カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ジャズ・フュージョン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

春を喜ぶジャズでオシャレ

春なのに~♪、残念ながら今週は寒い日が続いてしまっていて、

ここ何日かは太陽さえ顔を出すことがないっていう重苦しい

感じにもなってます。そんな最中の今週のブログ★ラヂオは、

すっかり当てが外れてしまってますけど、華やぐ春のオシャレ気分

といった様相で音楽をピックアップしてきました。

週末の天気は持ち直してくれることを願うばかりなんですけどね、

本日チョイスするのは、1955年発表の作品で、ハードバップ全盛期の

ジャズ・サウンド、何だかその時代のサウンドってだけで、私的には

オシャレって感じがしてしまうところなんですけど、その中でも

名高いトランペット奏者、クリフォード・ブラウン

(Clifford Brown)と、ドラムの名手、マックス・ローチ

(Max Roach)が中心となっていたクインテッドの演奏で、

「ジョイ・スプリング(Joy Spring)」です。

クリフォード・ブラウンの作による名曲で、幾多のアーティストが

カバーしてることから、スタンダードとも呼べそうなナンバーに

なります。もちろんタイトルも、そしてウキウキ感のある溌剌とした

演奏内容もこの時期に相応しいってことで選んでます。

アルバム「クリフォード・ブラウン=マックス・ローチ

Clifford Brown & Max Roach)」に収録されていて、

ジャケットもカッコいい、オシャレです。

クリフォード・ブラウンは交通事故により、25歳という若さで

早世されてるのですが、参照させて頂いたコチラのサイト様によると、

どうやらこの曲は、奥さんのために書かれた曲のようで、ブラウン夫人

自ら語られたほろっときてしまう話しが書かれてます。

さらには、後のアーティストからも多くのリスペクトを集める

クリフォード・ブラウン、コチラの過去記事ではその死を悼んで

書かれた名曲、リー・モーガンによる演奏で「I Remember Clifford」を

ピックアップしています。

(クリフォード・ブラウンについて詳しくはコチラのWikiを、

コチラのサイト様では、収録アルバムについて詳しく書かれて

ます)

ということで、良い週末を♪、クリフォード・ブラウン・アンド・

マックス・ローチで、「ジョイ・スプリング」です。



Clifford Brown & Max Roach - Joy Spring






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ほっと一息スタンダード

今日もまだ寒かったですかね~、でも、大分暖かさを

取り戻しつつあるようで、季節は確実に春へと向かっていると

実感する分けですが、今週のブログ★ラヂオは、そんな様子から、

冬から春へ、寒かった冬を乗り切った心と体にほっと一息、

リラックスな音楽をピックアップしてお送りして参りました。

本日チョイスする一曲は、ガーシュイン兄弟(作詞家である

兄のアイラと作曲家の弟ジョージ、詳しくはコチラを)の手による

名曲で、スタンダードになっている「Someone to Watch Over Me」、

邦題には、「誰かが私を見つめている」とか「やさしい伴侶を」と

付けられてます。

1926年公開のミュージカル「Oh, Kay!」で使われたのが初演となる

かなり古い曲なんですけどね~、数々のアーティストによって脈々と

歌い継がれ現在に至ってます。日本では、平原綾香、小野リサ、

ゴスペラーズ等もカバーしているようです。

(詳しくは、コチラのサイト様を、訳詞の掲載もされてます。

原詞は、コチラ

で、本日選んでみたのは、ビリー・ホリデイやサラ・ヴォーンと並び

称されるジャイアントな存在の女性ジャズシンガー、

エラ・フィッツジェラルド(Ella Fitzgerald、詳しくはコチラを)の

バージョンです。

エモーショナルでありながらも抑制の効いた穏やかな歌い振りが、

暖かな春心地にリラックスってのにはいい感じだと思います。

伴奏がピアノだけのデュオってのもまったりな安らぎ感ってことでは

効果的です。

ということで、穏やかな春心地にくつろぎの週末を♪、

エラ・フィッツジェラルドで、「Someone to Watch Over Me」です。

(あと、それから、YouTubeでエイミー・ワインハウスによるカバー

っていう気になるバージョンを見つけたんですけどね、エラの歌よりは

鋭角的で、くつろぎや安らぎってことではちょっと違うんですけど、

明らかにエラのバージョンと歌に影響を受けてると思いますし、

本当に若くして才能あるシンガーを亡くしてしまったんだなぁと

思いました。「続きを読む」以降でどうぞ)



