カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「レゲエ・ラテン・ブルース他 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

春の訪れにリラックスするレゲエ・マジック

何でしょうか、最近ははっきりしない天気が続いていますが、

それでも、ようやく冬の凍てつく寒さからは解放されたって

感じにもなってきましたかね、今年もまた厳しい冬を乗り

切った心持ちにもなってます。

ということで、今週のブログ★ラヂオは、ほっと一息、

冬の間に縮こまってしまった心と体を解きほぐし、いたわる

ようなイメージで、リラックスムードのユルいサウンドの

音楽でまた一週間、春の訪れに感謝しつつお送りしていこうと

思ってます。

本日ピックアップするのは、カナダ出身のレゲエポップバンド

マジック(MAGIC!)の「ルード(Rude)」、邦題は、

「ルード★それでも僕は結婚する」です。

2013年発表のデビューシングルで、全米、全英で1位を記録した

大ヒットナンバー、アルバム「ドント・キル・ザ・マジック

Don't Kill the Magic)」に収録されています。

「ルード」とは、「失礼な」とか「無礼な」っていう意味に

なり、彼女の父親に結婚の承諾を受けに行った様子が歌われて

いる分けなんですけど、ひたすら認めてくれない父親の態度が

「失礼だよな~」っていう歌です。でも、思い詰める様子もなく

終始ほのぼのとしていてるところが現代の若者風で良いのですけど、

父親側の価値観からすれば、最初に「失礼」なのは、お前の方

だろうってことにはなると思います^^(原詞及び訳詞は、

コチラのサイト様に掲載されてます)

レゲエ調のナンバーで、その辺のほのぼの感がいい感じで表現されて

ますが、私の場合、レゲエのリズムであれば、ほとんど何でも好き

みたいなところがあって、この曲に関しても普通に良いと思ってしまい

正当な評価っていうのはできないですけどね~^^、本場ジャマイカ産

は、やはり夏っていうイメージですが、白人が演奏するこのレゲエの

ユルさは、春の訪れにリラックスっていう感じにもよくフィットすると

思います。

マジックのヴォーカル、ナスリ・アトウェは、LAをベースとする

プロデューサー・グループ“The Messengers”のメンバーとしても

有名で、今をときめく数々のアーティストへの楽曲提供や

プロデュースでも活躍しています。(詳しくはコチラの公式サイト、

もしくは、コチラのWikiを)

ということで、お聴きください、マジックで「ルード」です。



MAGIC! - Rude






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

2015おめでた「干支」ブルース

今週から今年の更新をぼちぼちと始めさせてもらっている

本サイト、いつものように音楽をピックアップしてお送り

していますが、本日も前回同様に「干支」がらみ、

バディ・ガイ(Buddy Guy)の登場で、

「Mary Had A Little Lamb」をピックアップします。

タイトルは、まんま「メリーさんのひつじ」ってことに

なる分けでして、まぁ、さすがにあの童謡の「メリーさん~」

ではなく、そのブルース・アレンジ・バージョンになります。

詞はオリジナルのメリーさんは、コチラのサイト様に、

バディ・ガイのバージョンはコチラで掲載されてますが、

ほぼ同様の内容で、バディ・ガイの方は途中から

「A-Tisket, A-Tasket」という、

「ハンカチ落としのゲームの歌」(コチラのサイト様で掲載)

に変化しているようです。

・・・とまぁ、ちょっと気になったので、調べてみてしまいまし

たが、とにかく今回は、1950年代から活躍を続け、現在78歳、

昨年もアルバムを発表し、元気に現役を続けているという、

伝説のブルースマン、バディ・ガイの歌と、強烈でエグいギター

を楽しんで頂こうということでのチョイスになります。

長寿、さらには、今でも超元気ってことから、新年らしい

めでたさを感じる人でもあります。

(詳しくは、コチラのWikiを、ココでは、コチラ

過去記事で、ポール・ロジャースのバックでギターを弾います)

