち、アキレス腱のこと

らしく、ギリシャ神話のアキレスとは直接の関係はないようです。

(初めて知りました(笑)、原詞対訳はコチラのサイト様で

掲載されてます。曖昧な断片的なイメージが次々に書き殴られて

いるといった印象の詞で、説明的な部分は一切排除され、結論だけ

が書かれてるといったもの、そこに一貫した意味を見つけようと

すると難解で、トータルなイメージとして捉えるものなんだと

思いますけどね、強いて言えば、希望と不安に満ちた新たな旅立ち

といった感じが歌われているように思えます)

思い起こせば、1976年、私的には、ビートルズとは違うロックと

いうことで、いろいろ興味を持ち始めていた頃で、

この「プレゼンス」は、リアルタイムで聴くことができたのです

けどね、それまで聴いたことのない凄まじい音に、ぶったまげたのを

今でも鮮明に覚えてます。ただ、この年は、セックス・ピストルズも

デビューしていて、パンク、ニューウェイヴの勃興なんてことも

あり、ロックはまた違う局面を向かえることにもなっていて、

状況的には、結構ややこしい時代だったりもします。

ということで、貼らせて頂いたライヴ映像も結構な迫力なんですが、

やっぱ、ジョン・ボーナムのドラムは凄いってことにもなります

かね~、鬼気迫る鬼神のビートを叩き付けるリード・ドラマー

ってな感じですが、もちろん、ギターはジミー・ペイジの

レッド・ツェッペリンで「アキレス最後の戦い」です。



Led Zeppelin - Achilles Last Stand

← アルバムのみの販売になります



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

大人のハードロックなブルース(憂鬱)

今週は、梅雨の時期、抗うことなく家でじっくり憂鬱な気分に

浸るのもまた癒しということで、そういった雰囲気に合いそうな

音楽を選んでお送りする予定でしたが、見事に目論みを外した

ほとんど晴れといった毎日になってます。

むむ~、ってことで、本日はこうなりゃヤケといったところ、

ハードロック界の王者として、いつの時代にも君臨する

レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)の登場です。

とは言っても、まぁ、憂鬱な路線であることには違いない

そのブルース・ナンバー、「Since I've Been Loving You」

邦題が「貴方を愛しつづけて」をピックアップしてまいります。

1970年発表のサードアルバムその名もそのままな、

レッド・ツェッペリン III」に収録の一曲です。

ある意味ツェッペリンの代表曲と言ってもいい、スローブルースの傑作、

いやが上にも盛り上がってしまう分けで、憂鬱とは言いつつも

聴き終えた後には、スッキリとした清涼感すら漂う感じに

なってしまうものかとも思います。

YouTubeより貼らせて頂いた映像は、ツェッペリン解散後に、

主メンバーであった、ヴォーカルのロバート・プラントとギターの

ジミー・ペイジが一時やっていたプロジェクトのもので、1994年に

撮られたライヴの模様になります。

なので、全盛期の時のものではないということで、コアなファンじゃないと

そんなには見てないんじゃないかと思われ、新鮮な感じで、面白く

見てもらえるのではと思ってます。

ただ、ツェッペリンのもう一つの聴きどころとなるジョン・ボーナムの

ハードなドラミングということで言えば、亡くなられてしまわれた後に

なりますから、当然参加はしていなくて残念ではありますが、

ロバート・プラントのヴォーカルは冴えてますし、なんと言っても

小編成オーケストラの生のストリングスが実にいい感じです。

ジミー・ペイジのギターも全盛時のものよりは、軽めのサウンドといった

印象ではあるんですけど、枯れた感じって言うんでしょうか、

私はそれが渋さに繋がってるようでカッコいいと思いました、

この模様に近いもの(多分ズバリこれと同じ演奏だと思うんですけど)は、

アルバム「No Quarter: Jimmy Page & Robert Plant Unledded」に

収録されています。

ということで、これは大人のハードロックということにもなるかと

思います、メランコリック感ではモアベターなレッド・ツェッペリン

(正確にはペイジ・プラント)で、「Since I've Been Loving You」です。



Jimmy Page & Robert Plant - Since I've Been Loving You

← スタジオ録音のバージョン

← ライヴバージョン



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

「秋祭り」開催、祝いのZEP

先週は、物思いに耽る秋というイメージで、

割とおとなし目、落ち着きはらったブログ★ラヂオを装う

音楽のチョイスでお送りしたということになっていて、

それならば、今週は、やはり、アゲアゲなテンションで行きたく

なるのも人情というものであろうということで、

秋といえば、豊年満作「秋祭り」を開催して、実りの、そして、

収穫の秋を大いに、アゲアゲな音楽で祝いたいと思っています。

で、いきなりの登場が、レッド・ツェッペリン

曲は「祭典の日」(Celebration Day)という、

持って来いな一曲でお送りしてみたいと思います。

割とおとなし目なアコースティックなナンバーが並ぶ、1970年

発表のアルバム、「レッド・ツェッペリンIII」の中にあって、

その中では数少ない、これぞツェッペリンという、ハードで、

ご機嫌な一曲ということになります。

ピックアップさせて頂いた映像は、1973年に行われた、

ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンのライヴの模様

を収録した、映画「レッド・ツェッペリン狂熱のライヴ」の

一場面で、音は、同じ物が1976年に、ツェッペリンとしては唯一、

公式発表されているライヴ盤「永遠の詩(狂熱のライヴ)