Ella Fitzgerald - Someone To Watch Over Me






続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

疾走するテクニカル・ロック・インスト

2月も最後の週になり、もう寒い冬はコリゴリ、さっさと

お別れし終わりにしたいという思いから、今週は疾走感の

ある音楽のチョイスで、一気に春へとなだれ込むイメージで

お送りしています。

ってか、今日などはすでに本格的な春の訪れを感じる暖かな

一日でしたけどね、でも、まぁ、油断は禁物、さらにダメを押す

春へと疾走する音楽、続けて参ります。

本日チョイスするのは、グレッグ・マティソン・プロジェクト

(Greg Mathieson Project)の演奏で、「Bomp Me」です。

1981年にハリウッドのライヴハウス、ベイクドポテトで行われた

ライヴの模様になりますが、キーボードのグレッグ・マティソン

(ラリー・カールトン「Room 335」(コチラ過去記事)で

キーボードを弾いてた人)が率いたセッションバンドの演奏で、

ギターにスティーヴ・ルカサー、ドラムには、ジェフ・ポーカロ、

ベースは、ロバート”ポップス”ポップウェルが参加しています。

1982年に「The Baked Potato Super Live!」というアルバム

として発売され、そこに収録されている一曲です。

スティーヴ・ルカサー、ジェフ・ポーカロといったところは、

TOTO(コチラ)のメンバーとしてお馴染み、スタジオミュージシャン

としても超一流の人達で、ジェフ・ポーカロ(残念ながらすでに

お亡くなりになられてます)が素晴らしいのは、まぁ、いつもの

こととして、スティーヴ・ルカサーに関しては、私の知る限り、

彼の残している演奏の中では、ベストと言えるエモーショナルで

ドライヴ感に富んだ、彼ならではの才覚溢れるギターがアルバム

全般に渡り繰り広げられてます。

で、何と言っても注目すべきは、ベースの

ロバート”ポップス”ポップウェルと私的にはなりますけどね。

ともすれば、思い切りロックの方向へと振り切ってしまう

メンバーの中にあって、ファンキーな隠し味がこの人によって

もたらされていて、地味なんですけどね~、その辺が他とは違う

ロック・フュージョンのアルバムになっていて、このアルバムの

特に好きなところです。ただ、ピックアップの「Bomp Me」は、まさに

ロックな一曲で、ポップス・ポップウェルの演奏としては、ちょっと

意外って感じがあるんですけど、それでも、よくよく聴けば

そこかしこにファンクな隠し味的グルーヴがが光ってます。

元クルセイダーズのメンバーで、コチラの過去記事でもこの人の

カッコいいプレイを聴くことできます。

ということで、テクニカルなロック・インストゥルメンタル・ナンバー

の疾走、お聴き下さい、グレッグ・マティソン・プロジェクトで、

「Bomp Me」です。



Greg Mathieson Project - Bomp Me






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

大寒イメージの北欧の都市

「オシッコじゃなくて・・・」ってそれは「大〇ん」、というこで、

「大寒」の時期、寒いギャクで始めてみるシリーズもとうとう

ネタがなくなってシモに走ってますが、今週は、一年で一番寒いと

言われる「大寒」、真冬となっているこの時期に、冬を思わせる

音楽をピックアップしてお送りしてきました。

いやいや、ホント寒くて、今日はみぞれ混じりの雪になって

ますけどね~、寒さもピーク、後は、暖かくなるのを待つだけ

ってことなら良いのですが、本日チョイスの一曲は、人肌の

暖かなサウンドが魅力のジャズ、そんな寒い一日でも暖かな部屋

で心地良く響くサウンドで、名ベーシスト、ポール・チェンバース

(Paul Chambers)がリーダーとなるカルテットが1957年に残した

作品「ベース・オン・トップBass on Top)」の中から、

「ディア・オールド・ストックホルム(Dear Old Stockholm)」です。

ストックホルムというと、スウェーデンの首都になりますが、

北欧の都市、寒さの本場って感じがする分けでして、やはり、

イメージとしては「冬」っていうのが私の印象ということからの

選曲です。

元々はスウェーデンに古くから伝わる民謡で

「Ack Varmeland Du Skona

(アック・ヴァルメランド・デゥ・シェーナ)」という曲、1951年、

スウェーデンでのライヴツアー中、スタン・ゲッツが現地でその曲を

録音した演奏(コチラ)が、「ディア・オールド・ストックホルム」

と名付けられた最初のもので、これが知れ渡ることとなり、その後、

マイルス・デイヴィスがアレンジを加えて演奏してるんですけど

コチラ)、今回ピックアップのポール・チェンバースのバージョンも

そのアレンジを踏襲していて、節と節の間にオシャレなキメが入る

アレンジの演奏は、さすがの帝王、マイルスによって始められたものに

なるようです。

以降様々なアーティストによって演奏されるスタンダードと

なってます。(その辺の経緯はコチラのサイト様に詳しいです)