貼らせて頂いている映像は、1969年ロンドンで行われた

セッションによるコンサート「SUPERSHOW」の模様の一部で、

若かりしバディ・ガイのはじける様子が実にカッコよく、

ギターもどこか「メェ~、メェ~」と言ってる感じが、

干支的に素晴らしかったりします。そして、他メンバーも、

ベースには、昨年惜しくも亡くなられてしまいましたが、イギリス

の往年の名ロックバンド、クリームで知られるジャック・ブルース、

ドラムには、ジミヘンやサンタナと共演し、そのパワフルな

ドラミングで知られ、こちらも故人となられてますが、

バディ・マイルスと豪華です。

まぁ、いかにバディ・ガイの長寿振りが凄いかって

ことにもなりますかね~。

あと、当時のイギリスは、ブルースに影響を受けた

ブルース・ロックの全盛期、やはり、本物のシカゴ・ブルース

を演奏するバディ・ガイの音楽は、当時もっともヒップな

サウンドとして若者からの指示を受けていたって様子も

映像からうかがえます。

ということで、アルバム的には、1968年発表の

A Man And The Blues」収録の一曲になります、

お聴き下さい、バディ・ガイで、

「Mary Had A Little Lamb」です。



Buddy Guy - Mary Had A Little Lamb






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サマー・リゾート・ラヴァーズ・ロック

お盆の長期休暇中となる今週は、夏のリゾート・ミュージック

といった音楽をチョイスしてお送りしているブログ★ラヂオ、

本日は、ルディ・トーマス(Ruddy Thomas)の

「Loving You Is Mellow(ラヴィング・ユー・イズ・メロウ)」

をピックアップします。

ココでは、以前、メイジャー・ハリスのオリジナルを

コチラの記事で取り上げてますが、そこにレゲエ・アレンジを

施したカバー・ヴァージョンになります。

なにげにYouTubeで見つけたんですけどね、これが、実に素晴らしい

カバー、さらには、やはりレゲエっていうのは、夏のリゾート感

満載ですし、何よりも原曲からして私の好きな曲ってことで、

選ばせてもらってます。

なので、ルディ・トーマスのことは、知らなかった分け

なんですけどね、レゲエの本場ジャマイカのシンガーで、

滑らかな甘い歌い振りを特徴とし、この曲もそうですが、メロウな

ナンバーを得意とする人になります。

甘くメロウなレゲエをラヴァーズ・ロック(詳しくはコチラ)とも

言いますが、そのジャンルのファンの間では、多くの人に知られる

人でもあるようです。特に、「Key To The World」っていう曲で

知られているようで、やはりカバー作品になりますか、この曲も

素晴しいサマー・リゾート・ナンバーであり、「続きを読む」

以降に貼らせて頂いてます。

ということで、1983年の発表、その「Key To The World」も

収録されているアルバム「When I've Got You」に収録の一曲、

お聴き下さい、ルディ・トーマスで、

「Loving You Is Mellow」です。



Ruddy Thomas - Loving You Is Mellow




続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

リラックスシタール

冬の間寒さで凝り固まった体を、ようやく訪れた暖かな

春と共に解きほぐし、肩の力を抜いて生活していけるような、

脱力のリラックスサウンドをピックアップしてお送り

してきた今週のブログ★ラヂオ、本日は、

アヌーシュカ・シャンカール(Anoushka Shankar)と

ノラ・ジョーンズ(Norah Jones)のコラボ曲、

「トレース・オブ・ユー(Traces of You)」で行ってみます。

シャンカールと言えば、ビートルズ好きならば知っている

ラヴィ・シャンカールが思い浮かぶ分けですけど、インドの楽器

シタールを取り入れたビートルズの楽曲ってのがありますが、

その際ジョージ・ハリスンにシタールを教授した師が

ラヴィ・シャンカールで、アヌーシュカ・シャンカールは、その娘と

なり、やはりシタールの伝授を受けた一番弟子でもあります。

さらには、知ってる人も多いかと思いますが、ノラ・ジョーンズも

アヌーシュカと母親こそ違いますが、ラヴィ・シャンカールの娘、

すなわち、このコラボは、異母姉妹コラボということになります。

ノラが姉、アヌーシュカが2歳年下の妹です。(その辺の関係は

コチラのサイト様に詳しいのでご覧頂ければと思います)

