カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ボストン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

発明家の奏でる分厚いサウンド

いよいよ今年も残すところ1カ月とちょっとということで

始まった今週、年末へのカウントダウンも聞こえてきそうな、

そんな雰囲気になってます。

そして、秋も終わりを告げ、本格的な冬も間近、いよいよ

寒さも増してきた今日この頃ってことなんですけど、

そんな最中の今週のブログ★ラヂオってことになりますが、

鍋物も美味しい季節っていうんですか、暖かめな感じが

欲しくなるシーズンみたいなところで、暖色系の音とでも

言いましょうか、分厚い厚塗りで、骨太な感じのするロック、

見た目もちょっと鬱陶しく、むさ苦しく、暑苦しい^^、

みたいなところで、今週は何曲か行ってみようと考えてます。

で、本日の登場となるのは、ボストン

このバンドのリーダーでありギタリストのトム・ショルツの

ほぼソロ・プロジェクトと言っていいバンドなんですけど、

幾重にも重ねられたギターの多重録音により、実に分厚いサウンドが

構築されているバンドということになります。

まぁ、元祖宅録男って感じもする分けですが^^

ボーカル以外のパートはほとんど全て、トム・ショルツの演奏によって

録音されいるようです。(特にファースト・アルバムにおいて)

1970年代の中盤に頭角を現したバンドで、現在の様にパソコンの使用で、

ある程度は手軽に多重録音ができてしまうといった環境では、もちろん

なかった分けですが、それでも、シンセサイザーくらいは当時も

あったんですけど、あくまでも、ギターの多重録音にこだわった

ということで、アルバムジャケットにはわざわざ、

「No Synthesizers Used(シンセサイザー使用せず)」、

「No Computers Used(コンピュータ使用せず)」というファンの

間では有名な、そんなクレジットを記すほど、

手作りのサウンドにこだわった多重録音ってことになってます。

なので、レコードも生でバンドが演奏しているようなライブ感が

表現されているという寸法になってます。

お送りする曲は1978年の発表で、全米No.1にもなった

セカンドアルバム、「ドント・ルック・バック」からの表題曲で、

「ドント・ルック・バック」です。

映像は、ライヴ演奏といった様子になってますが、

向かって左端の白服のギタリストがトム・ショルツ、そして、

ヴォーカルのブラッド・デルプ以外は、ファーストアルバム発売後

急遽集められたツアー・メンバーということのようです。

それにしても、トム・ショルツっていう人、発明家としても

知られていて、当時は、ポラロイドカメラを発明したのはこの人だと、

まことしやかに噂されていたり(ポラロイド社の社員だったことは事実)、

ギターアンプやエフェクターの発明のみならず、「留守中の植物への水やり機」、

「絶対にチューニングの狂わないギター」といった数多くの発明で、

特許を取得していると言われています。

ロック界のドクター中松ってことになるんじゃないでしょうか^^

ということで、ボストンで、「ドント・ルック・バック」です。



Boston - Don't Look Back




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アメリカン・プログレ・ハードというジャンル

先週は5月ということもあり、端午の節句にちなんで、

男の音なんてのを「メンズ・サウンド」と称して、

勝手にチョイスしてみたのですが、今週もどちらかといえば、

男子に人気のある、アメリカン・プログレ・ハードなるものを

チョイスしてまいろうかと思います。

といってもWikipediaで調べてみましたが、

あまり明確な定義があるわけでもなく、

正式なジャンルでもないみたいです。

ゆうなればこんなとこだろうと思います。

美しいメロディーに美しいコーラスワーク

クラシカルな素養を基に積み上げられた分厚いサウンドに

アメリカン・ロック的な大胆なドライヴ感、といった感じですかね。

で、その中でも誰にでも分かりやすい1970年代後半から、

80年代にかけてのポップなメロディーをもったヒット曲を

何曲か選んでいこうと思います。

古くさいっちゃ古くさいところなのかもしれませんが、

この時代特有で印象深いものが確かにありました。

私自身あまり聴き込んだという分けではないのですが

聴き返してみると確かな記憶として思い出すことが出来ます。

いや、面白かったですね~、ポップな侘び寂びというか、

諸行無常というか、わけ解りませんが。

で、今日はボストンでいってみようと思います。

このジャンルの先駆者的なバンドですね。

トム・シュルツが一人で幾重にも重ねた多重ギター・サウンドが

話題になりました。アルバム・ジャケットに刻印された

「No Synthesizers Used(シンセサイザー使用せず)」

「No Computers Used(コンピュータ使用せず)」なんてのも思い出されます。

ちなみに、ポラロイド・カメラを作ったのは彼だ、

なんて噂も当時あったのを憶えてますが、どうなんでしょう?

インターネット時代ということで調べてみましたが、

ポラロイドの社員であったことは間違いないみたいですね。

詳しくはコチラでもクリックしてみて下さい。

まあそんなところで、ボストン、1976年のヒットで

「宇宙の彼方へ(More Than A Feeling)」です。



Boston- More Than A Feeling




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。