で、このポール・チェンバースのバージョン、何が良いかって、

上品な様子が良くてですね、湿っぽさに味がある曲でありながらも、

さらっと艶やかな演奏が上品っていう印象、でありつつ、

ダイナミックなジャズの醍醐味も感じられます。ポール・チェンバース

のベースの卒のない名手振りはもちろん良い分けですけど、ギターの

ケニー・バレル(Kenny Burrell)がかなり良くて、ブルージーな

演奏が売りの人なんですけどね、このセッションでは、結構ノリノリ

っていう感じがして、この人、こんなに速くギター弾いたっけ?っていう

フレーズも飛び出します。ピアノのハンク・ジョーンズ(Hank Jones)

は、ミスター上品っていうくらいの人で、ここでも期待にたがわぬ

プレイを聴かせてます。ドラムには、アート・テイラー(Art Taylor)が

加わっています。

ということで、ジャージーなくつろぎ、良い大寒の週末を♪

ポール・チェンバース・カルテットで、

「ディア・オールド・ストックホルム」です。



Paul Chambers Quartet - Dear Old Stockholm






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

R&B&ジャズのオシャレ・メランコリー

日本全国、強力な寒波の襲来で、12月に入ったとたん

あっという間に冬になってるようなんですけどね~、

まだ暖かかった週始め、今週は、まだ晩秋の面持ちの

音楽のピックアップでお送りしていこうと思っていた

ココ、ブログ★ラヂオ、すっかりマヌケなことになっている

分けですが、動じずにですね^^;、本日も晩秋テイスト、

メランコリックな曲のチョイスで行ってみます。

で、本日選んだのは、バックショット・ルフォンク

(Buckshot LeFonque)の「アナザー・デイ

(Another Day)」です。

まぁ、バックショット・ルフォンク、知る人は少ない

マニアックなところなんですけどね、ジャズ・サックス奏者

としては、著名なブランフォード・マルサリスを中心に

結成されたバンドと言うよりは、ユニット、プロジェクト

という形をとるアメリカのグループになります。

以前ココでは、「Music Evolution」という曲をコチラ

ピックアップさせてもらってますが、今回ピックアップの

「アナザー・デイ」も、1997年発表の同アルバム

ミュージック・エヴォリューショ

Music Evolution)」に収録されています。

以前にも書きましたが、私はこのアルバムが好きでして、

結構なオススメなんですけど、大まかに言えば、

ヒップ・ホップ・ジャズのアルバムになりますが、

R&Bやロック等、多種多彩な音楽が雑多に混ざり合って

いて、その混ざり具合が、センス良く、オシャレで

カッコいいといった一枚になります。

で、今回の「アナザー・デイ」は、これはもうズバリ

R&Bな一曲ってことになります。今回テーマのメランコリック

といった雰囲気は確かに醸し出しているんですけど、

一方では、オシャレでご機嫌って感じもあったりします。

って言うのも、ブランフォード・マルサリスの

ジャズ・フィーリング溢れるソプラノサックスの絡みが、

実にイカしてたり、リズムはヒップ・ホップ的だったり

しますのでね。全体的にはカッコいいってことになりますか。

まぁ、それも、メランコリックってばかりじゃなく、

週末の休日に向けては、良いのではといったところです。

因みに、スティヴィー・ワンダーやダニー・ハザウェイを

思わせるヴォーカルは、フランク・マッコム

(Frank McComb)という人。キーボーディストであり、

曲も書き、ソロ・アルバムも出してたりします。

この人の単独ライヴで、歌っている「アナザー・デイ」という

のもYouTubeにはアップされていて、これもなかなかオツでしたが、

その模様はコチラからどうぞ。

ということで、良い週末を♪、バックショット・ルフォンクで、

「アナザー・デイ」です。



Buckshot LeFonque - Another Day




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。