アヌーシュカ・シャンカールは、今やインド音楽継承の第一人者と

して知られ、ノラ・ジョーンズは、2002年発表のデビュー作でグラミー

8部門制覇という離れ業をやってのけた、多くの人が知るアメリカの

シンガーでピアニストです。最初この人は、オジさんウケ狙いの癒し

の女性ジャズ・シンガーぐらいに、私は高を括ってたのですけどね、

思い切りアメリカのルーツ・ミュージックの方向へと振れてみたり、

ロック関係では、デンジャーマウスや、グリーン・デイの

ビリー・ジョーと共作したりとか、その活動の幅は止まることを

知らず、ちょっと目を離すことのできないマルチな才能を発揮する

アーティストへと成長しています。(ノラ・ジョーンズについて

詳しくはコチラのWikiを)

このアヌーシュカ・シャンカールとの共演も、たとえ妹とはいえ、

そんな幅広い活動の一環と考えられますし、一番かけ離れたジャンル

とのアーティスティックな交流にもなるかと思います。

昨年、2013年発表のアヌーシュカ・シャンカールの同名アルバム

トレース・オブ・ユーTraces of You)」収録のタイトル曲に

なりますが、シタールの響きと、ノラならではの癒しの歌声が、

春の癒し、リラックス、脱力といった風情になると思いますし、

さらにこれは、サイケでオシャレといった雰囲気も醸し出してます。

ということで、アヌーシュカ・シャンカール feat.

ノラ・ジョーンズで、「トレース・オブ・ユー」です。

今日から連休という方も多いと思いますけどね、良い週末を♪



Anoushka Shankar - Traces Of You ft. Norah Jones






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

現代版リズム&ブルースのご機嫌な疾走

まだまだ寒いこちらの地方ではありますが、2月も後半になり、

そろそろ春の兆しが見えてきもいい頃合い、ここは一気に

この寒さをやり過ごし、春を迎えることにしたい気持ちから、

今週は、「疾走感のある音楽」をピックアップしてお送りして

きました。

本日は、ゲイリー・クラークJr.(Gary Clark Jr.)の

「エイント・メッシン・ラウンド(Ain't Messin' Round)」

という、R&Bテイストな一曲、というか、昔ながらの

リズム&ブルースな一曲と言った方が伝わる曲のチョイスです。

ブルース・ロックってことでもいいですが、最近こんな感じ、

見直されている傾向もあるんでしょうか、ココの数回前の

記事(コチラ)では、ザ・ストライプスという注目を集める

ブルース・ロックの若き新人バンドをピックアップしてたり

しますけど、オジさん音楽愛好家にとっては、非常に喜ばしい

傾向ではあります。

このゲイリー・クラークJr.は、2011年、EP盤の

「The Bright Lights」でCDデビュー、2012年10月に、初の

フルアルバムとなる「ブラック・アンド・ブルーBlak & Blu)」

を発表し、この「エイント・メッシン・ラウンド」は、

そこに収録の一曲になります。

それ以前には、2010年の「クロスロード・ギター・フェスティヴァル」

に出演し注目を集め(コチラ)、その時点では、生粋の

若手ブルースマンとしての評価を得ていた分けですが、そこは、

1984年生まれの現在30歳、アルバムでは、ブルース、ロック、

ソウル、ヒップホップといった様々な音楽が織り込まれ

展開されています。

この「エイント・メッシン・ラウンド」も、前述のように、

ブルースというよりは、かなりポップ寄りな現代版

リズム&ブルースになりますが、まぁ、私のところのように、

何でもありの人にとっては、諸手を上げてのグッドな作品、

昔ながらの本格派ブルース一辺倒といった骨のある方々には、

不満の残る作品となっているようです。その辺、好みの問題なので

正直何とも言えない分けですが、もちろん骨無しの私は、

こりゃカッケーと大いに絶賛してしまう一曲、さらに、今回のテーマで

ある疾走感も心地良く、春に向かうご機嫌な週末を♪、ってことでも

いい感じなナンバー、ゲイリー・クラークJr.で、

「エイント・メッシン・ラウンド」です。

(ゲイリー・クラークJr.について詳しくは、コチラの公式

サイトをどうぞ)



Gary Clark Jr. - Ain't Messin' Round






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。