カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ジャーニー 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

卒業、別れ、それぞれの道

さて、また今週も始まりましたが、3月も残り一週間、

最後の週になるんですね~、速いものです。で、3月の

終わりと言えば、年度末、卒業とか別れとか旅立ちとか、

思い浮かべたりする分けなんですけど、今週の

ブログ★ラヂオは、また例によってですね、そんな感じの

音楽、新たな生活を前に、過去に区切りをつける系といった

音楽をピック・アップして、お送りしていこうと思ってます。

で、本日は、ジャーニー(Journey)で、「セパレイト・ウェイズ

(Separate Ways (Worlds Apart))」のチョイスです。

卒業や別れといったテーマでは、とかくウェットな感じを想像する

ところだとは思いますが、そこは、捻くれ者ブログ★ラヂオ、

この曲は、勇ましいロックといった曲調となり、雄々しく

旅立って頂こうといった感じになります。まぁ、週の初めという

ことでもありますし、あまりウェットになってしまうのも、

どうかなぁと思ったということでもあります。

1983年のヒット、さらには、ヒットアルバムでもある

フロンティアーズ (Frontiers) 」に収録された一曲で、

タイトルを直訳すれば、「分けられた道(生き方)」ってことになるかと

思いますが、これからは、彼女と別々の道を歩んでいくという苦悩の

末の決断を歌ったものになります。(原詞はコチラ、訳詞はコチラ

掲載されてます)

そんな悲痛な思いの歌ではありますが、貼らせて頂いたPVは、

悲痛というよりは、明らかに楽しそう、ちょっと悪ノリ気味で、

どこまで本気か分かりませんが、はっきり言ってしまうと、

ベタなんですけどね~^^、でも、まぁ、ここまでやってくれると

男らしくてカッコいいってことにもなるのかもしれません。

ジャーニーは、アメリカのバンド、80年代には滅法人気のあった

バンドで、巨大化していったロックの象徴といった感じとなり、

産業ロックなどと揶揄されたりもしましたが、今にしてみれば、

80年代、バブリーなあの時代を反映した、あの時代ならではの

サウンドだったんだろうなぁと思います。さらには、現在でも

高い人気を保ちつつ、多くの根強いファンを有している

バンドになります。(ジャーニーについて詳しくは、

コチラWikiでどうぞ)

ということで、そんなジャーニーの80年代最盛期のヒットで、

「セパレイト・ウェイズ」です。



Journey - Separate Ways (Worlds Apart)





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

質実剛健、実直さが売りのプログレ・ハードなバンド

今週はアメリカン・プログレ・ハードと呼ばれるジャンルから

何曲かピックアップ、ということでやっていますが、

このジャンル、全盛を迎えたのは、1970年中盤から80年中盤、

20数年前ということになりましょうか。

この時代特有の美しいメロディーを

コーラスや重厚なサウンドで包み込み

商業的にも成功し、巨大化し、そして、衰退していったわけですが、

その様はまるで恐竜のようでもあり単なる懐かしさというよりも、

郷愁、諸行無常みたいなものを感じてしまうなあ…といった感じで、

何曲かチョイスしてきましたが、

もちろんいまだに現役で頑張ってるバンドもあります。

ということで、本日はジャーニーです。

私が思うに、このバンドの素晴らしいところは、臆面のなさです。

ちょっと見方を変えれば、ダサいということに

なるのでしょうが、そんなことは気にしません。

自分達の信じるところを真面目に

臆することなくグイグイと推し進めていきます。

そんな男らしさ、質実剛健さが今でも沢山のファンを持ち

バンドを維持している原動力となっているのではないでしょうか。

常に正面突破という感じがいたします。

私のようにヒネたところが多分にある人間は見習うところが

大いにあるのでは、と今回記事を書くに当たり、

彼らのビデオをいくつかみていてそう思わされた次第です。

何で、先週やった男の音、「メンズ・サウンド」特集に

この人達を加えなかったのだろう、と後悔しているところでもあります。

そんな彼等をよく表現したPVのアップです。でも、やっぱやり過ぎ?(笑)

ジャーニーで1983年のアルバム「フロンティアーズ」からのヒット

「セパレイト・ウェイズ」です。

Journey-separate ways


Journey - Separate Ways

iTunes ダウンロード icon




こんな感じのジャーニーですので、やはりパロディーの対象にも

なりやすいのかもしれません。そんな映像作品も面白かったりしたので

二つほど紹介しておきます。いずれも彼等の代表曲です。

でも、真面目にジャーニーを表現し、なりきっていて、

おそらくパロディーというよりもオマージュなんだと思います。

猪木を好きな人が、猪木の物真似をするみたいな。

こういうことをされるというのは、逆に言えば、人気のある証拠です。

「お気に召すまま(Anyway You Want It)」
http://www.youtube.com/watch?v=2VgcZqt-mSk

「オープン・アームズ(Open Arms)」
http://www.youtube.com/watch?v=bHHHmi_8Bhs


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。