にも収められています。

やはり、ここでも、ジミー・ペイジのギター・リフは、

すこぶる冴えていて、カッコイイ、ソロもメロディアスで、

印象に残るものになってるし、ほとんど、インスト・ナンバー

としても、イケてしまうんじゃないかって感じではありますが、さらに、

そこへヴォーカルを乗っけるのも、至難の技なんだろうなぁと

思えてしまうところ、それでも、カッコ良くキメてしまう、

多分この人にしか出来ないって感じのロバート・プラントのヴォーカルも

見事という事になってます。というか、ドラムのジョン・ボーナム、

ベースのジョン・ポール・ジョーンズも含め、この四人が、

混然一体となることでしか、成しえないサウンドということになりましょう。

まるで、有機的に絡み合った音が爆発して、大輪の花火となり一気に突っ走る、

ということで、まさに、「祭典の日」、レッド・ツェッペリンの

炸裂でどうぞ。



Led Zeppelin - Celebration Day

Celebration




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ハードロックでありながらも小粋

実に梅雨時らしいムシムシっとした感じになってます。

そんな重たい空気を「ぶっ飛ばす」的な音楽で今週は進めて

いこうという企てで、本日は、レッド・ツェッペリン

「ワントン・ソング」のピック・アップでまいります。

まぁ、ビデオは1994年~98年頃にかけて、ツェッペリン解散後に

ボーカルのロバート・プラントとギターのジミー・ペイジが共に

活動していた時期のものなのですけどね。

月並みですけど、カッコいいってことになり、このバンドの

一つの特徴である、小粋、オシャレなんて感じも存分に漂わせています。

その辺が他のハード・ロック・バンドにはない、このバンド独特の

もの、にも関わらず、演奏はどこまでもハードという申し分のない

映像になってると思います。

なんてカッコいいオジサン達なんだ、ってことで、このジメジメムシムシの候、

私はかなりの勢いで「スカッ」とした気分にさせてもらいました。

ギター・ソロの音が一瞬ハズれて聴こえる・・・?

いやいや、ジミー・ペイジに限ってそんなことはないはず、

それは、あくまでも気のせいです。

演奏されている曲、「ワントン・ソング」は、1975年発表の多彩な楽曲が

パッケージされている2枚組傑作アルバム(ツェッペリンの場合、何れの

アルバムも傑作ですが)、「フィジカル・グラフィティ」に

収録されています。

ということで、ジミー・ペイジ、ロバート・プラントで、

「ワントン・ソング」です。



Plant & Page - The Wanton Song

Led Zeppelin - The Complete Led Zeppelin (Remastered) - The Wanton Song




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

料理の鉄人の代表的一品

さて、今週は「ギター・アイドル」、まあ私にとっての

ということなのですが、おそらくは、私も含め多くの人達にも

ミーハー的に愛されているであろうということで、

「ギター・アイドル」なんですけどね、「ギター・ヒーロー」

なんて言い方もありますが、なんとなく正義の味方みたいで、

私的にはあまり使いたくないなあ…といったころで、

今週は「ギター・アイドル」を何人かピックアップしてまいろう

という趣向でいってみたいと思います。

で、本日は、これも「出ました」って感じですが、

ジミー・ペイジです。昨日のエリック・クラプトンは、

自分が真にやりたい音楽をどのように表現していったら良いのか、

なかなか見定めることができず、いろいろグループを

渡り歩くことになってしまった、渡り鳥ギタリストと評して

みましたが、このジミー・ペイジはまったくの真逆ですね。

デビューこそスタジオ・ミュージシャンとしてのスタート、

そして、ヤードバーズとキャリアを積んでいくわけですが、

その後、結成された、ご存知、世界で最も成功したロックバンドの

一つ、レッド・ツェッペリンは、明確な彼のコンセプトの

もとに結成されたバンドです。なんせ結成された時点で、

アルバム4枚分のアイデアはすでにあったそうです。

で、本日の一曲は、その4枚目にあたるアルバム

レッド・ツェッペリンIV」から「天国への階段」です。

もちろんのこと、彼等の超代表曲ということになります。

と同時に、このアルバム、この曲を境に、前期、後期と

分けることができるターニングポイントにもなっています。

先にも書いた通り、当初からあったアルバム4枚分のアイデアが

煮込まれ沸点を向かえたのがこの曲ということになりましょう。

そこに到達するまでも、実に計算された形跡が読みとれ、

一枚目のアルバムは、とにかく熱く強火で、

二枚目は、若干ポップな要素も加味された中火、

三枚目は、新境地というか、これも元々考られてたことでしょう、

ジミー・ペイジの音楽的な土台となっているアコースティックな

トラディッショナル・フォーク的なところを押し出した弱火、

そして4枚目で、いよいよそれまでの全ての要素を詰め込み、

グツグツと煮立て沸点を向かえて一丁上がりといった様相になってます。

因みにそれ以降は、今度は様々な調味料を加えつつも、

煮詰めていく作業に入る分けです。で、アルバム「プレゼンス」

で、これまた、黒光りするほどの、若しくはダイヤモンドのごとく

輝きを放つ音の固形物といった様相の完成形を

作り上げることになります。

まさに、料理の鉄人、陳建一、いや、ジミー・ペイジ

といったところで、1971年発表、レッド・ツェッペリンで、

「天国への階段」です。


Led Zepplin - Stairway To Heaven

映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

Led Zeppelin - Stairway To Heaven

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。